先進国株式

先進国株式

スリム先進国株式よりステートストリート先進国株式のパフォーマンスが高いって知っていますか?

2020/2/16  

MSCIコクサイは人気の高い指数で、これをベンチマークにしている商品はたくさんあります。つみたてNISA適格のものだけで15本もあります。その中で、信託報酬の安さと人気で言えば、ニッセイ外国株式、スリ ...

先進国株式

eMAXIS先進国株式からスリム先進国株式に乗り換えた方が得でした

2020/2/16  

スリムシリーズの第一弾が設定されたのは2017年2月のことです。信託報酬を大幅に引き下げたのですが、シリーズの派生元となったeMAXISシリーズの信託報酬は据え置きだったことが、ずいぶん批判されたよう ...

先進国株式

SBI先進国株式はつみたてNISA適格要件をナメていますね

2020/2/16  

僕はSBI先進国株式が嫌いです。理由は、目論見書にベンチマークがFTSEディベロップド・オールキャップ・インデックスだと書いてあるものの、中身はそれとは無関係なETF2本を組み合わせただけだからです。 ...

先進国株式

ニッセイ外国株式の第6期運用報告書から分かること

2020/2/16  

ニッセイ外国株式の第6期運用報告書が公開されました。それから計算した隠れコストは第5期から改善されていました。 0.087%から0.061%に減少しています。数値をそのまま受け取れば、ほぼ3割の減少で ...

先進国株式

SBI先進国株式よりスリム先進国株式の方が儲かりました

2020/2/16  

先進国株式インデックスファンドは人気の高いジャンルです。その大半のベンチマークはMSCIコクサイですが、それとは異なるベンチマークを採用している商品もあります。SBI先進国株式はそのひとつで、FTSE ...

先進国株式

【悲報】スリム先進国株式は信託報酬最安でもパフォーマンスはライバルに負けています

2020/2/16  

MSCIコクサイをベンチマークにしている先進国株式インデックスファンドは人気のジャンルで、信託報酬引き下げ競争が激しいことでも知られています。その御三家と言えるのは、設定順に、ニッセイ外国株式、たわら ...

先進国株式

【不思議】SBI先進国株式はどうして信託報酬を引き下げたのでしょうか

2020/2/16  

もう2年も前のことになりますが、EXE-iつみたて先進国株式が税抜き信託報酬0.1095%で設定するという、衝撃的な発表がありました。2017年12月のことです。これに対抗して異次元の値下げに踏み切っ ...

先進国株式

SMTグローバル株式の使命はもうとっくに終わっています

2020/2/16  

インデックス投資歴の長い方にとって、SMTグローバル株式(旧STAMグローバル株式)は懐かしく思えるかも知れません。MSCIコクサイをベンチマークにした、数世代前のインデックスファンドです。かつては信 ...

先進国株式

eMAXIS先進国株式の運用コスト負担は公平か?

2020/2/14  

はじめにおことわりしておきます。この記事の内容はマニアック過ぎるのと、結論が意味不明なので、読んでもがっかりする可能性大です。酔っ払った勢いで読むのにはいいかも知れません。 株式の売買にはコストがかか ...

先進国株式

【ミステリー】三井住友DC外国株式の純資産総額が突然290億円増えた謎

2020/2/14  

僕は主な投資信託の基準価額と総口数の推移を、定期的に確認している変態です。そのため、みなさんが良く知っている投資信託なら、大きな変動を見逃すことはありません。 実は9月末あたりに、次の2商品の総口数に ...

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.