全世界株式

SBI全世界株式の運用コストと評価

日本を含む全世界株式のベンチマークで、つみたてNISAの指定インデックスに認められているのは、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスとFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスの2つです。後者を採用した、つみたてNISA適格商品は2本あります。楽天全世界株式とSBI全世界株式です。

ところがSBI全世界株式の中身は、期待したものとはちょっと違います。

SBI全世界株式

2017年12月6日に設定されました。当時の名前は「EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式」でした。その後「SBI全世界株式」に改名されました。愛称は「雪だるま(全世界株式)」です。

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式の税抜き信託報酬0.142%という意欲的なものでした。その後、税抜き信託報酬を0.104%に引き下げました。

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス

目論見書にはベンチマークが「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」だとあります。それを次の3本のETFを組み合わせることで実現します。設定当初の比率はこうでした。

3本のETFの投資比率1

2019年8月から次の比率に変更されています。

3本のETFの投資比率2

引用:目論見書

でも、この3本のETFをある比率で混ぜて、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスになるのでしょうか。そういうマニアックな話はいいやって方はここまで飛ばして下さい。

国別投資比率比較

国別投資比率を比較するのに、次の資料を参照しました。

  • VTの国別投資割合はこちらから取得しました。
  • SPDR Portfolio Developed World ex-US ETFの国別投資割合はこちらから取得しました。
  • SPDR Portfolio Emerging Markets ETFの国別投資割合はこちらから取得しました。

表が長いので2分割しました。投資比率に大きな違いある行は色を変えてあります。

VTとSBI全世界株式の国別投資割合の比較表1

VTとSBI全世界株式の国別投資割合の比較表2

この違いは許容範囲内なのでしょうか。

本当にこれでいいの?

SBI全世界株式は、3本のETFをある比率で混ぜることで、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動するとしているわけですが、僕はこれには無理があると思っています。ベンチマークはもう少し厳格なものではないでしょうか。

ベンチマークがFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスだと主張したい理由は、おそらく、つみたてNISA適格要件を満たすためでしょう。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。楽天全世界株式と比較しています。

運用報告書から計算したトータルコスト表

SBI全世界株式のトータルコストは(運用報告書にある数値を信じれば)低水準です。ベンチマークが同じなら、ごまかしの効かない基準価額データを比較することで、トータルコストの大小を推測することが可能です。が、SBI全世界株式の場合、楽天全世界株式と比較してもトータルコストの大小を推測できません。それはやってみると分かります。

高コストだった第一期

運用報告書から計算したトータルコストは、第二期に大幅に削減されました。まあよくある話です。珍しくありません。

第一期と第二期のトータルコスト比較表

次は隠れコストの明細です。削減が目立つ項目を青字にしています。

隠れコストの明細表

売買委託手数料と保管費用が大幅に削減されました。

SBI全世界株式と楽天全世界株式のリターン比較

次はSBI全世界株式の設定日直後を避けた、2018年1月4日から2020年5月29日までの、楽天全世界株式とのリターン比較です。

SBI全世界株式と楽天全世界株式とのリターン比較グラフ

青のラインは楽天全世界株式ーSBI全世界株式です。ベンチマークが同じ商品のリターン比較と思えません。

2019年10月までは、SBI全世界株式の方がリターンが高かったです。その後、楽天全世界株式の方が有利に変わりました。これは、時期によって変わると思います。

売れ行きは

次はSBI全世界株式の設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は68.09億円です。

SBI全世界株式の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

いい感じで増やしています。人気が出るとラインが反り返るものです。

楽天全世界株式もプロットしました。

楽天全世界株式とSBI全世界株式の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

緑のラインが楽天全世界株式です。純資産総額は389億円です。楽天全世界株式は遠い存在です。

評価:おすすめしません

楽天全世界株式は、源資産であるVTとのリターン比較から、その運用は安定していることが分かっています。それとのリターン差を示すラインがあのようにうねるということは、SBI全世界株式はベンチマークに忠実ではないことを証明していると思います。それは、組成に使っているETFの国別投資割合が、VTと同じでないことの裏返しです。

ベンチマークへの忠実度を気にしないのであれば、SBI全世界株式を選択してもいいでしょう。なお、運用報告書から計算したトータルコストは、SBI全世界株式の方が安いですが、そのことは判断材料にしない方がいいと思います。

おすすめの関連記事

-全世界株式

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER