インデックス投資

米国株式

楽天全米株式の運用コストは低水準が維持されています

2020/2/16  

楽天全米株式の第三期決算期間が開始してから、約7ヶ月になります。楽天全米株式の原資産であるVTIのトータルリターンと比較することで、現在の運用コストを試算しました。第二期と同じか少し安い水準で推移して ...

米国株式

iFree NEXT FANG+はボラティリティが高くおすすめできません

2020/2/15  

Microsoft、Apple、Google、Amazonは時価総額が1兆ドルを超えています。トランプ大統領は、これらの頭文字「MAGA」が政権の使ったスローガン「Make America Great ...

全世界株式

ひふみワールドのパフォーマンスが低いのは現金比率が高いからですか?

2020/2/15  

ひふみワールドは税込み信託報酬が1.628%という、目玉が飛び出しそうな超高コスト商品です。最近の超ローコスト投信の10倍以上もします。が、ひふみ投信の過去の高パフォーマンスの再現を期待してか、売れて ...

米国株式

NYダウ指数連動ファンドならiFree NYダウがおすすめです

2020/2/13  

NYダウ指数(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)は30銘柄で構成されます。S&P500種指数は約500銘柄です。どちらも、米国株式に関心が強い人は毎朝その変化が気になる指数です。 この2つの指数、 ...

米国株式

米国株式が人気でもNYダウ指数連動ファンドは不人気です

2020/2/16  

米国株式は気持ち悪いぐらいの強気相場が続いています。良く、NYダウ、NASDAQ、S&P500がどれだけ上がった、いくらを突破したという話を耳にすると思います。この3大指数のうち、インデックス ...

米国株式

SBIバンガードS&P500はまだスリム米国株式に負けています

2020/2/14  

SBIバンガードS&P500は、税抜き信託報酬0.088%という脅威の超低コストで登場し、設定前の事前募集段階から高い人気を獲得しました。次はSBIバンガードS&P500の設定来の総口 ...

新興国株式

日興インデックスファンド海外新興国株式が今でも売れている事実に驚きを隠せません

2020/2/16  

新興国株式に投資したい人にとって、MSCIエマージング・マーケット・インデックスは人気の高い指数です。この指数をベンチマークにしている商品は、つみたてNISA適格だけで10本もあります。 日興インデッ ...

米国株式

【驚愕】暴落からの回復局面で買うSPXLの破壊力は抜群です

2020/2/14  

米国株式の強気相場が続いたためか、Direxion社のSPXLに代表される、3倍ブル型ETFがもてはやされています。また、仕組みは理解できないものの、株価の上昇局面ではしっかり上昇するのに、下落局面で ...

先進国株式

スリム先進国株式よりステートストリート先進国株式のパフォーマンスが高いって知っていますか?

2020/2/16  

MSCIコクサイは人気の高い指数で、これをベンチマークにしている商品はたくさんあります。つみたてNISA適格のものだけで15本もあります。その中で、信託報酬の安さと人気で言えば、ニッセイ外国株式、スリ ...

先進国株式

eMAXIS先進国株式からスリム先進国株式に乗り換えた方が得でした

2020/2/16  

スリムシリーズの第一弾が設定されたのは2017年2月のことです。信託報酬を大幅に引き下げたのですが、シリーズの派生元となったeMAXISシリーズの信託報酬は据え置きだったことが、ずいぶん批判されたよう ...

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.