【検索語チェッカー】Google Cloud Platformで行う作業

検索語チェッカーを利用する上でおそらく最もめんどうな手続きが、Google Cloud Platformで行う作業です。

この作業が必要な理由

検索語チェッカーはAPIを使ってあなたのサーチコンソールデータにアクセスします。このAPIは無料で利用できますが、あなたのサーチコンソールデータにアクセスするための権限を付与する必要があります。そのために検索語チェッカーに教えるクライアントIDとクライアントシークレットを入手します。その一連の手順を解説しています。

ログイン

Google Cloud Platformにログインします。必ずGoogle Search ConsoleにログインするGoogleカウントを使ってください。

そのGoogleアカウントでGoogle Cloud Platformに始めてログインした際には次のダイアログが表示されます。

利用規約に同意して次に進みます。

プロジェクトの作成

Google Developers Consoleにログインしたらプロジェクトを作成します。

次の画面でプロジェクト名を入力して「作成」を選択します。

その後、次のようなエラー表示になっても無視していいです。

APIの有効化

「ライブラリ」を選択します。

次の画面に遷移します。

「Search Console」と入力します。対象のAPIが表示されるので、「Google Search Console API」を選択します。

次の画面で「有効にする」を選択します。

APIを有効化できると次の画面に遷移します。

認証情報の作成

続いて「認証情報を作成」を選択します。このボタン、見つからない時は右端にあります。

次の画面で赤枠の内容通りに選択してから「次へ」を選択します。

次の画面で、アプリ名を「検索語チェッカー」にします。ユーザーサポートメールは、自分自身のアカウントを選択します。これはなんでもいいです。

デベロッパーのメールアドレスも入力が必要ですが、この場合デベロッパーとはあなたのことを指しますので、自身のメールアドレス(任意)を入力します。

「保存して次へ」を選択します。

次の画面には入力が必要な項目はないので、単に「保存して次へ」を選択します。

次の画面で「デスクトップアプリ」を選択し、名前に「検索語チェッカー用」と入力します。「作成」を選択します。

次の画面では単に「完了」を選択したのでいいです。

 

「認証情報」を選択し、「検索語チェッカー用」をクリックします。

次の画面で表示されるクライアントIDとクライアントシークレットをテキストファイルなどにコピペします。この2つを検索語チェッカーで使用します。

クライアントIDとクライアントシークレットはメニューの「認証情報」からいつでも確認できます。

お疲れ様でした。

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER