米国株式

iFree NEXT NASDAQ100とQQQではどちらが有利ですか?

NASDAQ100指数に投資する場合、海外ETFを自分で買うデメリットが気になるなら、iFree NEXT NASDAQ100がおすすめです。が、海外ETFを自分で買うデメリットをいとわないなら、QQQとどちらが良いか悩むかも知れません。

iFree NEXT NASDAQ100とQQQの実際のデータを使ってシミュレーションしました。

QQQ

QQQはインベスコ・パワーシェアーズ・キャピタル・マネジメントが運用するETFです。NASDAQ100指数に連動します。

  • 投資対象の半分強がハイテク企業です。配当金が少なく、キャピタルゲイン(取引価格の上昇)狙いでの投資となります。
  • 経費率は0.20%です。低くはありません。
  • 現在の取引価格は233ドルです。1ドル107円として24,931円です。毎月の予算が5万円なら2株ずつの購入になります。

iFree NEXT NASDAQ100

NASDAQ100指数をベンチマークにするインデックスファンドです。2018年8月31日に設定されました。NASDAQ100に手軽に投資したい人にとってはありがたい存在のはずです。

  • 税抜き信託報酬は0.45%です。ちょっと高めですが、十分許容範囲内だと思います。
  • 解約時信託財産留保額はなく、信託期間は無期限です。
  • 第一期決算期間はほぼQQQを買うだけのインデックスファンドでしたが、現在はQQQの比率を下げ、現物株の比率を上げています。運用に本気を出してきたのかも知れません。

少ない配当金

VT、VTI、VOOなどは年率2%程度(米国課税前)の配当金が期待できますが、QQQの配当金はとても少ないです。

次はQQQとVOO(S&P500種指数に連動するETF)の配当金実績(米国10%課税後)です。

QQQとVOO(S&P500種指数に連動するETF)の配当金実績(米国10%課税後)グラフ

黄色がQQQです。明らかに少ないです。次はこの期間の年平均を求めた表です。

QQQとVOOの配当金の年平均を求めた表

配当金が少ない上に取引価格が高いので、QQQに投資して配当金を再投資するにはかなりの元本が必要になります。

リターンの比較方法

次の条件で比較します。

  • 国内の特定口座での比較です。
  • iFree NEXT NASDAQ100またはQQQを購入する月額予算を5万円とします。
  • iFree NEXT NASDAQ100の運用が安定した2018年10月から毎月初に積み立てします。SBI証券を利用します。
  • 円をドルに転換する為替手数料は4銭とします。購入時手数料は購入代金の0.45%で最低0セント、最高20ドルです。
  • 毎月の購入予算5万円ぴったりにはETFを買えませんが、端数は翌月に回しません。
  • QQQの保有株数に応じてもらえる配当金に10%の米国課税を適用、さらに20.315%の国内課税を適用します。
  • 配当金がQQQの1株の取引価格以上貯まったら、毎月初の積み立て時にまとめてQQQを購入することで配当金の再投資を行います。
  • iFree NEXT NASDAQ100の積み立て金額は、QQQと比較するため、QQQの購入にかかった費用(=購入代金+為替手数料+購入時手数料)とします。
  • 外国税額控除は無視します。

株価暴落開始後はあえて除外し、比較期間は2020年2月20日までとしました。

シミュレーション結果

青のラインは評価額の差で、iFree NEXT NASDAQ100ーQQQです。

毎月の積立額が5万円の場合のシミュレーション結果のグラフ

青のラインは仕組み通り、赤の位置で0.5%あたりからスタートしています。QQQの購入時手数料の負担が重いのです。

青のラインは右肩下がりで推移しています。次の理由により、この傾向は比較期間が長くなっても続くと思われます。

  • iFree NEXT NASDAQ100の運用コストはQQQより大きいです。
  • iFree NEXT NASDAQ100の配当金再投資効率はインデックスファンドゆえに高いわけですが、配当金の利率が低いのでVOOやVTIと比べるとリターン向上への寄与度が低いです。

積立額が5万円程度ならiFree NEXT NASDAQ100で良いと思います。

毎月の積立額が100万円の場合

次は積立額を5万円から100万円に増額した場合のシミュレーション結果です。

毎月の積立額が100万円の場合のシミュレーション結果のグラフ

100万円になると購入時手数料の負担率が減るため、青のラインが低い位置から開始しています。そして右肩下がりの角度が急に(購入時手数料によるロスが減るため)なっています。

毎月100万円積み立てでき、かつ、QQQを自分で買うデメリットが気にならないなら、QQQの方が有利と言えます。

1,000万円一括投資した場合

では比較期間の最初に1,000万円を一括投資したらどうなるでしょうか。QQQの追加購入は貯めた配当金が1株の取引価格以上になった時だけ行います。

1,000万円一括投資した場合のシミュレーション結果のグラフ

1,000万円になると購入時手数料の負担率がさらに減るため、青のラインがより低い位置から開始しています。そして右肩下がりの角度がより急になっています。

QQQに1,000万円一括投資してガチホでき、QQQを自分で買うデメリットが気にならないなら、QQQの方が有利と言えます。

なお、1,000万円を一括投資して、この比較期間で再投資できたのは3株でした。

結論:長期投資を前提とするならQQQの方が有利

長期投資を前提とするならQQQの方が有利です。その理由です。

  • 現在は取引手数料の下限が撤廃されているので、毎月の予算が5万円で2株しか買わない少額取引であっても「手数料負け」しなくなりました。
  • 購入時手数料は購入額に大して1回しかかかりませんが、iFree NEXT NASDAQ100の信託報酬+隠れコストは保有資産全体に常時かかります。この負担が重いです。
  • そのため、保有資産額が増えるにしたがって、QQQの方が有利になります。

ただし、くどいようですが、これはQQQを自分で買うデメリットが気にならない場合は、です。iFree NEXT NASDAQ100の、相対的に高い運用コストを、その圧倒的な利便性を享受するためのコストだと割り切って、iFree NEXT NASDAQ100を選択するという考え方もあるでしょう。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER