インデックス投資

iFreeActiveゲーム&eスポーツの運用コストと評価

iFreeActiveゲーム&eスポーツはゲームとeスポーツに特化した、テーマ型アクティブファンドです。最近はNASDAQ100指数をもアウトパフォームしていますが、トータルコストは引いちゃうくらい高いです。また、信託期間が10年しかなく、長期投資向きではありません。

更新情報

第三期運用報告書の内容を反映させています。

iFreeActiveゲーム&eスポーツ

2018年1月31日に税抜き信託報酬1.11%で設定されました。iFreeActiveシリーズ第一弾の3商品のうちの1本です。日本を含む世界の「ゲームおよびeスポーツ」関連株式に投資するアクティブファンドです。

  • 金融機関によっては購入時手数料(上限税抜き1%)が必要です。
  • 解約時信託財産留保額はゼロです。
  • 現物株運用で、現在、20銘柄に投資しています。
  • 信託期間が10年しかありません。2028年1月に償還されます。最初から長期投資を前提としていません。
  • 複数の条件を満たさないので、つみたてNISA適格ではありません。

投資対象

次は投資対象の選定方針です。

  • テーマに関連すると考えられる企業を投資対象銘柄として選定します。
  • 投資対象銘柄の中から、テーマ関連事業の売上高やテーマ関連事業売上高の総売上高に占める比率の見通し等を勘案し、10~20銘柄程度を組入銘柄として選定します。
  • テーマ銘柄としての代表性や流動性等を考慮し、各銘柄の組入比率を決定し、ポートフォリオを構築します。

引用:目論見書

現在の組入上位10銘柄とその比率です。全体の約70%を占めます。

現在の組入上位10銘柄とその比率表

出典:月次報告書

アメリカと中国で全体の約60%を占めます。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。

運用報告書から計算したトータルコスト表

iFreeActiveゲーム&eスポーツの隠れコストは桁違いに高いです。トータルコストは2%を超えます。ちょっと引いちゃいますね。

次は隠れコストの明細です。高い項目を赤字にしています。

隠れコストの明細表

全体的に高いです。

トータルコストは2%を超えるため、相応の高いパフォーマンスが得られないと割高に感じると思います。なお、僕が探した範囲では、「ゲームおよびeスポーツ」関連株式への投資に特化したファンドは、iFreeActiveゲーム&eスポーツ(とその別販路版)以外に見つかりませんでした。

リターン比較

iFree S&P500との比較

テーマ型ファンドに投資するのですから、S&P500種指数には負けたくないところでしょう。次はiFreeActiveゲーム&eスポーツの設定直後を避けた2018年2月15日から、2021年4月23日までの、iFree S&P500との比較です。

iFreeActiveゲーム&eスポーツとiFree S&P500のリターン比較グラフ

赤のラインがiFreeActiveゲーム&eスポーツ、緑のラインがiFree S&P500です。青のラインはリターン差で、iFreeActiveゲーム&eスポーツーiFree S&P500です。

コロナショックによる株価暴落前は、S&P500に大きく劣後してしていましたが、株価暴落後に急成長しました。

iFree NEXT NASDAQ100との比較

NASDAQ100指数とも比較しました。次はiFree NEXT NASDAQ100の設定直後を避けた2018年9月18日から、2021年4月23日までの、iFreeActiveゲーム&eスポーツとの比較です。

iFreeActiveゲーム&eスポーツとiFree NEXT NASDAQ100のリターン比較グラフ

赤のラインがiFreeActiveゲーム&eスポーツ、緑のラインがiFree NEXT NASDAQ100です。青のラインはリターン差で、iFreeActiveゲーム&eスポーツーiFree NEXT NASDAQ100です。

コロナショックによる株価暴落前は負けていましたが、株価暴落後はあのNASDAQ100指数をアウトパフォームしています。凄いですね。でも直近は差が縮まっています。

パフォーマンスが高いから買う?

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は25.34億円です。なお、グラフからは初期投資と思われる1億円を除外しています。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

株価暴落前は売れていませんでした。高コストなのにS&P500に劣後していたので、無理もありません。株価暴落後に高いパフォーマンスを見せるようになると、急に売れ始めます。それは当然と言えば当然ですね。テーマ型アクティブファンドに投資する以上、求めるのはリターンですからね。

でも基準価額の上昇が止めると、利確されてしまっています。もともと長期投資向きの組成ではないので、そういう売買のされ方をしてもしょうがないですね。いや、長期投資向きの組成であったとしても、似たような結果になったかも知れません。

次はiFree NEXT NASDAQ100の設定来の資金流出入額の累計の推移です。

iFree NEXT NASDAQ100の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

比べることに無理があるとも思いますが、こちらは資金流入傾向が続いています。

評価:ゲームおよびeスポーツ関連株式に投資するなら良い選択肢かも

iFreeActiveゲーム&eスポーツ以外に、ゲームおよびeスポーツ関連株式への投資に特化したファンドは見当たりません。トータルコストは引いちゃうくらい高いものの、個別株に投資する高いリスクを避けたい人にとっては良い選択肢かも知れません。

でも信託期間が10年しかなく、長期投資向きではないので僕の評価は低いです。

コロナショックによる株価暴落後はNASDAQ100指数をも凌駕する高いパフォーマンスを発揮しましたが、直近では失速気味です。このテーマへの投資が大きな利益をもたらしてくれるかどうかは、未来にならないと分かりません。投資するとしてもポートフォリオの一部に留めた方がいいと思います。

おすすめの関連記事

-インデックス投資

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER