インデックス投資

新興国株式

iFree NEXT ATMX+の運用コストと評価

2022/1/17  

iFree NEXTシリーズはニッチな指数への対応も積極的に進めています。iFree NEXT ATMX+は国営企業を除く中国株式にのみに投資します。iFree NEXT FANG+の中国企業特化版の ...

米国株式

【徹底比較】楽天全米株式とスリム米国株式(S&P500)のどちらがおすすめですか?

2022/1/16  

米国株式に投資するのに、楽天全米株式とスリム米国株式(S&P500)のどちらが良いか迷っている人も少なくないと思います。信託報酬、トータルコストは異なりますが、そもそもベンチマークが違うので、 ...

全世界株式

【徹底比較】楽天全世界株式とスリム全世界株式(オール・カントリー)のどちらがおすすめですか?

2022/1/15  

日本を含む全世界株式に時価総額比で投資する際に、楽天全世界株式とスリム全世界株式(オール・カントリー)のどちらが良いか迷う人も多いことでしょう。どちらも先進国株式、新興国株式、国内株式に投資しますが、 ...

blank

全世界株式

VT、楽天全世界株式(楽天VT)の三重課税問題について解説します

2022/1/14  

米国籍ETFで人気の高いVTには「三重課税問題」が存在します。これは都市伝説ではありません。ETFへの課税の仕組み上発生が避けられないものです。そして、海外ETFに興味のないインデックス投資家も、無視 ...

blank

全世界株式

楽天全世界株式(楽天VT)の運用コストと評価

2022/1/14  

楽天全世界株式はVTを買うだけのインデックスファンドです。そのため楽天VTとも呼ばれます。楽天全世界株式固有の運用コストを負担しなければなりませんが、その代わりに、VTを自分で買う場合に生じるデメリッ ...

blank

インデックス投資

iFreeActiveチャイナXの運用コストと評価

2022/1/13  

iFreeActiveチャイナXは中国株式に特化した、テーマ型アクティブファンドです。中国株式特有の事情はあるにせよ、トータルコストはとんでもなく高いです。 コロナショックによる株価暴落後のパフォーマ ...

blank

インデックス投資

iFreeActiveエドテックの運用コストと評価

2022/1/12  

iFreeActiveエドテックは教育に特化した、テーマ型アクティブファンドです。トータルコストは驚くほど高い、パフォーマンスは悲惨、不人気で売れていないといいところがありません。また、信託期間が10 ...

blank

インデックス投資

【ネット証券】投資信託の保有でもらえるポイント制度を徹底比較

2022/1/12  

巷にあふれるポイントサービスはピンキリです。お得に見えて実はそうでないってのも「あるある」です。 主要ネット証券5社は、投資信託の保有額に応じてポイントを付与するサービスを実施中ですが、これもピンキリ ...

blank

米国株式

NZAMベータ米国2資産(株式+REIT)の運用コストと評価

2022/1/11  

NZAMベータ米国2資産(株式+REIT)は米国株式と米国リート(不動産投資信託)に50:50で投資するニッチな商品です。運用会社は農林中金全共連アセットマネジメントですが、農林中央金庫専売ではなく、 ...

blank

米国株式

SBI・V・S&P500(SBI VOO)の運用コストと評価

2022/1/10  

SBI・V・S&P500は、バンガード社のETFであるVOOを買うだけのインデックスファンドです。そのため、SBI VOOと呼ばれることもあります。VOOを自分で買う場合に生じるデメリットを解 ...

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER