先進国株式

先進国株式

【徹底比較】先進国株式インデックスのおすすめを教えて下さい

2021/7/18  

日本で先進国株式と言うと、ほぼMSCIコクサイのことを指します。先進国株式インデックスファンドは、つみたてNISA適格のものだけでも18本ありますが、うち17本はMSCIコクサイをベンチマークにしてい ...

先進国株式

iシェアーズ先進国株式の運用コストと評価

2021/7/16  

インデックスファンドは現物株運用のもの、現物株とETFを併用するもの、現物株は買わずにETFだけで運用するものに分類できます。iシェアーズ先進国株式のベンチマークはMSCIコクサイですが、ETFだけで ...

先進国株式

ステートストリート先進国株式の運用コストと評価

2021/7/16  

MSCIコクサイ連動商品はたくさんありますが、ステートストリート先進国株式は僕の理解を超えた謎の存在です。運用報告書から計算したトータルコストはスリム先進国株式より0.1%も高いにも関わらず、スリム先 ...

blank

先進国株式

Smart-i 先進国株式の運用コストと評価

2021/7/16  

株式100%のインデックスファンドがベンチマークに忠実な運用をするためには、現物株運用が好ましいです。先物比率を低く抑えて、資産のほとんどで現物株を売買するのです。 ところが現物株運用と言えない商品も ...

blank

先進国株式

i-SMTグローバル株式の運用コストと評価

2021/7/14  

2009年頃に設定された、税抜き信託報酬0.5から0.6%のインデックスファンドは、今ではすっかり高コストになってしまいました。2017年以降、MSCIコクサイ連動商品の信託報酬は0.2%以下が当たり ...

blank

先進国株式

ダイワつみたてインデックス外国株式の運用コストと評価

2021/7/14  

同じマザーファンドを利用するけど、信託報酬と販路を変えたシリーズを組成するのは、投資信託では普通にあります。たとえば、つみたてんとうシリーズはスリムシリーズと同じマザーファンドを利用しますが、信託報酬 ...

blank

先進国株式

iFree外国株式の運用コストと評価

2021/7/13  

日本で先進国株式インデックスと言えば、MSCIコクサイ連動商品が人気です。つみたてNISA適格商品だけで17本もあります。 iFree外国株式は先進国株式インデックスの超ローコスト化が進む変革期に登場 ...

blank

先進国株式

EXE-i 先進国株式の運用コストと評価

2021/7/13  

EXE-i 先進国株式はインデックスファンドでありながら、連動するベンチマークがありません。設定当初の参考指数はMSCIコクサイでしたが、1年9ヶ月後にはFTSEカイガイ・インデックスに変更されました ...

blank

先進国株式

つみたて先進国株式の運用コストと評価

2021/7/13  

スリムシリーズはeMAXISシリーズと同じマザーファンドを利用する、超ローコスト版と言えます。つみたてんとうシリーズは、主に金融機関の窓口を好む顧客層をターゲットにし、異なる信託報酬体系で設定された、 ...

blank

先進国株式

Funds-i 外国株式の運用コストと評価

2021/7/12  

Funds-i 外国株式は人気を獲得できないまま、超ローコスト化競争には参戦せず、このまま終焉を迎える商品です。それでも不思議なことに、いまだに買われています。明らかにもっと有利な選択肢がいくつもある ...

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER