河童

ソフトウエア開発を本業にしているインデックス投資家でファイナンシャルプランナーです。 (詳しくはこちら)

全世界株式

楽天全世界株式(楽天VTプラス)の運用コストと評価

2022/12/4  

楽天全世界株式はVTを買うだけのインデックスファンドだったため楽天VTとも呼ばれていました。楽天全世界株式固有の運用コストを負担しなければなりませんが、その代わりに、VTを自分で買う場合に生じるデメリ ...

blank

インデックス投資

2022年11月の運用成績を公開します

2022/12/1  

2022年11月の運用成績を振り返ります。 全体 スリム先進国株式に4,022万円投資しています。 スリム先進国株式しか買っていません。右端の列は損益率の差で、単位は%ポイントです。10月に大幅に増え ...

blank

債券

【出口戦略】国内債券インデックスはデメリットが大きく買う意味ありません

2022/11/27  

バランスファンドの多くは債券に投資します。そしてたいてい国内債券にも投資します。そうするのには狙いがあり、国内債券に投資するデメリットも織り込み済みです。 が、国内債券インデックス単独で考えた場合、残 ...

blank

インデックス投資

FOY2022に投票しました

2022/11/22  

Fund of the Year 2022に投票すると、なりすまし防止のためにブログでそのことを記事にしないといけないルールです。 よって上記一文、いや、タイトルだけでその目的は達成されるわけですが、 ...

blank

債券

インデックス投資の出口戦略を考えていますか

2022/11/16  

我が家のリスク資産は100%スリム先進国株式です。つまり100%先進国株式ですが、死ぬまでそれでいいとは思っていません。いずれポートフォリオのリスクを下げるべき時が来ると考えています。その時に備えて、 ...

blank

債券

【出口戦略】為替ヘッジコストの高さを再認識しました

2022/11/16  

僕は資産形成期の投資対象は株式100%のインデックスファンドが良いと考える「債券不要論者」です。資産形成期には株式100%のボラティリティー(変動率)の高さを許容する代わりに、高い期待リターンが生み出 ...

blank

インデックス投資

【ツミレバ】もしiFreeレバレッジシリーズを積み立てていたら

2022/11/10  

大和アセットマネジメントはiFreeレバレッジシリーズの拡充に力を入れ、営業面でも「ツミレバ」というキャッチコピーを使ったプロモーションを展開してきました。それはコロナショック後の金融緩和バブルでは成 ...

blank

米国株式

iFreeレバレッジNASDAQ100の運用コストと評価

2022/11/6  

NASDAQ100が現在のように注目されるようになったのは2019年12月以降ですが、iFree NEXT NASDAQ100が設定されたのは2018年8月でした。そして2ヶ月後には2倍ブル型であるi ...

blank

インデックス投資

2022年10月の運用成績を公開します

2022/11/1  

2022年10月の運用成績を振り返ります。 全体 スリム先進国株式に4,010万円投資しています。 スリム先進国株式しか買っていません。右端の列は損益率の差で、単位は%ポイントです。9月に大幅に減った ...

blank

米国株式

NYダウ・トリプル・レバレッジの運用コストと評価

2022/10/30  

大和アセットマネジメントはiFreeシリーズでレバレッジ型ファンドに力を入れています。そして別系統の商品でもレバレッジ型ファンドを多数設定しています。その棲み分けの基準は想像するしかないのですが、iF ...

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER