インデックス投資

米国株式

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の運用コストと評価

2022/1/10  

近年、米国株式インデックスの人気が高まっています。ベンチマークで言うと、楽天全米株式のCRSP USトータル・マーケット・インデックスと、スリム米国株式に代表されるS&P500種指数が、つみた ...

インデックス投資

【2021年版】人気投資信託積み立てパフォーマンスランキング

2022/1/9  

2021年の株式市場はバブリーな強気相場が続き、こんなに簡単に利益を得ることができるものかと勘違いしてしまう人が続出しそうな1年でした。が、実際には資産クラスや投資対象、組成内容によってパフォーマンス ...

NISA

【2021年版】つみたてNISAリターン実績ランキング

2022/1/8  

2021年に、つみたてNISAで毎月初同額を投資した場合の、リターン実績ランキングを作成しました。この記事の対象となった、つみたてNISA適格商品は186本でした。 2021年の株価は驚異的な上昇を続 ...

blank

インデックス投資

ポイントを考慮すると楽天証券とSBI証券のどちらが有利ですか?

2022/1/6  

超ローコスト投信を積立投資する場合、クレジットカード決済で1%のポイントが還元され、さらに還元率は下がったものの保有資産額に応じたポイントが付与される楽天証券は、その合せ技で見ると最強でした。ところが ...

blank

先進国株式

東京海上セレクション外国株式インデックスの運用コストと評価

2022/1/6  

MSCIコクサイ連動商品の場合、先物比率が高過ぎない現物株運用なら、ベンチマークとの連動性は問題にならないことがほとんどです。まれに乖離(下方、上方どちらもあります)を起こし、リターン差が階段状になる ...

blank

NISA

【徹底比較】つみたてNISA口座はどの金融機関がおすすめですか?

2022/1/5  

つみたてNISA口座は、どの金融機関で開設しても同じ、ではありません。金融機関の変更は(ざっくり言うと)年に1回しかできないので、できれば最初から自分にぴったりの金融機関を選びたいものです。 ではどの ...

blank

NISA

【2021年版】つみたてNISA適格商品人気ランキング

2022/1/4  

現在、つみたてNISA適格の投資信託は194本もあります。当然、人気はピンキリで、絶望的に売れていない商品もたくさんあります。 「人気」を測るには明確な指標が必要です。この記事では「資金流出入額の累計 ...

blank

NISA

【徹底比較】つみたてNISAは年初一括と毎月積み立てのどちらがおすすめですか?

2022/1/3  

つみたてNISAは、制度設計の趣旨から考えると毎月とか毎日とかの積み立てでしか利用できないのがあるべき姿だと思うのですが、金融機関によっては実質年初一括投資が可能です。利用者から見れば購入方法に自由度 ...

blank

NISA

2021年のつみたてNISAは年初一括投資の圧勝でした

2022/1/3  

つみたてNISAは、制度設計の趣旨から考えると毎月とか毎日とかの積み立てでしか利用できないのがあるべき姿だと思うのですが、金融機関によっては実質年初一括投資が可能です。利用者から見れば、購入方法に自由 ...

blank

インデックス投資

【ツミレバ】もしiFreeレバレッジシリーズを積み立てていたら

2022/1/2  

大和アセットマネジメントはiFreeレバレッジシリーズの拡充に力を入れています。営業面でも「ツミレバ」というキャッチコピーを使ったプロモーションを展開中です。 現在、iFreeレバレッジNASDAQ1 ...

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER