インデックス投資

米国株式

iFreeレバレッジS&P500の運用コストと評価

2020/10/7  

iFreeレバレッジS&P500は、S&P500種指数の日々の値動きの2倍程度を目指す、ブル型のファンドです。公式にはベンチマークがないので、インデックスファンドではありません。 レバ ...

米国株式

iFree NEXT FANG+の運用コストと評価

2020/10/7  

最近、ハイテク銘柄が異様な成長を見せています。S&P500を牽引しているのも、実は上位の5銘柄程度だという分析もあります。 iFree NEXT FANG+は、ハイテクを含む10銘柄にしか投資 ...

blank

米国株式

iFree NEXT NASDAQ100の運用コストと評価

2020/10/6  

最近NASDAQ100指数が注目されています。S&P500種指数を凌駕するパフォーマンスが魅力です。でもITバブル崩壊時の暴落は凄まじかったですし、それが繰り返されないとは言い切れません。投資 ...

blank

米国株式

iFree NEXT NASDAQ100とQQQのどちらがおすすめですか?

2020/10/5  

NASDAQ100指数に投資する場合、米国籍ETFを自分で買うデメリットが気になるなら、iFree NEXT NASDAQ100が良い選択肢になります。NZAMベータNASDAQ100は運用コストが高 ...

blank

米国株式

楽天全米株式(楽天VTI)とVTIのどちらがおすすめですか?

2020/10/5  

楽天全米株式の圧倒的な利便性、配当金の再投資効率の高さを考慮すると、楽天全米株式の運用コストの高さは負担する価値があると思います。え、楽天全米株式の運用コストって高いのですか?インデックスファンドとし ...

blank

米国株式

SPYDを買うだけのインデックスファンドが設定されても売れないと思います

2020/10/3  

米国株式に興味のない方でも、SPYという名前は聞いたことがあるかも知れません。S&P500種指数に連動するETFで、VOOやIVVと良く比較されます。それらの中では経費率が0.09%とダントツ ...

blank

インデックス投資

先進国株式と4資産均等型のどちらがおすすめですか?

2020/10/2  

先進国株式のみへの投資より、4資産均等型に投資する方が、地域も資産も分散されていて好ましいという考え方もあるでしょう。バランスファンドは初心者におすすめ、なんて言う表現もあります。 でも4資産均等型の ...

blank

インデックス投資

VTIとVTI+TLTのどちらがおすすめですか?

2020/10/1  

株式と逆の値動きをする債券を混ぜることのメリットを調べたk㎝3sさんの記事に刺激されました。 米国株投資と家計管理と~家計フォワード【米国ETF】VTI:バンガード・トータル・ストックETFの米国長期 ...

blank

インデックス投資

2020年9月の運用成績を公開します

2020/10/1  

2020年9月の運用成績を振り返ります。 全体 スリム先進国株式に3,212万円投資しています。 スリム先進国株式しか買っていません。右端の列は損益率の差で、単位は%ポイントです。ここは全く気にしてい ...

blank

インデックス投資

先進国株式と先進国株式+先進国債券のどちらがおすすめですか?

2020/9/30  

僕は資産形成期には株式100%インデックスへの投資が良く、債券に投資する必要はないとする「債券不要論者」です。ただし、株式100%インデックスは変動率が高いので、値動きの激しさに耐えられることが条件に ...

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER