バランスファンド

農中<パートナーズ>日米6資産分散(安定運用)の運用コストと評価

同じマザーファンドを利用し、投資割合を変えることでなんとか型という組成をするのは、バランスファンドのあるあるです。バランスファンドにおいて、各資産クラスの投資割合に唯一無二の正解は存在しないため、受益者は自分の好みにあったものを選択することになります。

農中<パートナーズ>日米6資産分散には2タイプあります。資産形成と安定運用です。違いは投資割合だけです。

なお、商品名が長いので、ここでは「日米6資産分散(安定運用)」と略します。

更新情報

参照しているデータを最新版に更新しています。

日米6資産分散(安定運用)

2018年3月20日に税抜き信託報酬0.85%で設定されました。高いです。債券比率が80%のバランスファンドでこれだけ高い信託報酬を設定することに、運用会社の姿勢が見えますね。農林中央金庫専売商品なので、コスト意識の低い顧客をターゲットにしているゆえの強気の表れでしょうか。

購入時に税抜き1%の手数料がかかります。

日米6資産分散(安定運用)はつみたてNISA適格ではありません。

組成内容

投資国は米国と日本、資産クラスは株式、債券、リートです。そして、全資産が円ヘッジされます。日米6資産分散(資産形成)は均等配分ですが、日米6資産分散(安定運用)は債券比率が80%もあります。

日米6資産分散(安定運用)の投資割合

引用:目論見書

投資対象のベンチマークです。

日米6資産分散(資産形成)のベンチマーク一覧

引用:目論見書

運用コスト

次は運用報告書から計算したトータルコストです。資産形成と比較しています。信託報酬が支配的ですが、高いですね。

運用報告書から計算したトータルコスト表

安定運用は債券比率が高いので、隠れコストが安くなっています。

なお、円ヘッジコストは隠れコストには含まれません。

リターン比較

日米6資産分散(資産形成)とのリターン比較

設定日直後を避けて、2018年4月2日から2021年4月30日までのリターン比較です。

日米6資産分散(資産形成)と日米6資産分散(安定運用)のリターン比較グラフ

赤のラインが資産形成、緑のラインが安定運用です。青のラインはリターン差で、資産形成ー安定運用です。

安定運用の変動率が極端に小さいことが分かります。債券比率が80%もあるので、当然そうなります。コロナショックによる株価暴落時の下落率も小さいので、価格変動率の高さへの耐性がない人にはいいかも知れません。そうだとしても、他のバランスファンドの方がいいです。

楽天バランス(債券重視型)とのリターン比較

楽天バランス(債券重視型)の債券比率は75%です。投資対象が違うので、この比較には注意が必要です。

楽天バランス(債券重視型)の設定日直後を避けて、2018年8月1日から2021年4月30日までのリターン比較です。

楽天バランス(債券重視型)と日米6資産分散(安定運用)のリターン比較グラフ

赤のラインが楽天バランス(債券重視型)、緑のラインが日米6資産分散(安定運用)です。青のラインは楽天バランス(債券重視型)ー日米6資産分散(安定運用)です。

楽天バランス(債券重視型)の方が変動率は高いです。でも債券比率が高いバランスファンドを嗜好するなら、高コストで農林中央金庫でしか買えない日米6資産分散(安定運用)より、楽天バランス(債券重視型)の方が良いでしょう。

売れ行きは

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。資産形成もプロットしています。純資産総額は73億円です。設定時の純資産総額が30億円ありましたが、これは運用側の初期投資だと思われます。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

赤のラインが安定運用、緑のラインが資産形成です。やはり資産形成の方が売れています。どちらも一定の資金流入が続いており、高コスト商品にしては売れている印象です。

次は安定運用と楽天バランス(債券重視型)との比較です。運用側の初期投資を除いてあります。

日米6資産分散(安定運用)と楽天バランス(債券重視型)の資金流出入額の累計の推移比較グラフ

緑のラインが楽天バランス(債券重視型)です。

楽天バランス(債券重視型)は不人気で売れていないのですが、日米6資産分散(安定運用)の方が売れている事実を残念に思ってしまいます。

評価:おすすめしません

債券比率が80%もあるのに、税抜き信託報酬が0.85%もするなんて論外です。ボッタクリファンドと呼ばれてもおかしくないです。もちろん、おすすめできません。

債券比率が高いバランスファンドは、おすすめの選択肢が少ないのですが、楽天バランス(債券重視型)の方がずっといいと思います。

おすすめの関連記事

-バランスファンド

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER