債券

【徹底比較】国内債券インデックスのおすすめを教えて下さい

国内債券も主要なアセットクラスのひとつで、一般的なバランスファンドにはたいてい国内債券が含まれます。が、単独で多くの資金を集められるほどの人気はありません。にもかかわらず信託報酬の最安水準は0.120%で、儲からないジャンルの代表格になっています。

更新情報

おすすめできない商品への言及をやめ、記事構成を大幅に見直しています。

国内債券インデックス

この記事に登場する国内債券インデックスは、みなNOMURA-BPI総合指数をベンチマークにしています。1970年、80年代は年率12%を超えた時もありましたが、2000年代は数%しかありません。近年は2%未満です。

つみたてNISA適格となるためには株式を含んでいる必要があり、債券100%のファンドはつみたてNISA適格になれません。そのため国内債券インデックスはつみたてNISA適格ではありません。

国内債券インデックスの現状

現在、国内債券インデックスを買う意味はほぼないです。バランスファンドに含まれているのならともかく、単独で投資するのは賢明と思えません。

2015年までの値動きなら、低リスク低リターンだけど定期預金よりは利回りが高く、アセットアロケーションに組み込む価値がありました。たとえば、株式100%で運用してきたけど、年齢が高くなってきたのでリスクを減らす目的で、株式から債券にシフトする場合などです。

しかし、現在はリターンが期待できないのに暴落リスクが確実にあり、投資するメリットが見い出せません。

おすすめできる商品

トータルコスト、運用実績、人気(純資産総額)を考えるとスリム国内債券一択です。

スリム国内債券

国内債券インデックスに投資するなら、一番人気ではないものの、信託報酬が最安で今後の引き下げも期待できるスリム国内債券をおすすめします。

おすすめできない商品

有名だけどおすすめできない商品をいくつか取り上げます。

ニッセイ国内債券

ニッセイ国内債券の運用コストは最安水準だし、信託報酬引き下げに積極的です。が、人気は頭打ちで、組込銘柄数が桁違いに少なく、指数に忠実な運用でないところがあります。そのため、ニッセイ国内債券をおすすめする気になれません。

たわら国内債券

たわら国内債券はローコスト国内債券インデックスの中で一番人気です。が、次の理由からおすすめしません。

  • 信託報酬がたった0.02%ポイント差ですが高いです。
  • たわら国内債券は信託報酬引き下げ競争から距離を置いており、さらなる引き下げが期待できません。

結論

この記事に登場した商品の純資産総額一覧です。純資産総額でソートしています。

この記事に登場した商品の純資産総額一覧表

トータルコストと純資産総額を考えるとスリム国内債券とニッセイ国内債券しか選択肢に残りません。が、ニッセイ国内債券は人気が頭打ちだし、ベンチマークを軽視しているところがあるので(この評価は人によって違うと思いますが)、僕はおすすめする気になれないです。

よって、スリム国内債券一択となります。

おすすめの関連記事

-債券

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER