全世界株式

ステートストリート全世界株式の運用コストと評価

日本を含む全世界の株式に、時価総額比で投資する全世界株式インデックスファンドの人気に火を付けたのは、楽天全世界株式です。でも、楽天全世界株式より21日早く設定されたステートストリート全世界株式のことを知っている人は多くはないと思われます。ステートストリート全世界株式のベンチマークは、あのスリム全世界株式(オール・カントリー)と同じです。え、それでどうしてその商品名を聞いた気がしないのか、不思議に思いませんか。

インデックスファンドで人気を獲得するには、ベンチマーク以外に、多くの条件を満たす必要があるようです。中でも、信託報酬は極めて重要です。

ステートストリート全世界株式

2017年9月8日に設定されました。スリムシリーズ第一弾が設定されてから約6ヶ月後、楽天全世界株式が設定される21日前です。ベンチマークは、後にスリム全世界株式(オール・カントリー)が採用することになる、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスです。税抜き信託報酬は0.48%とやる気を感じないものでした。楽天全世界株式の実質的な運営管理費用が税込み0.2296%(設定当時)だったので、注目されなかったとしても不思議ではありません。

ステートストリート全世界株式はつみたてNISA適格ですが、税抜き0.2%を上限に購入時手数料を販社が設定可能(つみたてNISAなら無料)という時代錯誤な設定でした。また、一般的に嫌われる解約時信託財産留保額が0.3%かかります。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。スリム全世界株式(オール・カントリー)と比較しています。

運用報告書から計算したトータルコスト表

隠れコストはオール・カントリーより低いですが、信託報酬が支配的でトータルコストで見ると、ステートストリート全世界株式を買う気が失せてしまいます。

高コストだった第一期

これはインデックスファンドの「あるある」ですが、ステートストリート全世界株式も第一期決算期間は隠れコストが高かったです。次は第一期から第四期のトータルコスト比較です。

第一期から第四期のトータルコスト比較表

第二期で大幅に削減され、第三期以降も改善中です。

次は隠れコストの明細です。

隠れコストの明細表

高い項目を赤字にしましたが、第一期は全体的に高コストでした。

スリム全世界株式(オール・カントリー)とのリターン比較

次はステートストリート全世界株式とオール・カントリーのリターン比較です。オール・カントリーの設定直後を避けた、2018年11月15日から2021年4月2日までです。

ステートストリート全世界株式とオール・カントリーのリターン比較グラフ

青のラインはリターン差で、オール・カントリーーステートストリート全世界株式です。右肩上がりのきれいな直線です。なお、コロナショック時に凹んでいるのは正常です。

次はオール・カントリーの運用コストを年率0.31%ポイント増量したものとの比較です。

オール・カントリーの運用コストを年率0.31%ポイント増量したものとの比較グラフ

コロナショック前の青のラインはほぼフラットになりました。コロナショック後は増量しすぎですね。運用報告書から計算したトータルコスト差は、約0.40%ポイントです。計算上0.09%ポイント合いません。また、コロナショック後は実際のコスト差が縮まっているようです。こうなった理由は分かりません。

不人気です

ステートストリート全世界株式の純資産総額は35億円です。約14ヶ月後に設定されたオール・カントリーが1,374億円なので、勝負あったと言えるでしょう。

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

変動しながらも傾向としては増え続けていますが、増加ペースが遅いです。

オール・カントリーもプロットすると良く分かります。

ステートストリート全世界株式とオール・カントリーの資金流出入額の累計の推移グラフ

オール・カントリーの方が圧倒的に有利なことに気付かない、一定数存在する受益者が今後もステートストリート全世界株式を選択するとしても、この人気の差はステートストリート全世界株式に未来がないことを示しています。

評価:高コストで買う価値ありません

オール・カントリーよりもステートストリート全世界株式を選択する、経済的合理性はありません。ステートストリート全世界株式は、やる気のない(=競争力のない)信託報酬で設定し(しかもノーロードじゃない)、受益者から見事に無視されてしまったようです。でもそれは当然の結果と言えるでしょう。

おすすめの関連記事

-全世界株式

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER