国内株式

国内株式

ひふみは基準価格が回復中でも解約が止まりません

2020/2/15  

株価は変動するもので、投資信託の基準価額の変動は避けられません。大抵は、上下動を繰り返しながらも右肩上がりで成長します。長期間で見ても右肩下がりでしか推移できないなら、(長期)投資する価値はありません ...

国内株式

基準価格が上昇しても解約が減らないひふみの厳しい現状

2020/2/19  

不思議な強気相場が続いており、国内株式も上昇傾向にあります。そのため、不調だったひふみの基準価格も回復基調です。ところが、総口数の減少が止まりません。総口数が減るのは、積み立てなどによる買付口数よりも ...

国内株式

不人気でもパフォーマンスでひふみプラスを圧倒するTORANOTECアクティブジャパン

2020/2/13  

TORANOTECアクティブジャパンはトラノコシリーズと同じTORANOTEC投信投資顧問株式会社の商品です。トラノコシリーズは高コストでパフォーマンスも芳しくなく、普通にインデックスファンドを買うほ ...

国内株式

株価下落にひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金の受益者が見せた行動

2020/2/13  

現在も、ひふみ3兄弟の純資産総額の合計は7,265億円もあります。人気と共に純資産総額が急上昇したのは、テレビ東京の「カンブリア宮殿」で取り上げられてからです。次は3兄弟のうち最初に設定された、ひふみ ...

国内株式

【悲報】ニッセイJPX日経400は再度下方乖離を起こしました

2020/2/13  

ニッセイJPX日経400は過去に下方乖離を起こしたことがある問題児です。 個人事業主が節税してインデックス投資ニッセイJPX日経400も運用に問題がありましたhttps://secrets2mysuc ...

国内株式

ひふみ投信とスリム米国株式(S&P500)のリターンを2009年から比較

2020/2/13  

ひふみ投信とスリム米国株式を比較するなんて馬鹿げていると思う人もいるかも知れませんが、もしもスリム米国株式がひふみ投信の設定前から存在していて、その頃から比較できるなら考えも変わるかも知れません。 あ ...

国内株式

たわら国内株式高配当戦略は高コストなのにパフォーマンスは平凡です

2020/2/13  

アセットマネジメントOneは「たわらノーロード」シリーズで有名ですが、「たわらノーロードplus」という名称で始まる商品も扱っています。アクティブファンドです。 「たわらノーロードplus国内株式高配 ...

国内株式

ニッセイJPX日経400も運用に問題がありました

2020/2/13  

国内株式指数と言えば日経平均かTOPIXが頭に浮かぶと思います。それらをベンチマークにしているローコストインデックスファンドがたくさんあります。 それらよりマイナーですが、JPX日経インデックス400 ...

国内株式

ひふみプラス vs TORANOTECアクティブジャパン

2020/2/13  

テレビ東京のカンブリア宮殿で取り上げられてから圧倒的な人気を獲得した「ひふみ」の陰に隠れてしまっていますが、国内の中小型株式に投資することで高いパフォーマンスを目指すアクティブファンドはたくさんありま ...

国内株式

ニッセイTOPIXとeMAXIS TOPIXのトータルコスト差は運用報告書通りか

2020/2/13  

運用報告書には信託報酬以外の、俗に「隠れコスト」と呼ばれる費用の明細が記載されます。売買委託手数料、有価証券取引税、保管費用などです。信託報酬は低いのに、隠れコストが期待より高かったということは頻繁に ...

Copyright© 個人事業主が節税してインデックス投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.