インデックス投資

米国株式

楽天米国高配当株式の運用コストは改善傾向ですが現在も不人気です

2020/5/29  

楽天バンガードシリーズで圧倒的な人気を獲得しているのが、楽天全米株式です。あのVTIをインデックスファンドで買えるようにしているので、楽天VTIとも呼ばれます。また、楽天全世界株式(楽天VT)も人気が ...

米国株式

NYダウ指数連動の低コストでおすすめのファンドはありますか?

2020/5/28  

最近はS&P500種指数の人気が高まっていますし、NASDAQ100指数も注目されています。楽天全米株式(楽天VTI)の人気は盤石です。そんな中、派手さに欠けますが、NYダウ指数をポートフォリ ...

米国株式

SBIバンガードS&P500の運用コストは期待値より高いです

2020/5/27  

SBIバンガードS&P500は、バンガード社のETFであるVOOを買うだけのインデックスファンドです。そのため、SBIバンガードVOOと呼ばれることもあります。VOOを自分で買う場合に生じるデ ...

blank

米国株式

iFree S&P500は低コストですが選択する経済的合理性がありません

2020/5/26  

インデックスファンドは人気を獲得するのが難しい金融商品です。同じ指数をベンチマークにしていても、早く設定して人気を獲得し、先行者利益を得ながら純資産総額を増やした商品もあれば、後発商品にあっさり抜かれ ...

blank

米国株式

スリム米国株式(S&P500)の運用コストと評価

2020/5/25  

近年、米国株式インデックスの人気が高まっています。ベンチマークで言うと、楽天全米株式のCRSP USトータル・マーケット・インデックスと、スリム米国株式に代表されるS&P500種指数が、つみた ...

blank

先進国株式

たわら先進国株式は信託報酬引き下げ競争から脱落気味で評価は低いです

2020/5/24  

MSCIコクサイをベンチマークにした先進国株式インデックスファンドは人気のジャンルです。その絶対王者はニッセイ外国株式ですが、たわら先進国株式が二番手に付けていた時代もありました。しかし、熾烈な信託報 ...

blank

先進国株式

先進国株式インデックスの王者に君臨するニッセイ外国株式の評価

2020/5/23  

先進国株式インデックスは人気のジャンルで、つみたてNISA適格商品だけで17本もあります。そのうち16本は、日本を除く先進国に投資するMSCIコクサイをベンチマークにしています。 ニッセイ外国株式は長 ...

blank

先進国株式

スリム先進国株式の運用コストは本当に業界最低水準と呼べるのか

2020/5/22  

MSCIコクサイは日本を除く先進国に投資するベンチマークで、日本で先進国株式と言えばMSCIコクサイを指すと言っていいぐらいです。その先進国株式インデックスで一番人気はニッセイ外国株式です。二番手はス ...

blank

インデックス投資

【解説】インデックス投資における複利効果とは何か

2020/5/21  

インデックス投資の世界でも良く「複利効果」という表現を目にします。利が利を生むことで、指数関数的に資産が増える様子の説明などに出てきますが、それは必ずしも正しくありません。インデックス投資の対象はリス ...

blank

全世界株式

楽天全世界株式の運用コストは低水準で推移しており優秀です

2020/5/20  

楽天全世界株式はVTを買うだけのインデックスファンドです。楽天全世界株式固有の運用コストを負担しなければなりませんが、その代わりに、VTを自分で買う場合に生じるデメリットを解消してくれます。その運用コ ...

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER