先進国株式

先進国株式

たわら先進国株式の信託報酬引き下げを歓迎します+下方乖離起こしましたね

2020/2/13  

たわら先進国株式は10月1日から信託報酬を税抜き0.0999%に引き下げます。現在の信託報酬は税抜き0.20%で、スリム先進国株式とニッセイ外国株式に比べて置き去りにされた感がありましたが、ついに先進 ...

先進国株式

たわら先進国株式低ボラティリティ高配当戦略が繰上償還されます

2020/2/13  

投資信託は粗製乱造される傾向にあり、そこでは受益者保護は二の次なのが実情です。金融庁がつみたてNISAの適格要件に厳しい制約を設けたのは当然と言えます。僕ら投資家から見ると、投資信託は簡単に設定されま ...

先進国株式

過去10年間だと世界分散投資より先進国株式集中投資の方が儲かりました

2020/2/13  

僕はスリム先進国株式に集中投資しています。理由は複数あり、このブログで頻繁にお話していますが、それは僕の個人的な好みによるものです。が、過去10年間の実績を見ると、世界分散投資より先進国株式集中投資の ...

先進国株式

スリム先進国株式とスリム全世界株式(オール・カントリー)のどちらがおすすめですか

2020/2/13  

スリムシリーズで一番売れているのはスリム先進国株式ですが、スリム全世界株式(オール・カントリー)を勧める人もいます。まだ自分の投資スタイルを確立しておらず、どちらが良いか迷っている人も少なくないことで ...

先進国株式

つみたてNISAで選択できる先進国株式インデックスで迷っている方へ

2020/2/13  

つみたてNISAで選択できる、MSCIコクサイをベンチマークにしている先進国株式インデックスファンドは11本もあります。ベンチマークは同じでも、中身は結構違います。その違いは得られるリターンに影響を与 ...

先進国株式

ニッセイ外国株式の実質コストは税抜き0.1463%ではありません

2020/2/13  

ある著名な投信ブロガーの方のブログ記事に、税抜き実質コストはニッセイ外国株式がスリム先進国株式より安いとありました。 ニッセイ外国株式:0.1463% スリム先進国株式:0.1641% 見た瞬間に間違 ...

先進国株式

500億円突破記念:スリム先進国株式の信託報酬引き下げを振り返ります

2020/2/13  

スリム先進国株式の純資産総額がついに500億円を超えました。スリムシリーズは純資産総額が500億円以上になると自動的に信託報酬が漸減する仕組みがありますが、これが初めて発動されます。 個人事業主が節税 ...

先進国株式

スリム先進国株式の隠れコストは低水準が維持されています

2020/2/13  

先日、スリム先進国株式の第二期運用報告書が公開されました。運用報告書から計算した隠れコストは微減で、低水準が維持されていました。 先進国株式に投資したい人にとって、スリム先進国株式は最良の選択肢と言え ...

先進国株式

スリム先進国株式とたわら先進国株式の信託報酬差が20年間に生み出すリターン差

2020/2/13  

あと数日でスリム先進国株式とニッセイ外国株式の信託報酬が税抜き0.0999%に引き下げられます。かつてローコストリーダーだった、たわら先進国株式の信託報酬は税抜き0.20%のままです。その差は0.10 ...

先進国株式

eMAXIS先進国株式からスリム先進国株式に切り替えなかった人が失った利益

2020/2/13  

eMAXIS先進国株式は2009年10月に設定されました。信託報酬は税抜き0.60%です。最近インデックス投資を始めた人は「高い!」と引いちゃうかも知れませんが、当時は十分安かったようです。 その後信 ...

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.