債券

【出口戦略】ステートストリートUSボンドオープン(ヘッジあり)は低評価で落選

自身の寿命に限りがあるインデックス投資家のみなさん、インデックス投資の出口戦略を考えていますか?

世の中には死ぬまでリスクの高いポートフォリオを維持するという人もいるようですが、僕のメンタルはそこまで強靭ではありません。資産形成期が終わり、資産を取り崩しながら生活するようになったら、ポートフォリオのリスクを大幅に減らしたいです。そのために、eMAXIS Slim先進国株式から債券へのシフトを検討中です。

この記事で取り上げるのはインデックスファンドですが、論外レベルでの落選です。

ステートストリートUSボンドオープン(ヘッジあり)

ステートストリートUSボンドオープン(ヘッジあり)は「ブルームバーグ・バークレイズ米国社債(1-10年)インデックス」をベンチマークにしています。投資適格社債を投資対象にしており、ジャンク債に投資するハイ・イールド系ではありません。

2011年2月10日に設定されました。税抜き信託報酬は0.64%です。債券インデックスとは思えない高さですね。また、解約時信託財産留保額が0.3%かかります。さらに残念なことに、毎月分配型です。インデックス投資の出口戦略で使う場合であっても、毎月分配型よりも年1回の決算で、分配を抑制してくれた方が都合が良いです。

なお、このインデックスファンドには為替ヘッジなし版はありません。

ステートストリート米国社債インデックス(ヘッジあり)とのリターン比較

ステートストリートUSボンドオープン(ヘッジあり)とベンチマークが同じで、信託報酬を下げ、年1回決算型にしたのが、ステートストリート米国社債インデックス(ヘッジあり)です。

次は米国社債インデックス(ヘッジあり)とUSボンドオープン(ヘッジあり)の比較です。米国社債インデックス(ヘッジあり)の設定直後を避けた2017年2月10日から2020年9月25日までです。

ステートストリート米国社債インデックス(ヘッジあり)とステートストリートUSボンドオープン(ヘッジあり)のリターン比較グラフ

赤のラインが米国社債インデックス、緑のラインがUSボンドオープンです。青のラインはリターン差で、米国社債インデックスーUSボンドオープンです。マザーファンドが同じで、運用コストと分配の有無だけが違うので、見事な直線です。

次は2018年の12ヶ月間を切り出したものです。

2018年の12ヶ月間を切り出したリターン比較グラフ

青のラインが階段状なのは、USボンドオープンが毎月分配金を出しているためです。階段部分を除いたところの傾きは、運用コスト差を示しています。

iシェアーズ米国債7-10年ETF(ヘッジあり)とのリターン比較

次はステートストリートUSボンドオープン(ヘッジあり)とiシェアーズ米国債7-10年ETF(ヘッジあり)の比較です。比較期間は同じです。どちらも分配金を無視しています。

ステートストリートUSボンドオープン(ヘッジあり)とiシェアーズ米国債7-10年ETF(ヘッジあり)のリターン比較グラフ

赤のラインがUSボンドオープン(ヘッジあり)、緑のラインがiシェアーズ米国債7-10年ETF(ヘッジあり)です。コロナショックによる株価暴落前は互角でした。たまたまかも知れませんが、株価暴落時の値動きはiシェアーズ米国債7-10年ETF(ヘッジあり)の方が好ましかったです。

分配金の利率

運用報告書によると、USボンドオープン(ヘッジあり)は2017年以降、毎月20円または15円分配しています。目論見書には元本に手を付ける「特別分配」もするとありますから、その通りのことをしているのだと思われます。

次は分配金の利率推移をiシェアーズ米国債7-10年ETF(ヘッジあり)と比較したものです。どちらも税引き後です。

分配金の利率推移をiシェアーズ米国債7-10年ETF(ヘッジあり)と比較したグラフ

USボンドオープン(ヘッジあり)は毎月分配型ですが、iシェアーズ米国債7-10年ETF(ヘッジあり)に合わせて年4回に置き換えています。大差ないですね。

この比較期間の配当金(分配金)の利率(年率換算、税引き後)はこうでした。

  • iシェアーズ米国債7-10年ETF(ヘッジあり):1.65%
  • ステートストリートUSボンドオープン(ヘッジあり):1.73%

不人気です

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は5.69億円しかありません。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

途中で15億円程度の資金流入がありましたが、その後2回どーんと減っています。このグラフを見る限り人気があるとは言えませんし、繰上償還のリスクが高いと思った方がいいでしょう。

評価:論外です

ダメな債券インデックスファンドの見本ですね。設定されたのが2011年だからというのもあるとは思いますが、条件悪すぎです。買う価値ありません。同じベンチマークに連動する、ステートストリート米国社債インデックス(ヘッジあり)の方が圧倒的に有利です。

おすすめの関連記事

-債券

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER