バランスファンド

米国分散投資戦略ファンドの運用コストと評価

米国分散投資戦略ファンドは、グローバル3倍3分法ファンドの成功に続こうと組成された(と思われる)、レバレッジ型バランスファンドです。1倍、3倍、5倍コースがあります。株価暴落時の下落率が低く、その後驚異的な回復力を見せたものの、直近では普通のインデックスに劣後しています。

以下、eMAXIS Slimをスリムと表記します。

米国分散投資戦略ファンド

2019年11月15日に設定されました。運用会社は三井住友DSアセットマネジメントです。運用会社が設定した信託報酬はコース共通で税抜き1.075%ですが、投資対象の投資信託の報酬を合算した、実質的な運用管理費用はこうなっています。

信託報酬一覧表

高いですね。

全コース、決算頻度は年2回です。目論見書には積極的に分配するとは書かれていませんが、実際には分配されています。残念ですね。

  • 販売手数料は税抜き3%を上限にして販売会社が設定可能で、金融機関を選ばないと徴収されてしまいます。
  • 信託財産留保額はありません。
  • 信託期間は10年の2029年11月12日までです。

もちろんつみたてNISA適格ではありません。

20年で10倍?47倍?

レバレッジ型バランスファンドはどれもお約束のように煽情的な喧伝をしています。米国分散投資戦略ファンドも負けじとアピールしています。

米国分散投資戦略ファンドのシミュレーション結果

引用:販売用資料

3倍コースは20年で10倍、5倍コースは47倍です。もう笑っちゃいますね。これで信託期間が10年しかないのは誠実な対応とは言えないですよね。

仕組み

このファンドの心臓部はケイマン籍の「TCW Qアルファ・レバード・US・ディバーシフィケーション・ファンド」で、これに5倍のレバレッジがかかっています。また、全資産が為替ヘッジされます。

米国分散投資戦略ファンドの仕組み

引用:目論見書

米国分散投資戦略ファンドは、このケイマン籍のファンドとほぼ現金のようなものを組み合わせて、3つのコースを作り出しています。

投資対象は次の4資産と、短期金融資産です。

主な投資対象資産

引用:目論見書

  • 1倍コースは資産の20%でそのケイマン籍のファンドを買います。残りの80%で国内籍投資信託を買いますが、ほぼ現金と思っていいでしょう。20%の5倍で100%だから1倍という言い方をしています。
  • 3倍コースは資産の60%でケイマン籍のファンドを買います。60%の5倍で300%だから3倍という言い方をしています。ここまでの説明でがっかりした人も少なくないでしょうね。
  • 5倍コースは資産のほぼ100%でケイマン籍のファンドを買います。レバレッジ5倍だから5倍コースですね。

この米国分散投資戦略ファンド、株価暴落から驚異的な回復力を発揮しています。でも僕の評価は良くありません。正直、悪いです。

めんどうなことをしているのは、ケイマン籍のファンドです。米国分散投資戦略ファンドの各コースは、総資産中のケイマン籍のファンドの割合をコントロールしているだけです。それなのに税抜き信託報酬が1.075%とボッタクリ感が強いです。

その印象の悪さは、信託報酬の内訳を見ると増幅されてしまいます。

レバレッジ型バランスファンドの信託報酬の内訳表

気になったのを赤字にしています。米国分散投資戦略ファンドの販売会社の比率は運用会社の倍です。それが何を意味するかは容易に想像できますよね。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。

運用報告書から計算したトータルコスト表

が、残念なことに運用報告書に記載されている、信託報酬以外のコストは監査費用だけです。ケイマン籍のファンドを売買する上でかかった売買委託手数料、有価証券取引税は記載されていません。これはファンド・オブ・ファンズ方式での投資信託では珍しくないのでまあいいとしても、問題のケイマン籍のファンドの隠れコストが不明です。運用報告書で開示されていません。

そのため、実際のトータルコストはこれより高いと思って下さい。

1倍、3倍、5倍コースの値動き

次は米国分散投資戦略ファンドの、設定日直後を避けた2019年12月2日から2020年8月7日までのリターン比較です。

1倍、3倍、5倍コースの値動きの比較グラフ

赤のラインの5倍コースが基本で、3倍コースと1倍コースは値動きの少ない資産(ほぼ現金)を40%、80%混ぜただけです。

でも米国分散投資戦略ファンドは、株価暴落から信じられない回復力を見せています。

1倍コースと楽天バランス(債券重視型)のリターン比較

次は米国分散投資戦略ファンド(1倍コース)と楽天バランス(債券重視型)のリターン比較です。

1倍コースと楽天バランス(債券重視型)のリターン比較グラフ

赤のラインが米国分散投資戦略ファンド(1倍コース)です。株価暴落時の下落率が驚くほど小さく、短期間で暴落前の推移に近い状態に戻しました。が、黄色で塗った期間は基準価額がほとんど上昇していません。つまり、良かったのは暴落の直後だけということです。

3倍コースとスリム先進国株式のリターン比較

次は米国分散投資戦略ファンド(3倍コース)とスリム先進国株式のリターン比較です。

3倍コースとスリム先進国株式のリターン比較グラフ

赤のラインが米国分散投資戦略ファンド(3倍コース)です。株価暴落時の下落率が驚くほど小さく、短期間で暴落前の推移に近い状態に戻しました。が、期待したとおりに基準価額は上昇できていません。黄色で塗った期間の青のラインが示しているのは、スリム先進国株式に追い上げられているということです。

つまり、良かったのは暴落の直後だけということです。

5倍コースとスリム米国株式(S&P500)のリターン比較

次は米国分散投資戦略ファンド(5倍コース)とスリム米国株式(S&P500)のリターン比較です。

5倍コースとスリム米国株式(S&P500)のリターン比較グラフ

赤のラインが米国分散投資戦略ファンド(5倍コース)です。3倍コース同様、良かったのは暴落直後だけです。黄色で塗った期間の青のラインが示しているのは、スリム米国株式(S&P500)に追い上げられているということです。

AIが判断するアクティブファンド

株価暴落をどう切り抜けたのか、こちらの資料でネタばらしされています。次はその資料からの引用です。

基本ポートフォリオ(1倍コース)のリスク資産の推移

「基本ポートフォリオ(1倍コース)」は、「レバレッジ5倍のケイマン籍のファンドの米国債券以外」と読み替えて下さい。

株価暴落開始後、株式とリートを大量に売却し、金を大幅に買い増ししています。このポートフォリオ変更をAIの判断で行ったとありますが、これはファンドマネージャーがAIに変わっただけで、アクティブファンドに他なりません。そのAIがどれだけ優秀で、また強運を備えているかは分かりませんが、市場に勝ち続けられるとは思えません。(そう思えるなら、米国分散投資戦略ファンドは買いです。)

今回の株価暴落に対して、暴落直後に限れば、非常にうまくポートフォリオを変更できています。ところが4月以降は期待ハズレです。高額な信託報酬を考えればそう言い切っていいでしょう。

4月以降のパフォーマンスが冴えない理由

次は月次レポートから作成した、主な投資対象4資産の比率の変化をまとめた表です。

主な投資対象4資産の比率の変化をまとめた表

米国株式の列を見て下さい。2月に大きく減り、3月に激減してから大して増えていません。次はお約束のグラフです。

主な投資対象4資産の比率の変化をまとめたグラフ

4月以降はほとんど債券ファンドになっています。

このままでは高額な信託報酬に見合うパフォーマンスが出ないので、株式やリートの割合を増やす必要があるでしょう。その資産配分の変更に関して、AIは高報酬のファンドマネージャーより適切な判断ができるでしょうか。また、運(ツキ)に恵まれるでしょうか。怪しいですね。もし怪しくないなら、アクティブファンドのファンドマネージャーは全員直ちに転職活動を始めるべきですね。じきにAIに仕事を奪われること確実です。

売れ行きは

次は米国分散投資戦略ファンドの、設定来の資金流出入額の累計の推移です。一番人気は5倍コースです。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

純資産総額は3コース合計で235億円です。青のラインの1倍コースは明らかに不人気です。普通に考えれば、買う価値ないですよね。

純資産総額一覧表

赤の矢印の位置で株価暴落が始まりました。売れていた5倍コースも頭打ちになりますが、黄色の丸で囲ったところで売れます。でも直近では資金流出傾向です。

次は3倍コースと1倍コースだけをプロットしたものです。

3倍コースと1倍コースだけをプロットしたグラフ

3倍コースは頭打ちですね。

この人気は現状のパフォーマンスを素直に反映したものだという気がします。

評価:おすすめしません

アクティブファンド好きな方にはいいかも知れませんが、僕はおすすめしません。リスクを負う代わりに高いリターンを期待するとしても、他の選択肢の方が良いと思います。

  • 1倍コースは論外です。どう考えても買う価値ないでしょう。
  • 3倍コース、5倍コースは期待通りのリターンが得られるならいいと思いますが、これまでのところ、高いコストに見合う価値がある気がしません。
  • いろいろとボッタクリ感が強くて、印象最低です。

でも米国分散投資戦略ファンドの今後の動向にはとても興味があります。

おすすめの関連記事

-バランスファンド

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER