米国株式

blank

米国株式

MAXIS米国株式の運用コストと評価

2020/6/13  

MAXIS米国株式(S&P500)はスリム米国株式(S&P500)のETF版です、と言い切っていいのかどうか自信がありません。でもマザーファンドは同じで、明らかに一般的なETFではあり ...

米国株式

VT、楽天VTの三重課税問題について解説します

2020/6/11  

米国籍ETFで人気の高いVTには「三重課税問題」が存在します。これは都市伝説ではありません。ETFへの課税の仕組み上発生が避けられないものです。そして、海外ETFに興味のないインデックス投資家も、無視 ...

米国株式

iFree NEXT NASDAQ100とQQQではどちらが有利ですか?

2020/5/30  

NASDAQ100指数に投資する場合、海外ETFを自分で買うデメリットが気になるなら、iFree NEXT NASDAQ100がおすすめです。が、海外ETFを自分で買うデメリットをいとわないなら、QQ ...

blank

米国株式

米国株式配当貴族インデックスの運用コストと評価

2020/5/30  

S&P500配当貴族指数に投資したい場合、信託報酬がちょっと高めですが、インデックスファンドの選択肢があります。そして驚いたことに、資産形成に不利な商品の方が良く売れているという、残念な現実が ...

blank

米国株式

米国ETFにも隠れコストは存在するそうです

2020/5/28  

インデックスファンドの保有コストは信託報酬+隠れコストで、信託報酬は目論見書に明記されていますから投資する前に把握できます。が、隠れコストが判明するのは運用報告書が公開された時なので、特に設定されてか ...

blank

米国株式

NYダウインデックスのおすすめを教えて下さい

2020/5/28  

最近はS&P500種指数の人気が高まっていますし、NASDAQ100指数も注目されています。楽天全米株式(楽天VTI)の人気は盤石です。そんな中、派手さに欠けますが、NYダウ指数をポートフォリ ...

blank

米国株式

iFree S&P500の運用コストと評価

2020/5/26  

インデックスファンドは人気を獲得するのが難しい金融商品です。同じ指数をベンチマークにしていても、早く設定して人気を獲得し、先行者利益を得ながら純資産総額を増やした商品もあれば、後発商品にあっさり抜かれ ...

blank

米国株式

S&P500にはNASDAQ100がほぼ丸ごと含まれています

2020/5/15  

最近NASDAQ100の注目度が上がっています。今回の株価暴落での下落率が低く、回復も速いから、と言うのが理由です。次は2020年年初からの、QQQトータルリターン(NASDAQ100指数に連動)とV ...

blank

米国株式

VT、VTI、VOOのデメリットを分かりやすく解説します

2020/5/12  

近年はインデックスファンドの選択肢が増え、信託報酬の低廉化が進み、少額投資非課税制度が充実したことで、VTやVTIやVOOなどの米国籍ETFを自分で買わなくても良くなってきました。海外ETFが好きだと ...

blank

米国株式

NYダウインデックスの大量購入は収まったようです

2020/5/6  

株価暴落に、NYダウインデックスファンドが大量に買われていました。どう考えても不自然でした。 個人事業主が節税してインデックス投資暴落でNYダウインデックスが大量購入されていますhttps://sec ...

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER