インデックス投資

バランスファンド

eMAXISバランス(8資産均等型)の運用コストと評価

2020/7/11  

スリムバランス(8資産均等型)が設定直後から高い人気を獲得できたのは、先輩にあたるeMAXISバランス(8資産均等型)が「8資産均等型バランスファンド」の市場を開拓してくれたからです。eMAXISバラ ...

バランスファンド

世界経済インデックスの運用コストと評価

2020/7/10  

SBI資産設計オープン(資産成長型)は、三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用しているSBI証券専売商品です。6資産に投資します。三井住友トラスト・アセットマネジメントは、組成内容の異なる6資産 ...

バランスファンド

SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)の運用コストと評価

2020/7/9  

2008年1月に設定されたSBI資産設計オープンには資産成長型と分配型がありました。それらはつみたてNISA適格ではありません。三井住友トラスト・アセットマネジメントは(おそらくSBI証券から依頼され ...

blank

バランスファンド

SBI資産設計オープン(資産成長型)の運用コストと評価

2020/7/8  

SBI資産設計オープン(資産成長型)は新興国を除いた6資産に投資するバランスファンドです。かつてはそこそこの人気を獲得していましたが、もう資金流入も頭打ちで、盛り返すこともないと思われます。 今では高 ...

blank

バランスファンド

セゾングローバルバランスの運用コストと評価

2020/7/7  

セゾンバンガードグローバルバランスは、ローコスト投信の草分け的存在です。今ではすっかり高コストファンドになってしまいましたが、不思議なことに人気は衰えず、純資産総額は2,000億円を超えています。キン ...

blank

米国株式

SBIバンガードS&P500の運用コストは期待値より高いです

2020/7/6  

SBIバンガードS&P500は、バンガード社のETFであるVOOを買うだけのインデックスファンドです。そのため、SBIバンガードVOOと呼ばれることもあります。VOOを自分で買う場合に生じるデ ...

blank

米国株式

スリム米国株式(S&P500)の運用コストと評価

2020/7/6  

近年、米国株式インデックスの人気が高まっています。ベンチマークで言うと、楽天全米株式のCRSP USトータル・マーケット・インデックスと、スリム米国株式に代表されるS&P500種指数が、つみた ...

blank

バランスファンド

スリムバランス(8資産均等型)の運用コストと評価

2020/7/6  

バランスファンドはマザーファンドさえあれば容易に組成できることもあって、粗製乱造される傾向にあります。投資対象が同じで投資比率だけを変えて、「何とか型」としたものを3種類揃えるパターンはその典型です。 ...

blank

全世界株式

全世界株式インデックスのおすすめを教えて下さい

2020/7/5  

全世界株式インデックスは人気のジャンルで関連商品が多数組成されています。日本を含むかどうかで選択肢が大きく変わりますが、現在は日本を含む全世界株式が圧倒的に人気が高く、日本を除く全世界株式との差が開く ...

blank

全世界株式

iTrust世界株式の運用コストと評価

2020/7/4  

インデックスファンドの超ローコスト化が進み、全世界株式インデックスの税抜き信託報酬は0.104%が最安水準となっています。トータルコストだと税込み0.21%程度です。 iTrust世界株式は、全世界株 ...

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER