インデックス投資

どれぐらい前から積立投資していたら今回の暴落でも含み益なのですか?【後編】

今回の暴落でも利益率がプラスであるためには、どれぐらい前から積立投資していれば良かったのかを調べました。次の記事では主な資産クラスを代表するインデックスファンドに登場してもらいました。

後編では気になるアクティブファンドにも登場して頂きました。お楽しみ下さい。

セゾングローバルバランス

セゾングローバルバランス

損益分岐点は2016年8月です。

セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン資産形成の達人ファンド

損益分岐点は2015年10月です。セゾングローバルバランスよりも前(古く)であることにちょっと驚きました。

ひふみ投信

ひふみ投信

損益分岐点は2016年4月です。カンブリア宮殿で紹介されて人気に火が付いたのが、2017年2月ですから、カンブリア宮殿後に積立投資始めた人はもれなく含み損です。

世界経済インデックス

世界経済インデックス

損益分岐点は2014年3月です。バランスファンドゆえにラインが寝ています。

SMTAMダウ・ジョーンズインデックス

SMTAMダウ・ジョーンズインデックス

損益分岐点は2016年4月です。

VOOトータルリターン

僕が生成したトータルリターンです。配当金を効率良く再投資できた場合のものになります。

VOOトータルリターン

損益分岐点は2016年11月です。

VTトータルリターン

僕が生成したトータルリターンです。配当金を効率良く再投資できた場合のものになります。

VTトータルリターン

損益分岐点は2014年6月です。

VTIトータルリターン

左端をVTトータルリターンに合わせました。

損益分岐点は2016年7月です。VTより2年余裕があります。これが現実です。

QQQトータルリターン

左端をVTトータルリターンに合わせました。

QQQトータルリターン

QQQはこの暴落での下落率が低いことで知られています。損益分岐点はなんと2019年3月です。あり得ないですね。

SPXLトータルリターン

悪ノリしてしまいました。このグラフだけ縦軸のスケールを変えています。

損益分岐点は2014年1月です。

まとめ:びっくりするほど昔ではない

一覧表にしました。損益分岐点でソートしています。投資対象で大きく変わりますが、びっくりするほど昔からではありません。

シミュレーション結果一覧表

5、6年前から積立投資を継続できていれば、現在でも含み益の可能性が高いですね。でもそれは、積立額が同じ場合であり、途中で増やしている場合は話が変わってきます。

おすすめの関連記事

-インデックス投資

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER