バランスファンド

ニッセイバランス(6資産均等型)の運用コストと評価

バランスファンドの投資対象資産、投資比率は運用会社が自由に決めることができます。n資産均等型バランスファンドもそのパターンのひとつで、4資産均等型、6資産均等型、8資産均等型が良く知られています。

次はつみたてNISA適格の、n資産均等型バランスファンドの商品数をまとめたものです。

つみたてNISA適格の、n資産均等型バランスファンドの数をまとめた表

意外なことに、三菱UFJ国際投信は6資産均等型を組成していません。当然、スリムシリーズに6資産均等型はありません。他の運用会社にとってはチャンスです。

ニッセイバランス(6資産均等型)

2017年10月13日に税抜き信託報酬0.219%で設定されました。6資産均等型の最安水準でした。その後1回引き下げられています。

ニッセイバランス(6資産均等型)の信託報酬引き下げ履歴表

0.159%は、僕が把握している6資産均等型バランスファンドで最安です。

ニッセイバランス(6資産均等型)はつみたてNISA適格です。

組成内容

8資産均等型から新興国株式と新興国債券を無くしたようなものです。

組成内容の円グラフ

引用:目論見書

6資産均等型と言えばこの組成が一般的ですが、違うパターンも存在します。8資産均等型もいいけど新興国への投資は気が進まないって方には都合の良い組成です。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。スリムバランス(8資産均等型)と比較しています。

運用報告書から計算したトータルコスト表

ニッセイバランス(6資産均等型)の隠れコストは、スリムバランス(8資産均等型)のものより安いですが、それは高コストになりがちな新興国に投資しないためです。トータルコストは変わりませんが、6資産均等型に投資するなら、ニッセイバランス(6資産均等型)は良い選択肢になるはずです。

リターン比較

まず4、6、8資産均等型バランスファンドのリターンを比較します。比較期間はニッセイバランス(6資産均等型)の設定直後を避けた2017年11月1日から、株価暴落開始直前の2020年2月20日までです。

青のラインはリターン差で、ニッセイバランス(6資産均等型)ー比較対象です。

スリムバランス(8資産均等型)とのリターン比較

次はニッセイバランス(6資産均等型)とスリムバランス(8資産均等型)のリターン比較です。

ニッセイバランス(6資産均等型)とスリムバランス(8資産均等型)のリターン比較グラフ

この比較期間だとニッセイバランス(6資産均等型)の方が有利に見えます。新興国が冴えない時期なのでまあこの結果は納得できます。

ニッセイバランス(4資産均等型)とのリターン比較

次はニッセイバランス(6資産均等型)とニッセイバランス(4資産均等型)のリターン比較です。グラフのスケールは同じです。

ニッセイバランス(6資産均等型)とニッセイバランス(4資産均等型)のリターン比較グラフ

この比較期間だと明らかにニッセイバランス(6資産均等型)の方が有利です。これは次の要因によると考えられます。

  • 6資産均等型の方が、リターンの小さい債券比率が低い。(50%対33%)
  • この比較期間はリートが好調だった。

合成結果とリターン比較

もっと比較期間を長くしたいのですが、良い比較対象が存在しません。そこでeMAXISシリーズの6資産クラスの商品を使って、6資産均等型を合成します。リバランス頻度は毎月です。

青のラインは合成結果ー比較対象です。そんな怪しい話はいいやって方は、ここまで飛ばしてください。

合成結果とニッセイバランス(6資産均等型)のリターン比較

次は合成結果とニッセイバランス(6資産均等型)のリターン比較です。

合成結果とニッセイバランス(6資産均等型)のリターン比較グラフ

青のラインはニッセイバランス(6資産均等型)ー合成結果です。右肩上がりになるのは、合成元の基準価額データが高コストなeMAXISシリーズのものだからです。

合成結果とeMAXISバランス(4資産均等型)のリターン比較

次は合成結果とeMAXISバランス(4資産均等型)のリターン比較です。eMAXISバランス(4資産均等型)の設定直後を避けた2015年9月15日から2020年2月20日までです。

合成結果とeMAXISバランス(4資産均等型)のリターン比較グラフ

どちらが有利かは時期によりますね。でも6資産均等型の印象は悪くないです。

合成結果とeMAXISバランス(8資産均等型)のリターン比較

次は合成結果とeMAXISバランス(8資産均等型)のリターン比較です。eMAXISバランス(8資産均等型)の設定直後を避けた2011年12月15日から2020年2月20日までです。

この比較期間だ6資産均等型の方が有利でした。

違いは新興国に投資するかしないかなので、過去の実績がどうかというよりも、これから新興国への投資が報われると思うかどうかで選択すればいいでしょう。

絶望的に売れていません

次はニッセイバランス(6資産均等型)の設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は6.02億円です。

ニッセイバランス(6資産均等型)の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

資金流入は続いていますが、2年9ヶ月で6億円しか集まらないのは、人気の獲得に失敗したからです。

ニッセイバランス(4資産均等型)とニッセイバランス(8資産均等型)もプロットしました。

ニッセイバランス4,6,8資産均等型の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

緑のラインはニッセイバランス(4資産均等型)です。純資産総額は64億円で、ニッセイバランス(6資産均等型)の10倍ありますが、それでもバランスファンドという激戦区では苦しいです。

現在の人気を考えると、ニッセイバランス(6資産均等型)、ニッセイバランス(8資産均等型)は生き残れる気がしません。

結論:不人気なのでおすすめしません

つみたてNISAの非課税枠は満額埋めていて、それでもなお余裕資金がある場合に6資産均等型バランスファンドを検討するとしても、ニッセイバランス(6資産均等型)は不人気なのでおすすめしません。積立でしか買えませんが、野村6資産均等バランスの方がいいです。

おすすめの関連記事

-バランスファンド

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER