米国株式

iFree S&P500の運用コストと評価

インデックスファンドは人気を獲得するのが難しい金融商品です。同じ指数をベンチマークにしていても、早く設定して人気を獲得し、先行者利益を得ながら純資産総額を増やした商品もあれば、後発商品にあっさり抜かれてしまい、先行した旨味は全くなかった商品もあります。

iFree S&P500は、スリム米国株式に10ヶ月先行したにも関わらず、人気の獲得に失敗してしまった残念な商品です。この世界の競争は厳しく、残酷です。

意欲的だったiFree S&P500の信託報酬

iFree S&P500は2017年8月31日に設定されました。税抜き信託報酬は0.225%で、設定来変わっていません。当時としては十分意欲的な設定でした。MSCIコクサイに連動するスリム先進国株式の税抜き信託報酬が0.20%、iFree 外国株式が0.21%だった時代です。

でも、その1ヶ月後にとんでもない商品が登場します。楽天全米株式です。VTIの経費率を含む税抜き信託報酬は驚異の0.16%でした。楽天全米株式のベンチマークはS&P500ではないので、同列での比較はできませんが、米国株式インデックスファンドの話題を全部持って行かれた印象です。

もし、iFree S&P500が即座に税抜き信託報酬を0.16%に引き下げていたら、米国株式インデックスの現在の勢力図はずいぶん違っていたかも知れません。

運用コスト=信託報酬+隠れコスト

運用コスト(トータルコスト)は信託報酬と隠れコストの合計です。隠れコストは運用報告書にある数値から計算しますが、必ずしもすべてのコストが記載されるわけではありません。

次はiFree S&P500とスリム米国株式のトータルコスト比較です。

iFree S&P500とスリム米国株式のトータルコスト比較表

iFree S&P500の第一期決算期間の隠れコストは高かったのですが、第二期になって大幅に削減されました。

iFree S&P500の第一期と第二期のトータルコスト比較表

次は隠れコストの明細です。

隠れコストの明細表

削減が目立つ項目を青字にしています。

iFree S&P500のトータルコストは、スリム米国株式にはかないませんが、十分低水準です。

S&P500のベンチマーク

スリム米国株式と同じマザーファンドを利用するETFである「MAXIS米国株式(S&P500)上場投信」の指数データを、S&P500のベンチマークとして参照します。指数は3種類ありますが、課税後の配当金を再投資したネットトータルリターンを「ベンチマーク」として使用します。

iFree S&P500とベンチマークのリターン比較

次はiFree S&P500の設定日直後を避けた、2017年9月15日から2020年4月30日までの、ベンチマークとのリターン比較です。

iFree S&P500の設定日直後を避けた、2017年9月15日から2020年4月30日までの、ベンチマークとのリターン比較グラフ

青のラインはリターン差で、iFree S&P500ーベンチマークです。期待値は右肩上がりでの推移なんですが、比較期間の最初は右肩下がりになっています。これはその時期高コストだったか、運用上の問題でリターンが劣化したためと思われます。こういうことは、設定直後のファンドでは珍しくありません。

次は運用が安定したと思われる2018年2月13日から、株価暴落が開始する直前の2020年2月20日までの比較です。

2018年2月13日から、株価暴落が開始する直前の2020年2月20日までの比較グラフ

この期間の青のラインの推移は期待通りです。

スリム米国株式の方が低コスト

スリム米国株式の運用が安定した、2018年11月12日から、株価暴落開始前の2020年2月20日までで、iFree S&P500とスリム米国株式の、ベンチマークとの比較をします。

次はiFree S&P500とベンチマークの比較です。

2018年11月12日から、株価暴落開始前の2020年2月20日までの、iFree S&P500とベンチマークの比較グラフ

次はスリム米国株式とベンチマークの比較です。グラフのスケールは同じです。

2018年11月12日から、株価暴落開始前の2020年2月20日までの、スリム米国株式とベンチマークの比較グラフ

青のラインの傾きは、トータルコストの大きさを示しています。傾きが小さい=トータルコストが高いです。明らかに、スリム米国株式の方がトータルコストは低いことが分かります。

また、iFree S&P500は青のラインの暴れが大きいです。これは、iFree S&P500の現物株運用比率が低いためだと考えています。

iFree S&P500は現物株運用ではありません

iFree S&P500の目論見書には次のように書かれています。太字にしたのは僕です。

ベンチマークであるS&P500指数(円ベース)への連動をめざしたポートフォリオを構築します。また、運用の効率化を図るため、米国株式の指数との連動をめざすETF(上場投資信託証券)、米国株式の指数との連動をめざす株価指数先物取引を利用することがあります。

引用:目論見書

これは、現物株だけでなく、ETFも売買しますよ、と言っています。そのETFとはS&P500種指数に連動する、ブラックロック社のIVVです。

次はETF比率の推移です。

ETF比率の推移表

大きく変動しています。グラフにプロットすると傾向がつかめます。

ETF比率の推移グラフ

ETFを買い増しし、ある比率を超えたら売却、再度買い始めているように見えます。

目論見書に明記されていることなので、現物株とETFの併用自体は問題ありません。が、ベンチマークとの比較結果に見られる「暴れ」が、ETFとの併用に起因しているとすると、ちょっと残念です。

なお、スリム米国株式は現物株運用で、ETFは買っていません。SBIバンガードS&P500は、VOOを買うだけのインデックスファンドで、現物株は買っていません。

IVVの経費率の扱い

SBIバンガードS&P500の税抜き信託報酬は、信託報酬0.058%+VOOの経費率0.03%で構成されます。楽天全米株式の税抜き信託報酬は、信託報酬0.12%+VTIの経費率0.03%です。

ところが、iFree S&P500の税抜き信託報酬は、信託報酬0.225%とあるだけで、IVVの経費率は出てきません。IVVの経費率は0.04%ですが、第二期決算期間のIVVの平均比率は20.1%でしたので、ざっくり0.008%をIVVの経費率で負担していたことになります。

細かいことですが、このことも含めて、iFree S&P500を評価するのが良いでしょう。僕は、IVVを併用しないで、現物株運用とした方がいいと思うのですが、現在の人気(売れ行き)ではとてもそんな気にはなれないでしょうね。

iFree S&P500とスリム米国株式のリターン比較

次はスリム米国株式の運用が安定した、2018年11月12日から、株価暴落開始前の2020年2月20日までの、iFree S&P500とスリム米国株式のリターン比較です。

2018年11月12日から、株価暴落開始前の2020年2月20日までの、iFree S&P500とスリム米国株式のリターン比較グラフ

青のラインはスリム米国株式ーiFree S&P500です。右肩上がりで推移しているので、やはり、スリム米国株式の方がトータルコストが安いです。

が、スリム米国株式の税抜き信託報酬が0.088%に引き下げられた、2019年11月12日以降で比較すると、びっくりします。

2019年11月12日から、株価暴落開始前の2020年2月20日までの、iFree S&P500とスリム米国株式のリターン比較グラフ

右軸のスケールは同じです。青のラインはフラットなので、奇妙なことですが、直近ではiFree S&P500とスリム米国株式のトータルコストは変わらないことになります。

でも、超ローコスト投信のリターン比較でリターン差が変動するのは普通に観測されます。今後どのような推移をするか、とても気になります。

Fund of the Yearの順位

次はiFree S&P500とスリム米国株式の、Fund of the Yearの順位です。スリム米国株式は2018年度から対象です。

iFree S&P500とスリム米国株式の、Fund of the Yearの順位表

選外というのは21位以降だったということです。10ヶ月遅れて登場したスリム米国株式との違いが、競争の厳しさを表しています。

Fund of the Yearはごく限られた投資家の投票結果であり、一般の受益者の動向と同じではありません。でもこの結果と、純資産総額の伸びから受ける印象は一致しています。iFree S&P500は、チャンスはあったのに、人気の獲得ができなかった残念な商品です。

不人気です

次はiFree S&P500とスリム米国株式の、設定来の資金流出入額の累計の推移です。iFree S&P500純資産総額は111億円、スリム米国株式は974億円です。

iFree S&P500とスリム米国株式の、設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

人気の違いは明らかです。資金を10億円集められないファンドが掃いて捨てるほどある中、111億円は決して少ない金額ではありません。しかし、米国株式インデックス、それもS&P500種指数連動でこの人気なのは厳しいです。

次はiFree S&P500だけをプロットしたものです。

iFree S&P500の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

黄色に塗った期間は資金流入がほぼなく(流入ー流出がほぼゼロ)、頭打ちになっていました。が、その後上昇傾向に回復しています。でも伸び率が低いです。

評価:iFree S&P500より有利な選択肢があります

現状、スリム米国株式の方がトータルコストが安く、人気(純資産総額)に圧倒的な差があることから、iFree S&P500を選択するのは経済的に合理的と言えません。S&P500種指数に投資する場合、SBIバンガードS&P500も候補になりますが、現状ではスリム米国株式の方が有利だと判断しています。将来的にはSBIバンガードS&P500は良い選択肢になると予想していますが、残念ながら、iFree S&P500にそのチャンスはもうやって来ない気がしています。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER