インデックス投資

iFreeActiveメディカルデバイスの運用コストと評価

iFreeActiveメディカルデバイスは医療関連機器、技術に特化した、テーマ型アクティブファンドです。でもトータルコストが高い上にNASDAQ100指数に劣後しており、不人気で売れていません。

パフォーマンスで見劣りするテーマ型ファンドは売れないという、ある意味残念な現状の代表格です。

iFreeActiveメディカルデバイス

iFreeActiveシリーズ第一弾の設定から9ヶ月遅れの、2018年10月19日に税抜き信託報酬1.11%で設定されました。日本を含む世界の「医療関連機器、技術等」関連株式に投資するアクティブファンドです。

  • 金融機関によっては購入時手数料(上限税抜き1%)が必要です。
  • 解約時信託財産留保額はゼロです。
  • 現物株運用で、現在、20銘柄に投資しています。
  • 信託期間が10年しかありません。2028年10月に償還されます。最初から長期投資を前提としていません。
  • 複数の条件を満たさないので、つみたてNISA適格ではありません。

投資対象

次は投資対象の選定方針です。

  • テーマに関連すると考えられる企業を投資対象銘柄として選定します。
  • 投資対象銘柄の中から、テーマ関連事業の売上高やテーマ関連事業売上高の総売上高に占める比率の見通し等を勘案し、10~20銘柄程度を組入銘柄として選定します。
  • テーマ銘柄としての代表性や流動性等を考慮し、各銘柄の組入比率を決定し、ポートフォリオを構築します。

引用:目論見書

現在の組入上位10銘柄とその比率です。全体の約60%を占めます。

組入上位10銘柄とその比率表

アメリカが全体の約78%を占めます。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。iFreeActiveゲーム&eスポーツと比較しています。

運用報告書から計算したトータルコスト表

iFreeActiveメディカルデバイスの隠れコストは、iFreeActiveシリーズ最安水準です。それでもローコストインデックスファンドのものよりは1桁高いです。トータルコストは1.8%なので、やはり高いと感じますね。

次は隠れコストの明細です。

隠れコストの明細表

iFreeActiveシリーズは特に保管費用が高いです。

この高いトータルコストに見合うパフォーマンスが期待できるかどうかですね。なお、僕が探した範囲では、「医療関連機器、技術等」関連株式への投資に特化したファンドは、iFreeActiveメディカルデバイス以外には見つかりませんでしたが、医療に近い分野のテーマ型ファンドはそこそこあるようです。

リターン比較

iFree S&P500との比較

テーマ型ファンドに投資するのですから、S&P500種指数には負けたくないところでしょう。次はiFreeActiveメディカルデバイスの設定直後を避けた2018年11月15日から、2021年2月5日までの、iFree S&P500との比較です。

iFreeActiveメディカルデバイスとiFree S&P500のリターン比較グラフ

赤のラインがiFreeActiveメディカルデバイスです。青のラインはリターン差で、iFreeActiveメディカルデバイスーiFree S&P500です。この比較期間だとS&P500をアウトパフォームしています。特にコロナショックによる株価暴落後の伸びは素晴らしいです。

iFree NEXT NASDAQ100との比較

NASDAQ100指数とも比較しました。次は2018年11月15日から2021年2月5日までの、iFreeActiveメディカルデバイスとiFree NEXT NASDAQ100の比較です。

iFreeActiveメディカルデバイスとiFree NEXT NASDAQ100のリターン比較グラフ

赤のラインがiFree NEXT NASDAQ100です。株価暴落前はまあご角でしたが、株価暴落後はiFree NEXT NASDAQ100の方が高パフォーマンスです。

SMT MIRAIndexバイオ・メディカルとの比較

次はSMT MIRAIndexバイオ・メディカルの設定直後を避けた、2019年4月10日から2021年2月5日までの、iFreeActiveメディカルデバイスとの比較です。

iFreeActiveメディカルデバイスとSMT MIRAIndexバイオ・メディカルのリターン比較グラフ

赤のラインがiFreeActiveメディカルデバイスです。株価暴落前はiFreeActiveメディカルデバイスの方が高パフォーマンスでしたが、株価暴落は互角ですね。

次は2020年年初からの比較です。

iFreeActiveメディカルデバイスとSMT MIRAIndexバイオ・メディカルのリターン比較グラフ、2020年年初から

この比較期間だと、SMT MIRAIndexバイオ・メディカルの方がわずかに良いです。

なお、この2商品は対象テーマが微妙に違うことに注意して下さい。

不人気です

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は2.27億円しかありません。なお1億円からスタートしていますが、これは運用側の初期投資と思われます。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

S&P500をアウトパフォームしているものの、NASDAQ100には負けている現状だと、売れてるテーマ型ファンドのようにはなれないってことですね。

評価:メディカルデバイスの未来に賭けるなら良い選択肢かも

メディカルデバイスの未来に賭けたいけど、個別株に投資する高いリスクを避けたい人にとって、iFreeActiveメディカルデバイスは良い選択肢かも知れません。でも現状のパフォーマンスだと、高いトータルコストを負担する価値を認めにくいです。ずっとローコストなiFree NEXT NASDAQ100に負けていますからね。

が、他のテーマ型ファンドのように、iFreeActiveメディカルデバイスも素晴らしいパフォーマンスを発揮するようになると、急激に売れ始めると思われます。その逆もまた然りですが。

おすすめの関連記事

-インデックス投資

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER