米国株式

iFreeレバレッジNASDAQ100の運用コストと評価

NASDAQ100が現在のように注目されるようになったのは2019年12月以降ですが、iFree NEXT NASDAQ100が設定されたのは2018年8月でした。そして2ヶ月後には2倍ブル型であるiFreeレバレッジNASDAQ100が登場しました。

レバレッジ型ファンドには否定的な見方をする人もいるようですが、その高いリスクを許容できる人には、iFreeレバレッジNASDAQ100は魅力的な商品のはずです。

iFreeレバレッジNASDAQ100

2018年10月19日に税抜き信託報酬0.9%で設定されました。高いですね。レバレッジのかかっていないiFree NEXT NASDAQ100の税抜き信託報酬は0.45%ですからぴったり2倍です。

また購入時手数料税抜き2.0%が設定可能です。でも最近の投資信託の購入時手数料を無料化する流れのおかげで、証券会社を選べばノーロードになりました。

楽天証券では次のように案内されています。(赤枠で囲ったのは僕です。)

楽天証券ではすべてのファンドが買付手数料無料

引用:楽天証券

でも、ブル・ベア型ファンドで買付手数料がゼロになると、投機的売買、短期売買を促進してしまう側面は否定できないでしょう。ブル・ベア型ファンドはそもそも、原理的に長期投資に向かないので(そのように考えない人もいますが)、受益者の中には短期売買をする人が一定数いる、よって売買比率が高くなるのでそれに伴うコストを受益者全員で負担しているのだということは、理解して投資すべきです。

もちろん、つみたてNISA適格ではありません。

運用コスト

次は運用報告書から計算したトータルコストです。iFreeレバレッジS&P500と比較しています。

iFreeレバレッジS&P500とiFreeレバレッジNASDAQ100のトータルコスト一覧表

運用報告書にある数値を信じるなら隠れコストは0.0631%と低廉です。iFreeレバレッジS&P500同等でした。

でも税抜き信託報酬が0.9%なのでトータルコストが高いことは確かです。が、なんでもかんでもスリムシリーズ並みでないとダメと言うことではありません。その資産クラスの特性、事情、他社商品との競争を含めて判断すべきです。それでも僕は税抜き0.9%は高額で、せいぜい0.6%程度なら良かったのにと思います。

QLD

NASDAQ100でブル型と言えばTQQQ(ProShares社のETF)が超有名です。これは3倍です。2倍はQLDですが、QLDは楽天証券、SBI証券、マネックス証券では買えません。

QLDの経費率は0.95%と高額です。

次はQLDのトータルリターンと、レバレッジのかかっていないQQQのトータルリターンの比較です。QLDが設定された翌年の2007年年初から2020年9月30日までです。

QLDのトータルリターンと、レバレッジのかかっていないQQQのトータルリターンの比較グラフ

赤のラインがQLD、緑のラインがQQQです。株価が上昇できなかった2014年より前はQQQに負けていました。2014年以降の強気相場では凄まじい上昇率ですが、下落率も同様に凄まじいです。この乱高下に耐えられない人はレバレッジ型に手を出してはいけません。

このグラフから、QQQの上昇局面では高いリターンが期待できるものの、下降局面では含み益を急速に溶かしてしまうことが分かります。でもコロナショックによる株価暴落時だってQQQよりプラスだから、長期投資に不向きとは言えないかも知れません。それは原資産の値動き次第ですね。現在絶好調だからと調子に乗ってリスクを取りすぎると、暴落時にひどく後悔するかも知れません。

QLDトータルリターンとiFreeレバレッジNASDAQ100のリターン比較

ではQLDと、iFreeレバレッジNASDAQ100を比較します。iFreeレバレッジNASDAQ100の設定日直後を避けた2018年11月5日から2020年9月30日までです。

QLDトータルリターンとiFreeレバレッジNASDAQ100のリターン比較グラフ

赤のラインがiFreeレバレッジNASDAQ100です。青のラインはリターン差で、iFreeレバレッジNASDAQ100ーQLDトータルリターンです。レバレッジ型であることを考えると、両者にほとんど差はないと言っていいでしょう。

よって、iFreeレバレッジNASDAQ100の運用は期待通りであると判断します。

iFreeレバレッジNASDAQ100とiFree NEXT NASDAQ100のリターン比較

次はレバレッジのかかっていないiFree NEXT NASDAQ100とのリターン比較です。

iFreeレバレッジNASDAQ100とiFree NEXT NASDAQ100のリターン比較グラフ

コロナショックによる株価暴落時には大きく下落しますが、それまでの上昇率が高かったため、iFree NEXT NASDAQ100よりわずかにマイナスになっただけでした。暴落後の回復力も凄まじく、この比較期間だと十分大きな差を付けています。

次はリスク比較です。日々の値動きの2倍を目指すのでリスクは高くなります。これは理屈通りです。

iFreeレバレッジNASDAQ100とiFree NEXT NASDAQ100のリスク比較グラフ

積み立てシミュレーション

ボラティリティーが高い商品は、低い商品よりも積立投資が有利に働くことがあります。基準価額が下落した時により多くの口数を買うことができるからなのですが、条件がひとつあります。解約時の基準価額が比較対象より低くないこと、です。

次はiFree NEXT NASDAQ100とiFreeレバレッジNASDAQ100に、2018年11月から毎月初5万円、積み立て投資をしたシミュレーション結果です。購入時手数料が無料の証券会社を利用している場合です。

iFree NEXT NASDAQ100とiFreeレバレッジNASDAQ100の積み立てシミュレーション結果のグラフ

緑のラインがiFreeレバレッジNASDAQ100です。2020年9月30日における税引き前利益率は、iFree NEXT NASDAQ100が36.8%、iFreeレバレッジNASDAQ100が81.7%でした。NASDAQ100はレバレッジなしでも凄いですが、2倍のレバレッジだととんでもないですね。

でも、これからもこのようにうまく行く保証はありません。

iFreeレバレッジNASDAQ100とiFreeレバレッジS&P500のリターン比較

次は姉妹品の姉であるiFreeレバレッジS&P500とのリターン比較です。

iFreeレバレッジNASDAQ100とiFreeレバレッジS&P500のリターン比較グラフ

赤のラインがiFreeレバレッジNASDAQ100です。この比較期間だと妹(iFreeレバレッジNASDAQ100)に軍配が上がりました。2019年12月以降はNASDAQ100の圧勝なので、こうなりますよね。

売れています

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は300億円です。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

長らく不人気でしたが、2019年12月のブラッククリスマスあたりから突然売れ始めました。この人気の源泉は間違いなくNASDAQ100の驚異的なパフォーマンスです。でも、どうしても危うさを感じてしまいますね。

評価:高コストですが人気があり高評価

iFreeレバレッジNASDAQ100は高コストですが、それは高い信託報酬によるものです。隠れコストは低く、運用は期待通りです。目論見書通りで、高く評価できます。また人気急上昇中で、純資産総額も十分です。もちろん、信託期間は無期限です。

購入時手数料が税抜き2.0%もかかるというデメリットがありますが、現在では証券会社を選べば無料なので、これは気にしなくていいでしょう。

iFreeレバレッジNASDAQ100は、人気のNASDAQ100に2倍のレバレッジをかけて投資したい人にとって、この上なく都合の良い選択肢です。100円から気軽に投資できるインデックスファンドですからね。良い時代になったものです。でもリスクの取り過ぎには注意した方がいいですね。

なお僕はNASDAQ100連動インデックスすら買っていないので、iFreeレバレッジNASDAQ100に手を出すことはありません。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER