先進国株式

先進国株式

たわら先進国株式の運用コストと評価

2020/10/10  

MSCIコクサイをベンチマークにした先進国株式インデックスファンドは人気のジャンルです。その絶対王者はニッセイ外国株式ですが、たわら先進国株式が二番手に付けていた時代もありました。しかし、熾烈な信託報 ...

先進国株式

野村スリーゼロ先進国株式投信はスリム先進国株式より安いのか

2020/9/22  

野村スリーゼロ先進国株式投信が設定されてから6ヶ月が経過しました。野村スリーゼロ先進国株式投信は、2030年末までは信託報酬がゼロで、その後も現在のニッセイ外国株式やスリム先進国株式の信託報酬程度を予 ...

先進国株式

高コストファンドから低コストファンドに乗り換えるべきか

2020/9/14  

近年インデックスファンドの超ローコスト化が進んだため、古くからインデックス投資をしている人ほど、高コストファンドをいまだに保有しているという状況が多いはずです。さすがに新規投資は超ローコストファンドに ...

blank

先進国株式

【徹底比較】先進国株式インデックスのおすすめを教えて下さい

2020/6/29  

日本で先進国株式と言うと、ほぼMSCIコクサイのことを指します。先進国株式インデックスファンドは、つみたてNISA適格のものだけでも17本ありますが、うち16本はMSCIコクサイをベンチマークにしてい ...

blank

先進国株式

三井住友DS外国株式指数ファンドの運用コストと評価

2020/6/28  

2008年から2010年にかけて、ローコストな先進国株式インデックスファンドが複数設定されました。ローコストと言っても当時の税抜き信託報酬は0.50から0.60%でした。そこから10年で最安水準が0. ...

blank

先進国株式

iシェアーズ先進国株式の運用コストと評価

2020/6/27  

インデックスファンドは現物株運用のもの、現物株とETFを併用するもの、現物株は買わずにETFだけで運用するものに分類できます。iシェアーズ先進国株式のベンチマークはMSCIコクサイですが、ETFだけで ...

blank

先進国株式

外国株式インデックスeの運用コストと評価

2020/6/26  

外国株式インデックスeは、インデックス投資歴が10年以上ある人には懐かしく思えることでしょう。逆に、そんな名前初めて聞くよって方がほとんどだと思います。 2010年頃、税抜き信託報酬0.60%程度の先 ...

blank

先進国株式

Funds-i 外国株式の運用コストと評価

2020/6/25  

Funds-i 外国株式は人気を獲得できないまま、超ローコスト化競争には参戦せず、このまま終焉を迎える商品です。それでも不思議なことに、いまだに買われています。明らかにもっと有利な選択肢がいくつもある ...

blank

先進国株式

eMAXIS先進国株式の運用コストと評価

2020/6/24  

ネット証券を利用できる人にとって、eMAXIS先進国株式は過去の商品であり、これから投資する対象にはなりえません。でもeMAXIS先進国株式がなければ、スリム先進国株式の誕生もなかったでしょうし、販社 ...

blank

先進国株式

SMTグローバル株式の運用コストと評価

2020/6/23  

インデックス投資歴の長い方にとって、SMTグローバル株式(旧STAMグローバル株式)は懐かしく思えるかも知れません。MSCIコクサイをベンチマークにした、数世代前のインデックスファンドです。かつては信 ...

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER