米国株式

eMAXIS NASDAQ100の運用コストと評価

人気の組成が分かると同じ組成の商品が続くのは、この業界のあるあるです。インデックスファンドの場合、連動する指数が同じなら、運用コストが安い方が有利であり、後発であってもシリーズの知名度を含めた販売力の高さで逆転することだって可能です。

たとえばS&P500種指数に連動する商品だと、iFree S&P500はスリム米国株式(S&P500)より10ヶ月も早く設定されたにも関わらず、人気を満足に獲得できませんでした。同じようなことは、iFree NEXT NASDAQ100とeMAXIS NASDAQ100でも起こるでしょうか。

更新情報

参照しているデータを最新版に更新しています。

eMAXIS NASDAQ100

2021年1月29日に税抜き信託報酬0.40%で設定されました。iFree NEXT NASDAQ100より0.05%ポイント安く、NZAMベータNASDAQ100と同率です。僕が驚いたのはスリムシリーズではなくてeMAXISシリーズで設定されたことです。どうしてスリムシリーズでないのか、そこには外からは伺い知れない深すぎる理由があるのかも知れません。

  • 購入時手数料、解約時信託財産留保額共にゼロです。
  • 信託期間はもちろん無期限です。
  • 現物株運用です。
  • つみたてNISA適格ではありません。(NASDAQ100指数が指定インデックスではないため、設定から5年以上経過しないとそもそも適格申請できません。)

運用コスト

運用コストは運用報告書が公開されるまでは、基準価額データから推測するしかありません。そしてeMAXIS NASDAQ100は設定されてからまだ2ヶ月しか経っていないので、設定直後の運用の様子しか分かりません。でも、商品によってはとても残念な状態を晒してしまうことがザラにあります。

リターン比較

設定後3ヶ月のリターン比較ですが、様子は分かります。

iFree NEXT NASDAQ100との比較

次はあえてeMAXIS NASDAQ100の設定日から6月4日までの、iFree NEXT NASDAQ100との比較です。

eMAXIS NASDAQ100とiFree NEXT NASDAQ100のリターン比較グラフ、設定日から

赤のラインがeMAXIS NASDAQ100、緑のラインがiFree NEXT NASDAQ100です。青のラインはリターン差で、eMAXIS NASDAQ100ーiFree NEXT NASDAQ100です。

設定直後に青のラインが跳ね上がっているのは、多くの新規設定ファンドに見られる現象(逆方向のことも多い)です。

次は2月2日以降の比較です。グラフのスケールを調整しています。

eMAXIS NASDAQ100とiFree NEXT NASDAQ100のリターン比較グラフ、2月2日から

青のラインはほぼフラットですが、eMAXIS NASDAQ100は設定直後に下がっていますね。このブログでは通常、設定直後の2週間を比較しないことにしているので、これは大目に見てあげましょう。

また、信託報酬差0.05%ポイントを(実際にあるとしても)この比較期間で感じるのは無理ですね。

NZAMベータNASDAQ100との比較

次は2月2日から6月4日までの、NZAMベータNASDAQ100との比較です。

eMAXIS NASDAQ100とNZAMベータNASDAQ100のリターン比較グラフ

青のラインはeMAXIS NASDAQ100ーNZAMベータNASDAQ100です。互角ですね。

インデックスファンドNASDAQ100との比較

次は2月2日から6月4日までの、インデックスファンドNASDAQ100との比較です。

eMAXIS NASDAQ100とインデックスファンドNASDAQ100のリターン比較グラフ

互角ですね。

売れ行きは

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は101億円です。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

設定日に3億円ありましたが、これは運用側による初期投資だと思われます。安定した資金流入が続いていますが、そして設定から4ヶ月でこれだけの資金を集められるのは凄いですが、ラインの形状はあまり良くありませんダラダラとなで肩になる良くない傾向が出ています

次はNZAMベータNASDAQ100とインデックスファンドNASDAQ100もプロットしたものです。

NZAMベータNASDAQ100とインデックスファンドNASDAQ100もプロットしたもの

緑のラインがNZAMベータNASDAQ100、青のラインがインデックスファンドNASDAQ100です。不人気なNZAMベータNASDAQ100をあっさり抜き去っていますね。インデックスファンドNASDAQ100は、信託期間が10年しかないにも関わらず、良く売れています。あのグローバル3倍3分法ファンドで注目された日興アセットマネジメントの営業力の高さゆえでしょうか。

次は現在先行者利益を噛み締めているであろう、iFree NEXT NASDAQ100もプロットしたものです。

iFree NEXT NASDAQ100もプロットしたもの

王者iFree NEXT NASDAQ100の人気は安定しています。eMAXIS NASDAQ100は資金流入が頭打ちになりつつあるので、このままだと追い付けないです。

ネット証券でも普通に買えます

eMAXIS NASDAQ100は現在9社で扱われています。

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • auカブコム証券
  • マネックス証券
  • 松井証券
  • 中銀証券
  • 岡三オンライン証券
  • 百十四銀行
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

eMAXIS NASDAQ100は5大ネット証券でも扱われています。信託報酬はiFree NEXT NASDAQ100より0.05%ポイント安いし、eMAXISシリーズなので選択する、という受益者もそれなりにいることと想像します。でも、iFree NEXT NASDAQ100の人気にはかなわないようです。

これが、eMAXIS NASDAQ100ではなくて、スリム米国株式(NASDAQ100)だったら状況は違っていたかも知れません。

評価:ほぼ期待通りでしょう

設定から4ヶ月の運用状況は、ほぼ期待通りと言っていいと思います。現物株運用であることは、iFree NEXT NASDAQ100よりも評価できます。(iFree NEXT NASDAQ100はまだQQQを2%程度買っています。)

eMAXIS NASDAQ100がiFree NEXT NASDAQ100と比較して、税抜き信託報酬が0.05%ポイント安いだけのリターン差を生み出せるかどうかは、時間の経過を待つ必要があります。現時点では、iFree NEXT NASDAQ100の方がいいと思います。

これがスリム米国株式(NASDAQ100)だったら、この段階でも期待値込みでおすすめしたいところです。それは、スリムシリーズの謳い文句である「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」への期待が大きいからです。でもeMAXISシリーズなので状況はまるっきり違います。

僕はNASDAQ100指数には投資していませんが、eMAXIS NASDAQ100のスリム版の登場を密かに期待しています。でもそうなった時の、eMAXIS NASDAQ100の受益者の落胆ぶりを想像すると、すごく残念な気持ちになりますね。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER