米国株式

SBIバンガードS&P500(SBI VOO)の運用コストと評価

SBIバンガードS&P500は、バンガード社のETFであるVOOを買うだけのインデックスファンドです。そのため、SBIバンガードVOOまたはSBI VOOと呼ばれることもあります。VOOを自分で買う場合に生じるデメリットを解消してくれる代わりに、SBIアセットマネジメントが徴収する運用コストを負担しなければなりません。その運用コストは、信託報酬と隠れコストから構成され、毎営業日、純資産から天引きされます。

でもその運用コストがクセモノです。

更新情報

  • 第一期運用報告書の内容を反映させました。SBIアセットマネジメントに確認した結果、間違った記述を訂正しています。
  • 参照しているデータを最新版に更新しています。

SBIバンガードS&P500の衝撃的デビュー

SBIバンガードS&P500が、税抜き信託報酬0.088%という衝撃的な安さで設定されると発表されたのは、2019年8月27日でした。当時、楽天全米株式とスリム米国株式の税抜き信託報酬は0.15%でした。ニッセイ外国株式とスリム先進国株式の税抜き信託報酬は0.0999%でした。

設定日は2019年9月26日ですが、その前の14日間(8営業日)に事前募集を実施し、16.38億円を集めました。(そのうちいくらかはSBIアセットマネジメントによる初期投資の可能性があります。)資産10億円を集められないファンドがゴロゴロあることを考えると、素晴らしいスタートを切ったと言えます。

設定後も高い人気を獲得し、順調に売れています。が、残念ながら運用コストは期待値より高いです。削減努力が必要です。

SBIバンガードS&P500の運用コスト(実質コスト)を推測する方法

SBIバンガードS&P500はVOOを受益者に代わって買います。その価格はVOOの終値です。また、VOOから年4回配当金が出ますが、それを国内課税なしで再投資します。

次の手順でVOOトータルリターンを生成します。

  • 2011年1月5日に10,000円でVOOを買ったことにします。扱う株数は「端株数」です。つまり、VOOの取引価格が9,500円なら1.0526株買ったことになります。
  • 配当金が出たら米国での10%課税後のドルを再投資します。税引き後の配当金でVOOを端株数で買うのです。そうして保有株数を増やします。保有株数が増えるのは配当金を再投資した時だけです。
  • 円をドルに替える為替手数料もVOOの購入手数料もゼロとします。
  • 評価額は円換算して求めます。
  • 評価額の推移を指数化します。

たとえると、河童証券がVOOを買うだけのインデックスファンドを運用して、配当金の再投資までしますが、信託報酬も隠れコストもゼロ円の場合の基準価額の推移を生成するようなものです。そのため、このトータルリターンは現実にはありえない仮想的なものです。

これとSBIバンガードS&P500の基準価額の推移を比較することで次のコストの総和が推測できます。(VOOの経費率を除きます。)

  • 純資産から毎営業日天引きされている信託報酬。
  • 運用報告書に記載される、隠れコストと呼ばれる、信託報酬以外のコスト。売買委託手数料、有価証券取引税、監査費用、保管費用など。
  • SBIバンガードS&P500がコストとは認識しないものの、運用で生じたロス。たとえば純資産の一部を現金で保有したことによる機会損失。

信託報酬、隠れコスト、ETFの経費率を合算したものは、実質コストとも呼ばれます。この記事では実質コスト=トータルコストです。

反論歓迎です。

VOOトータルリターンとの比較

前フリは要らないって方はここまで飛ばして下さい。

次はあえてSBIバンガードS&P500の設定来の、VOOトータルリターンとの比較です。右端は2020年4月末です。

SBIバンガードS&P500の設定来のVOOトータルリターンとの比較グラフ

青のラインはVOOトータルリターンーSBIバンガードS&P500です。赤く塗った、株価暴落開始後はリターン差から運用コストを推測できないので、除外します。

問題は、設定直後の黄色に塗った期間です。大きく落ち込んでいますが、これはVOOトータルリターンよりSBIバンガードS&P500の方がリターンが高かったことを示しています。いやいや、そんなの理論的に不可能でしょ。

VOOの配当金の扱い

次はVOOトータルリターンと取引価格の2019年年初からの比較です。右端は2020年1月末です。

VOOトータルリターンと取引価格の2019年年初からの比較グラフ

青のラインが階段状になっているところで配当金が出ています。VOOトータルリターンは配当金を再投資しているため、リターンが上昇します。

次は9月26日頃を拡大したものです。河童証券は9月27日に配当金を再投資しています。

9月26日頃を拡大したグラフ

SBIバンガードS&P500の設定日は9月26日ですが、その日は配当金の権利落ち日なので、おそらく27日に配当金をもらっていると思われます。それを確かめる方法があります。

次はSBIバンガードS&P500とVOOの取引価格の比較です。

SBIバンガードS&P500とVOOの取引価格との比較グラフ

青のラインは9月27日に約0.5%ポイント跳ね上がっています。配当金が純資産に取り込まれた動かぬ証拠です。配当金の権利落ち日に設定して翌日ちゃっかり配当金をもらっていたわけです。いや、別に批判しているわけではありません。謎解きしているだけです。

SBIバンガードS&P500の運用コストを推測

次はSBIバンガードS&P500の設定直後を避けた、2019年10月16日から2020年11月30日までの、VOOトータルリターンとSBIバンガードS&P500の比較です。

2019年10月16日から2020年11月30日までの、VOOトータルリターンとSBIバンガードS&P500の比較グラフ

青のラインはVOOトータルリターンーSBIバンガードS&P500です。右肩上がりの傾きは、SBIバンガードS&P500の運用コストの大きさを示しています。

次は同じ期間における、VTIトータルリターンと楽天全米株式の比較です。グラフのスケールは同じです。

2019年10月16日から2020年11月30日までの、VTIトータルリターンと楽天全米株式の比較グラフ

巨大なトゲは無視して下さい。青のラインの傾きがずいぶん小さいです。このことから、SBIバンガードS&P500固有の運用コストは、間違いなく楽天全米株式より大きいと推測できます。僕には他の説明が思い付きません。

次はコロナショックによる株価暴落前までを切り出したものです。

2019年10月16日から2020年2月20日までの、VOOトータルリターンとSBIバンガードS&P500の比較グラフ

次はVOOトータルリターンの運用コストを年率0.60%ポイント増量したものとの比較です。

VOOトータルリターンの運用コストを年率0.60%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。次はコロナショックによる株価暴落から回復途上の、2020年4月1日から、第一期決算期間終了日の9月14日までを切り出したものです。

2020年4月1日から、第一期決算期間終了日の9月14日までを切り出したグラフ

次はVOOトータルリターンの運用コストを年率0.55%ポイント増量したものとの比較です。

VOOトータルリターンの運用コストを年率0.55%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。この比較結果から、控え目に見ても、SBIバンガードS&P500固有の運用コストは年率0.55%あると推測できます。

ちなみに、同一期間における楽天全米株式とVTIトータルリターンの比較で必要だったコスト増量分は、暴落前が0.21%ポイント、暴落後が0.42%ポイントでした。

第一期決算期間のトータルコスト予想

SBIバンガードS&P500固有の運用コストの推測値が0.55%なので、VOOの経費率0.03%を加えた0.58%が税込みトータルコストとなります。本当だったらがっかりですね。

第一期運用報告書が公開され、公式な数値が分かりました。驚愕の超低コストでした。

運用コスト

次は第一期運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。

第一期運用報告書から計算したトータルコスト表

隠れコストが異様に安いです。次は隠れコストの明細です。

隠れコストの明細表

気になっていた売買委託手数料がゼロです。SBIバンガードS&P500は、売買委託手数料と有価証券取引税が計上されていません。

運用報告書ではこうなっています。

次はSBIバンガードS&P500と同様の運用をしている、楽天全米株式の隠れコストの3期比較です。

楽天全米株式の隠れコストの3期比較表

楽天全米株式(と楽天全世界株式)の第一期決算期間は売買委託手数料が高額で、多くの人をがっかりさせました。が、第二期、第三期は大幅な削減ができています。

次はSBI全世界株式の隠れコストの2期比較です。

SBI全世界株式の隠れコストの2期比較表

SBI全世界株式が計上していて、SBIバンガードS&P500が計上していない理由をSBIアセットマネジメントに問い合わせました。

  • VOOをブローカーではなくて、マーケットメーカーから買っているので、売買委託手数料は発生しません。
  • 第一期は資金流入が続いたので、SBIバンガードS&P500を売っていません。そのため有価証券取引税は発生していません。

とのことでした。よって、計上されていないのは適切です。この運用報告書を不誠実だとしたのは僕の間違いでした。お詫びして訂正します。申し訳ございませんでした。

でも、トータルコストが運用報告書通り0.11%程度だとすると、実際の基準価額とVOOの取引価格などから計算したトータルリターンとの差の説明ができません。僕の推測だとトータルコストは税込み0.58%近くにもなります。このことについても問い合わせましたが、分からないとのことでした。なお、マーケットメーカーからも、VOOの終値で買っているとの説明でした。

スリム米国株式(S&P500)との比較

次はスリム米国株式(S&P500)とSBIバンガードS&P500のリターン比較です。スリム米国株式(S&P500)が税抜き信託報酬を0.088%に引き下げた2019年11月12日から2020年11月30日までです。

スリム米国株式(S&P500)とSBIバンガードS&P500のリターン比較グラフ

青のラインはスリム米国株式(S&P500)ーSBIバンガードS&P500です。このスケールだと変動が激しいですが、傾向としては右肩上がりです。これはSBIバンガードS&P500のリターンは、スリム米国株式に負けていることを示しています。

S&P500ベンチマークとの比較

スリム米国株式と同じマザーファンドを利用するETFである「MAXIS米国株式(S&P500)上場投信」の指数データを、S&P500のベンチマークとして参照します。指数は3種類ありますが、課税後の配当金を再投資したネットトータルリターンを「ベンチマーク」として使用します。

次はベンチマークとSBIバンガードS&P500の比較です。スリム米国株式(S&P500)が税抜き信託報酬を0.088%に引き下げた2019年11月12日から2020年11月30日までです。

ベンチマークとSBIバンガードS&P500の比較グラフ

青のラインはSBIバンガードS&P500ーベンチマークです。

次はベンチマークとスリム米国株式(S&P500)の比較です。

ベンチマークとスリム米国株式(S&P500)の比較

青のラインの傾きが大きい方が、パフォーマンスが高い(運用コストが低い)です。

次はSBIバンガードS&P500の運用コストを年率1.4%ポイント増量したものとの比較です。右軸のスケールを拡大しています。

SBIバンガードS&P500の運用コストを年率1.4%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。次はスリム米国株式(S&P500)の運用コストを同じだけ増量したものとの比較です。

スリム米国株式(S&P500)の運用コストを年率1.4%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはまだわずかに右肩上がりです。つまり、増量し足りません。次は年率1.5%ポイント増量したものとの比較です。

スリム米国株式(S&P500)の運用コストを年率1.5%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。この検討結果からも、スリム米国株式(S&P500)の方がSBIバンガードS&P500よりリターンが高い(より低コストである)と言えます。ただし、これは比較対象がS&P500ベンチマークであることに注意してください。

SBIバンガードS&P500の宿命

マニアックな話はいいやって方はここまで飛ばして下さい。

VOOのベンチマークはS&P500種指数ですが、VOOはETFなので、その取引価格は売買を要因として変動します。株価暴落時にはとんでもなく変動しました。つまり、取引価格の変動を要因として、ベンチマークから乖離しますが、これはSBIバンガードS&P500の宿命であり、非難されるべきことではありません。スリム米国株式のように、503銘柄もの現物株を売買しなくていい代わりに、VOOだけを売買すれば良いというメリットと引き換えに、受け入れるべき制約です。(メリットがあるのは運用側ですが、運用がシンプルなだけ、低コスト化しやすいと思われます。)

このことを無視して、スリム米国株式とSBIバンガードS&P500のリターン比較をすると、トンチンカンな解釈をしてしまいます。

^SP500TRとVOOの取引価格の比較

次はティッカーシンボル^SP500TRでダウンロードできる、S&P500トータルリターンと、VOOの取引価格(配当無視、円変換後)の比較です。

S&P500トータルリターンとVOOの取引価格の比較グラフ

青のラインは^SP500TRーVOOです。赤の矢印の位置で階段状になっているのは、^SP500TRが配当金を再投資したのに、VOOはしていないからです。そして、黄色の丸で囲ったところは大きく暴れています。ひと目盛り0.5%ポイントです。青の矢印の位置で再度配当金を再投資しており、暴れを無視すると段差ができていることが分かります。

この大きな暴れの要因が、次のどちらか一方なのか、組み合わせなのかは分かりません。

  • VOOの運用が、ベンチマークから乖離した。
  • VOOの取引価格が、市場取引の結果大きく変動した。

どちらにしても、SBIバンガードS&P500がVOOを買った時点ですでに、ベンチマークから乖離しています。これは、SBIアセットマネジメントがコントロールできることではありません。

株価暴落開始後のリターン比較に注意

次はスリム米国株式とSBIバンガードS&P500の、2019年10月16日から2020年8月31日までの比較です。

スリム米国株式とSBIバンガードS&P500の、2019年10月16日から2020年8月31日までの比較グラフ

青のラインが暴れています。投資ブログで良く見かけますが、ある日とある日の基準価額をつまんで比較する方法は危険なことが分かります。

また、赤の丸で囲ったところでリターン差が開いています。(スリム米国株式の方がリターンが高く、傾向は右肩上がりです。)

スリム米国株式だって株価暴落の影響を受けています

次はスリム米国株式(S&P500)の設定来の、S&P500ベンチマークとのリターン比較です。右端は2020年8月28日です。

スリム米国株式(S&P500)とS&P500ベンチマークのリターン比較グラフ

株価暴落開始の影響を受けていますが、4月以降は株価暴落開始前と変わらない運用であることが分かっています。

Fund of the Yearの順位

次はSBIバンガードS&P500とスリム米国株式の、Fund of the Yearの順位です。SBIバンガードS&P500は2019年度から対象です。

SBIバンガードS&P500とスリム米国株式の、Fund of the Yearの順位表

投票期間は11月の1ヶ月間でした。スリム米国株式がSBIバンガードS&P500に対抗して、税抜き信託報酬を0.088%に引き下げることは10月15日に発表されていました。よって、この投票結果は、スリム米国株式が対抗値下げしたことを評価した証左だと思います。

僕は、SBIバンガードS&P500はもっと善戦すると思っていたので、この投票結果は意外でした。

売れていますが、スリム米国株式にはかないません

SBIバンガードS&P500はS&P500インデックスファンドで後発組ですが、人気の獲得に成功して売れています。でも、ライバルであるスリム米国株式にはかないません。

次はSBIバンガードS&P500とスリム米国株式の、設定来の資金流出入額の累計の推移です。SBIバンガードS&P500の純資産総額は915億円、スリム米国株式は2,032億円です。(2020年11月30日時点)

SBIバンガードS&P500とスリム米国株式の、設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

赤のラインのSBIバンガードS&P500は事前募集より設定日の純資産総額が16億円あったので、左端が少し浮いています。順調に資金を集めていますが、スリム米国株式はそれを凌ぐペースで推移しています。

11月30日からの直近90日間における、資金流出入額の累計はこうでした。

  • SBIバンガードS&P500:225.41億円
  • スリム米国株式:475.80億円

SBIバンガードS&P500の人気は凄いですが、スリム米国株式はさらに凄いです。

楽天証券では買えません

現在、SBIバンガードS&P500を販売しているのは次の6社です。

  • auカブコム証券
  • SBI証券
  • SMBC日興証券
  • マネックス証券
  • 佐賀銀行(つみたてNISAのみ)
  • 岡三オンライン証券

でもポイントサービスを考えるとSBI証券一択ですね。

残念ながら、楽天証券では買えません。2019年10月に楽天証券に取り扱いを聞いた時にもらった回答はこうでした。

恐れ入りますが、お問合せの「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」につきましては、現在、あいにく弊社では取り扱い予定がございません。

2020年7月に再度同じ質問をしたのですが、もらった回答は同じ文章でした。

これは楽天証券側の事情によるものでしょうかね。

iDeCoでの取り扱いはありません

iDeCoでは、お気に入りのファンドが買える金融機関を探さないといけないのが実情ですが、SBIバンガードS&P500を扱っている金融機関はありません。

評価:運用報告書から計算した運用コストは驚異的な安さです

SBIバンガードS&P500の運用報告書から計算した運用コストは、税込み0.11%程度と驚異的な安さです。が、楽天全米株式や楽天全世界株式で実績のある方法で推測したトータルコストは、税込み0.58%程度にもなります。それは1年間の傾向を見た上での推測です。その差はありえないほど大きいです。どうしてそうなったのかは分かりません。

スリム米国株式(S&P500)との比較でも、リターンはSBIバンガードS&P500の方が低いです。現実の運用コストが税込み0.11%なら、(半年以上の期間で見た時に)スリム米国株式(S&P500)にリターンで負けるとは思えません。

そのため、評価としてはこうなります。「運用報告書から計算した運用コストは驚異的な安さですが、あらゆるコストが反映された基準価額データからはそうは思えないです。」これをどう評価するかはみなさん次第です。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER