先進国株式

Funds-i 外国株式の運用コストと評価

Funds-i 外国株式は人気を獲得できないまま、超ローコスト化競争には参戦せず、このまま終焉を迎える商品です。それでも不思議なことに、いまだに買われています。明らかにもっと有利な選択肢がいくつもあるにも関わらず、どうして高コストな商品を買うのでしょうか。

また、Funds-i 外国株式の運用報告書から計算した隠れコストはとても安いですが、ごまかしの効かない基準価額データの比較結果は、そうでもないことを示しています。

Funds-i 外国株式

eMAXIS先進国株式に13ヶ月遅れて、2010年11月26日に税抜き信託報酬0.55%で設定されました。当時、先進国株式インデックスの税抜き信託報酬は次のようになっていました。

Funds-i 外国株式設定当時の税抜き信託報酬一覧表

外国株式インデックスeが最安で0.50%でしたがそれには対抗しませんでした。以降、Funds-i 外国株式は信託報酬を引き下げていません。

Funds-i 外国株式は税抜き1.0%を上限に購入時手数料を設定可能ですが、これは金融機関を選べば無料です。また、つみたてNISA適格で、つみたてNISA口座ではもちろんノーロードです。解約時信託財産留保額はありません。

Funds-i 外国株式の運用コスト

次は運用報告書から計算した、Funds-i 外国株式の運用コスト(トータルコスト)です。スリム先進国株式と比較しています。

運用報告書から計算した、Funds-i 外国株式のトータルコスト表

Funds-i 外国株式は隠れコストがとても少ないことで知られています。でも運用報告書にある数値はあてになりません。

次は隠れコストの明細です。

隠れコストの明細表

Funds-i 外国株式は売買委託手数料、有価証券取引税、保管費用が見事なほど安いです。スリム先進国株式もこの水準にまで下がられるといいなと思ってしまいます。

隠れコストの推移

次は(僕が入手できた)第6期以降の、運用報告書から計算したトータルコスト一覧です。

第6期以降のトータルコスト一覧表

隠れコストは安定して安いです。次はeMAXIS先進国株式のトータルコスト一覧です。

eMAXIS先進国株式の、第6期以降のトータルコスト一覧表

ずいぶん違います。でも信託報酬が高いので、その程度の差は気にしないでいいのでは?と思うかも知れません。隠れコストを気にするのは、それがおおむねマザーファンドで決まっており、同じマザーファンドを利用するベビーファンドの隠れコストに影響するからです。たとえば、スリム先進国株式の隠れコストはeMAXIS先進国株式隠れコストに近いものになりますし、野村スリーゼロ先進国株式投信の隠れコストはFunds-i 外国株式の隠れコストに近いものになるはずです。

eMAXIS先進国株式とのリターン比較

次はFunds-i 外国株式の設定直後を避けた、2010年12月15日から株価暴落開始直前の2020年2月20日までの、eMAXIS先進国株式とのリターン比較です。

2010年12月15日から株価暴落開始直前の2020年2月20日までの、eMAXIS先進国株式とのリターン比較グラフ

青のラインはリターン差で、Funds-i 外国株式ーeMAXIS先進国株式です。複利効果で弓なりに曲がっています。

次は運用報告書が手元にあってトータルコスト比較ができる、2014年9月9日以降の比較です。

Funds-i 外国株式とeMAXIS先進国株式の2014年9月9日以降の比較グラフ

途中にある段差は、eMAXIS先進国株式の下方乖離によるものです。

この比較期間における、Funds-i 外国株式とeMAXIS先進国株式のトータルコストの差は平均で0.098%ポイントでした。次はFunds-i 外国株式の運用コストを年率0.098%ポイント増量したものとの比較です。

Funds-i 外国株式の運用コストを年率0.098%ポイント増量したものとの比較グラフ

明らかに増量しすぎです。次はFunds-i 外国株式の運用コストを年率0.045%ポイント増量したものとの比較です。

Funds-i 外国株式の運用コストを年率0.045%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインは右肩上がりでも右肩下がりでもなくなったので、Funds-i 外国株式とeMAXIS先進国株式の実際のトータルコスト差は、運用報告書から計算したものより少ない、0.045%ポイント程度だと推測します。税込み信託報酬の差が0.055%ポイントあるため、隠れコストはほぼ変わらないものと思われます。

こういう比較が気に入らない方もいると思いますが、これだけは断言できます。運用報告書にある数値を鵜呑みにしてはいけません。

いまだに買われている不思議

次はFunds-i 外国株式の設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は152億円です。

Funds-i 外国株式の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

これだけ見ると売れているように思えます。eMAXIS先進国株式もプロットするとそうではないことが分かります。

eMAXIS先進国株式とFunds-i 外国株式の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

Funds-i 外国株式は設定時からeMAXIS先進国株式より信託報酬が安かったにも関わらず、不人気でした。どうしてこのような人気の推移になったのかは分かりませんが、もうこんな高コストな先進国株式インデックスが売れる時代ではありません。

おそらく金融機関の窓口で買われているのだと思いますが、時間の経過と共にそういう顧客は減少するので、長期的には終焉を迎える商売です。

評価:高コストなので新規投資する価値はありません

税抜き信託報酬0.55%のFunds-i 外国株式が、0.60%のeMAXIS先進国株式、SMTグローバル株式より不人気だった理由は分かりませんが、それにはその時代特有の背景があるのかも知れません。そして理由はともかく、Funds-iシリーズは信託報酬を引き下げず、ネット証券を主体にした超ローコストインデックスファンドからは距離を置いています。過去の投資分をガチホするのはいいとして、これから新規投資する価値はありません。

おすすめの関連記事

-先進国株式

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER