新興国株式

新興国株式

【徹底比較】新興国株式インデックスのおすすめを教えて下さい

2022/3/16  

近年は米国株式の好調さと対称的に、新興国株式の低迷が続いています。でもそれと真逆だった時代もありました。その時代の再来を期待するかどうかは別にして、新興国株式インデックスに投資したいという人は一定数存 ...

新興国株式

SBI新興国株式の運用コストと評価

2022/3/3  

つみたてNISAで認定されている、単独で組成可能な新興国株式指数(ベンチマーク)は3種類あります。一番人気はMSCIエマージング・マーケットで、つみたてNISA適格商品12本中、10本がこのベンチマー ...

新興国株式

iFree新興国株式の運用コストと評価

2022/2/28  

つみたてNISAで認定されている、単独で組成可能な新興国株式指数(ベンチマーク)は3種類あります。一番人気はMSCIエマージング・マーケットで、つみたてNISA適格商品12本中、10本がこのベンチマー ...

blank

新興国株式

つみたて新興国株式の運用コストと評価

2022/2/25  

スリムシリーズはeMAXISシリーズと同じマザーファンドを利用する、超ローコスト版と言えます。つみたてんとうシリーズは、主に金融機関の窓口を好む顧客層をターゲットにし、異なる信託報酬体系で設定された、 ...

blank

新興国株式

たわら新興国株式の運用コストと評価

2022/2/17  

2017年2月にスリムシリーズの第一弾が登場した頃から、インデックスファンドの超ローコスト化が急激に進行しました。商品選択の際に押さえるポイントは、信託報酬だけではないものの、信託報酬が高いとそれだけ ...

blank

新興国株式

ニッセイ新興国株式の運用コストと評価

2022/2/16  

ニッセイ外国株式は先進国株式インデックスの絶対王者に君臨しています。あのスリム先進国株式も寄せ付けない人気(純資産総額)を誇ります。その印象が強いので、新興国株式インデックスのジャンルでもニッセイ新興 ...

blank

新興国株式

楽天新興国株式(楽天VWO)の運用コストと評価

2022/2/14  

新興国株式インデックスには多くの選択肢があります。楽天新興国株式もそのひとつですが、現状、不人気です。バンガード社のETFであるVWOがインデックスファンドで買える、目論見書にある実質的な運用管理費用 ...

blank

新興国株式

スリム新興国株式の運用コストと評価

2022/2/13  

新興国株式で人気が高いベンチマークは、MSCIエマージング・マーケットです。つみたてNISA認定の新興国株式インデックスファンド12本中、10本がこのベンチマークを採用しています。 新興国株式は、先進 ...

blank

新興国株式

iFreeレバレッジATMX+の運用コストと評価

2022/1/18  

大和アセットマネジメントはiFree NEXTシリーズでニッチな指数に対応していますが、その2倍ブル型の商品化にも実に積極的です。iFree NEXT ATMX+が連動するFactSet ATMX+指 ...

blank

新興国株式

iFree NEXT ATMX+の運用コストと評価

2022/1/17  

iFree NEXTシリーズはニッチな指数への対応も積極的に進めています。iFree NEXT ATMX+は国営企業を除く中国株式にのみに投資します。iFree NEXT FANG+の中国企業特化版の ...

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER