バランスファンド

楽天米国レバレッジバランスがパフォーマンスを発揮しています

レバレッジを利用したバランスファンドである、グローバル3倍3分法ファンドが爆発的に売れ始めてから、類似商品がたくさん組成されました。楽天米国レバレッジバランスもそのひとつですが、投資対象が米国株式と米国債券というシンプルな組成で、僕がいちばん注目していた商品です。

設定来、楽天全米株式と値動きがどう違うのか気にしてきました。2月21日から株価急落が始まり、急激な下落と過去最大の振れ幅を記録していますが、楽天米国レバレッジバランスは期待通りのパフォーマンスを発揮しています。

4匹目のどじょう狙いで登場した楽天米国レバレッジバランス

楽天米国レバレッジバランスの愛称は「USA360」です。こちらの資料を要約するとこうなります。

  • 運用会社は楽天投信投資顧問。
  • 設定日は2019年11月5日。信託期間は無期限です。
  • 税込み信託報酬は0.4945%と控え目です。
  • 米国株式と米国債券に比率1:3で投資します。
  • 米国株式部分はVTIです。
  • 資産の90%でVTIを買います。VTIにはレバレッジをかけません。
  • 資産の10%で米国債券の先物を買います。(レバレッジ27倍?)
  • VTIが90%、米国債券が270%、合計で360%という難解な表現をしています。
  • 購入時手数料税込み3.3%が設定されていますが、証券会社を選べばノーロードで購入できます。

急落した楽天全米株式

次は楽天全米株式の、2018年年初からの基準価額の推移です。右端は3月13日ですが、余白を追加しています。

楽天全米株式の、2018年年初からの基準価額の推移グラフ

2月21日からの株価急落が凄まじいです。楽天米国レバレッジバランスは、目論見通りならこの下落が抑えられるはずですが、どうだったでしょうか。

楽天全米株式と楽天米国レバレッジバランスのリターン比較

次はあえて楽天米国レバレッジバランスの設定日からのリターン比較です。

楽天全米株式と楽天米国レバレッジバランスのリターン比較グラフ

赤のラインが楽天米国レバレッジバランス、緑のラインが楽天全米株式です。設定来、株価急落が始まるまでの上昇率は互角です。VTIが90%だから目立ってパフォーマンスが悪いということはありませんでした。なのに、株価急落での下落率が低いです。

次は最高値からの下落率をプロットしたものです。

最高値からの下落率をプロットしたグラフ

最大下落率は、楽天全米株式が31.8%程度なのに対し、楽天米国レバレッジバランスは21.4%に抑えられています。

もし上昇率が楽天全米株式並なのに、下落率がこのように抑えられるのが今後も期待できるとしたら、長期で見たパフォーマンスは破壊的になるはずです。

グローバル3倍3分法ファンドと楽天米国レバレッジバランスのリターン比較

次は、圧倒的な人気を誇るグローバル3倍3分法ファンドとのリターン比較です。比較期間は同じです。

グローバル3倍3分法ファンドと楽天米国レバレッジバランスのリターン比較グラフ

赤のラインが楽天米国レバレッジバランス、緑のラインがグローバル3倍3分法ファンドです。この比較だと、グローバル3倍3分法ファンドでは勝負にならないですね。実は最近、パフォーマンスに陰りが出ているのですが、それについては別記事で検討します。

次は最高値からの下落率をプロットしたものです。

最高値からの下落率をプロットしたグラフ

グローバル3倍3分法ファンドの最大下落率は24.9%でした。この比較だと楽天米国レバレッジバランスの方がわずかながら小さいです。

微妙な売れ行きの楽天米国レバレッジバランス

次は楽天米国レバレッジバランスの設定来の総口数の推移です。株価急落後に売却されているようですが、ここで売却するぐらいなら最初から買うべきではなかったですね。

楽天米国レバレッジバランスの総口数の推移グラフ

純資産総額は29.15億円です。これをどう評価するかは人によって割れそうです。ちなみに、不人気なウルトラバランス世界株式は4.14億円しかありません。

僕は、現在のパフォーマンスを維持できればもっと人気が出るのは間違いないと思います。ちょうど今、株価暴落と株価の乱高下により、楽天米国レバレッジバランスの実力が試されています。上昇率は楽天全米株式並なのに、下落率が低く抑えられる傾向が続くなら、とんでもなく素晴らしいです。これまでそんなことは不可能とされてきましたからね。

楽天米国レバレッジバランスに期待します

僕はスリム先進国株式に集中投資していますが、だからと言って他の商品を否定しているわけではありません。楽天全米株式やスリム米国株式(S&P500)にも魅力を感じますし、投資家にとって良い選択肢が増えるのは大歓迎です。楽天米国レバレッジバランスはレバレッジを利用しているので、キワモノ扱いする人もいるでしょうが、それはそういう商品の歴史が浅いのでしょうがないと思います。

過去のデータを使って行うバックワードテストでは良い結果が得られる組成でも、未来では必ずしも通用しないと言われます。楽天米国レバレッジバランスも、言ってみれば、受益者から集めた資金を使って実証実験をしているようなものです。それは、グローバル3倍3分法ファンドも同じです。

僕は、自分で買うことがないとしても、楽天米国レバレッジバランスに期待しています。

おすすめの関連記事

-バランスファンド

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER