インデックス投資

One Tap BUYのつみたてロボ貯蓄は株価暴落でどうなったのか

One Tap BUYが提供している、お金はあるけど金融リテラシーのない高齢者をターゲットにしたサービスが「つみたてロボ貯蓄」です。僕が持っている印象は、めちゃめちゃ悪いです。

金融リテラシーのない高齢者が狙われるのは「高分配・高配当コース」です。目がくらみそうな「年利」の数値が並んでいます。

高分配・高配当コース商品一覧

引用:つみたてロボ貯蓄

これらが株価暴落でどうなったか調べました。

出典

取引価格データ、配当金実績はYahoo! FINANCEを参照しました。グラフはどれもドルのままです。つみたてロボ貯蓄のサービス開始に合わせて、2019年6月から2020年4月17日まででとしました。

つみたてロボ貯蓄は主に配当金を得ることを目標にしているはずなので、株価は下落によって損しなければ良い程度の認識でいいでしょう。今回の株価暴落で大きく下落しても、ビビって売却しないで回復を待てれば、まあ問題ないわけです。

なお、配当金は米国で10%課税された後、日本で20.315%課税されてから、円で証券口座に入金されます。その際は為替手数料はかかりません。また再投資はされません。(One Tap BUYに確認しました。)

ARCCエイリアスキャピタル

株価暴落で大きく下落しています。最大下落率は58%です。

ARCCエイリアスキャピタル

配当金は年4回で、直近のは3月でした。ほとんど下がっていませんでした。

MAINメインストリート

株価暴落で大きく下落しています。最大下落率はなんと65%です。びびっちゃいますよね。

MAINメインストリート

毎月分配ですが、配当金は株価暴落後も下がっていませんでした。

PFF優先株式&インカム証券

株価暴落で大きく下落しています。最大下落率は34.4%です。

PFF優先株式&インカム証券

毎月分配ですが、配当金は株価暴落後も下がっていませんでした。

EMBドル建新興国債券

株価暴落で大きく下落しています。債券にしては下落率が大きいです。最大下落率は26.7%です。

EMBドル建新興国債券

毎月分配ですが、配当金は株価暴落後ほぼ変わらずでした。

HYGドル建ハイイールド社債

株価暴落で大きく下落しています。債券ですが、俗に言うジャンク債なので下落率は大きいです。最大下落率は22.4%です。

HYGドル建ハイイールド社債

毎月分配ですが、配当金は株価暴落後微増でした。

USIGドル建投資適格社債

株価暴落で大きく下落していますが、債券それも投資適格社債なのでまだましです。最大下落率は18.9%です。

USIGドル建投資適格社債

毎月分配ですが、配当金は株価暴落後ほぼ変わらずでした。

TLT米国国債20年超

対象の7商品の中ではもっとも一般人向けだと思います。しばらくFRBが政策金利を下げてきたので、取引価格は上昇傾向でした。暴落での下落率は15.7%です。

TLT米国国債20年超

毎月分配ですが、配当金は株価暴落後微減でした。

まとめ:リスクの高さを噛み締めているかも

7商品ありますが、おそらく配当利率の高いものを選んでしまうのではないでしょうか。それらは同時にリスクも高いわけで、株価暴落で大きく下落しました。今後、暴落を乗り越えて元の水準に戻ってくれれば、そして受益者はそこまで売却しないでガチホできれば良いのですが、良く考えずに手を出していた場合は難しいかも知れません。

TLTを選んだ人は後悔していないと思います。でもそれは勉強している人でないと選ばないでしょうし、勉強していればそもそも、つみたてロボ貯蓄なんかに手を出さないでしょう。

やはり、必要なのは最低限の金融リテラシーですね。

おすすめの関連記事

-インデックス投資

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER