米国株式

米国株式

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶねの運用コストと評価

2020/11/26  

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶね(旧名称は農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド)は米国株式に投資するアクティブファンドです。農林中金<パートナーズ>おおぶねグローバル(長期厳選 ...

米国株式

SBIバンガードS&P500(SBI VOO)の運用コストと評価

2020/11/26  

SBIバンガードS&P500は、バンガード社のETFであるVOOを買うだけのインデックスファンドです。そのため、SBIバンガードVOOまたはSBI VOOと呼ばれることもあります。VOOを自分 ...

米国株式

VT、VTI、VOOのデメリットを分かりやすく解説します

2020/11/19  

近年はインデックスファンドの選択肢が増え、信託報酬の低廉化が進み、少額投資非課税制度が充実したことで、VTやVTIやVOOなどの米国籍ETFを自分で買わなくても良くなってきました。海外ETFが好きだと ...

blank

米国株式

S&P500に見る配当金再投資の圧倒的破壊力

2020/11/17  

直近の11年程度は、米国株式にとって非常に恵まれた期間でした。コロナショックによる株価暴落からの回復は信じられないペースで進んでいますし、このまま再度素晴らしい10年間が訪れるのでは、と期待してしまい ...

blank

米国株式

iFree S&P500の運用コストと評価

2020/11/6  

インデックスファンドは人気を獲得するのが難しい金融商品です。同じ指数をベンチマークにしていても、早く設定して人気を獲得し、先行者利益を得ながら純資産総額を増やした商品もあれば、後発商品にあっさり抜かれ ...

blank

米国株式

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の運用コストと評価

2020/11/3  

近年、米国株式インデックスの人気が高まっています。ベンチマークで言うと、楽天全米株式のCRSP USトータル・マーケット・インデックスと、eMAXIS Slim米国株式に代表されるS&P500 ...

blank

米国株式

楽天全米株式(楽天VTI)の運用コストと評価

2020/11/3  

楽天全米株式はVTIを買うだけのインデックスファンドです。そのため楽天VTIとも呼ばれます。VTIを自分で買う場合に生じるデメリットを解消してくれる代わりに、楽天投信投資顧問が徴収する運用コストを負担 ...

blank

米国株式

【全力解説】楽天全米株式(楽天VTI)は配当金に国内課税しないで再投資しています

2020/11/1  

楽天全米株式はバンガード社のETFであるVTIを買うだけのインデックスファンドで、楽天VTIとも呼ばれます。VTIを自分で買おうとするとめんどくさいことが山盛りですが、それをすべて解消してくれます。そ ...

blank

米国株式

【徹底比較】米国株式インデックスのおすすめを教えて下さい

2020/10/29  

近年米国株式インデックスが人気です。その人気に火を付けたのが楽天全米株式(楽天VTI)なのは、間違いありません。楽天全米株式の成功がなければ、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)も、 ...

blank

米国株式

iFree NEXT NASDAQ100の運用コストと評価

2020/10/27  

最近NASDAQ100指数が注目されています。S&P500種指数を凌駕するパフォーマンスが魅力です。でもITバブル崩壊時の暴落は凄まじかったですし、それが繰り返されないとは言い切れません。投資 ...

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER