米国株式

米国株式

楽天レバレッジNASDAQ-100の運用コストと評価

2022/12/26  

ある組成のファンドが高い人気を集めると、それを真似した商品が他社から登場するのは、この業界で普通に見られる光景です。NASDAQ100指数に2倍のレバレッジをかけたiFreeレバレッジNASDAQ10 ...

米国株式

MAXISナスダック100ヘッジあり【2632】の運用コストと評価

2022/12/16  

国内ETFでNASDAQ100指数に投資したい人にとって、MAXISナスダック100【2631】は良い選択肢だと思います。その為替ヘッジ版が、MAXISナスダック100為替ヘッジあり【2632】です。 ...

米国株式

MAXISナスダック100【2631】の運用コストと評価

2022/12/13  

MAXISナスダック100は、形式上はeMAXIS NASDAQ100のETF版です。が、マザーファンドは同じで、明らかに一般的なETFではありません。その関係は、MAXIS米国株式(S&P5 ...

blank

米国株式

MAXIS米国株式(S&P500)ヘッジあり【2630】の運用コストと評価

2022/12/13  

国内ETFでS&P500種指数に投資したい人にとって、MAXIS米国株式(S&P500)【2558】は良い選択肢だと思います。その為替ヘッジ版が、MAXIS米国株式(S&P50 ...

blank

米国株式

MAXIS米国株式(S&P500)【2558】の運用コストと評価

2022/12/11  

S&P500に投資する場合、スリム米国株式(S&P500)はほとんどの人にとって最適解のひとつと言っていいでしょう。でも人によっては国内籍ETFであるMAXIS米国株式(S&P ...

blank

米国株式

iFreeレバレッジNASDAQ100の運用コストと評価

2022/11/6  

NASDAQ100が現在のように注目されるようになったのは2019年12月以降ですが、iFree NEXT NASDAQ100が設定されたのは2018年8月でした。そして2ヶ月後には2倍ブル型であるi ...

blank

米国株式

NYダウ・トリプル・レバレッジの運用コストと評価

2022/10/30  

大和アセットマネジメントはiFreeシリーズでレバレッジ型ファンドに力を入れています。そして別系統の商品でもレバレッジ型ファンドを多数設定しています。その棲み分けの基準は想像するしかないのですが、iF ...

blank

米国株式

iFreeレバレッジS&P500の運用コストと評価

2022/10/24  

iFreeレバレッジS&P500は、S&P500種指数の日々の値動きの2倍程度を目指す、ブル型のファンドです。公式にはベンチマークがないので、インデックスファンドではありません。 高コ ...

blank

米国株式

スリム米国株式(S&P500)の運用コストと評価

2022/10/4  

近年、米国株式インデックスの人気が高まっています。ベンチマークで言うと、楽天全米株式のCRSP USトータル・マーケット・インデックスと、スリム米国株式に代表されるS&P500種指数が、つみた ...

blank

米国株式

NYダウとS&P500のどちらがおすすめですか?

2022/9/26  

NYダウもS&P500も米国を代表する株価指数です。これら指数に連動するインデックスファンドは多数組成されています。低コストで良質な選択肢があり、特別な理由がない限り(ETFでなくて)投資信託 ...

© 2023 河童のインデックス投資 Powered by STINGER