米国株式

iFree NYダウの運用コストと評価

iFree NYダウは、つみたてNISA適格でないことを除けば弱点がなく、特定口座で買うなら最良の選択肢です。つみたてNISA適格でないのは、NYダウ指数がつみたてNISAの指定インデックスでないため、設定から5年経過しないと適格申請できないという、厳しい制約によるものですが、もうじき適格申請可能になります。

更新情報

参照しているデータを最新版に更新しています。

iFree NYダウ

2016年9月8日に税抜き信託報酬0.225%で設定されました。以来、信託報酬は引き下げられていません。

iFree NYダウは2021年9月に設定から5年経過し、晴れてつみたてNISA適格申請が可能になります。

また、iDeCoナビによると次の金融機関で扱われています。

  • SBI証券(セレクトプラン)、オリジナルプランは既存顧客のみ利用可
  • 松井証券
  • 信金中央金庫

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。eMAXIS NYダウと比較しています。

運用報告書から計算したトータルコスト表

隠れコストはどちらも驚くほど低水準です。次は隠れコストの明細です。

隠れコストの明細表

投資対象銘柄数が30しかないとこの程度しかかからない、ということかも知れません。

ETFもちょっとだけ買っています

iFree NYダウはDIA(NYダウ指数に連動するETF)を数%ですが買っています。iFree S&P500がIVVを買っているのに似ていますが、iFree S&P500のIVV比率は30%を超えることがあり、現物株運用ではありません。

iFree NYダウのDIA比率は高い時でも5%程度なので、現物株運用と言っていいでしょう。

リターン比較

DIAトータルリターンとの比較

NYダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)に連動するETFにDIAがあります。iFree NYダウはほぼ現物株運用で、DIAの比率は数%ですが、DIAトータルリターンと比較することで運用コストの大小が分かります。

次は2018年年初から2021年7月30日までの、DIAトータルリターンとの比較です。

DIAトータルリターンとの比較グラフ

次はDIAトータルリターンの運用コストを年率0.21%ポイント増量したものとの比較です。

DIAトータルリターンの運用コストを年率0.21%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。コロナショックによる株価暴落時に段差ができていますが、他のリターン比較結果から気にしなくていいと思います。

eMAXIS NYダウとのリターン比較

次はeMAXIS NYダウとのリターン比較です。iFree NYダウの設定直後を避けた、2016年10月3日から2021年8月20日までです。

iFree NYダウとのリターン比較グラフ

赤のラインがiFree NYダウです。青のラインはiFree NYダウーeMAXIS NYダウです。きれいな右肩上がりの直線です。株価暴落時に凹んでいるのは正常です。

次はiFree NYダウの運用コストを年率0.43%ポイント増量したものとの比較です。

iFree NYダウの運用コストを年率0.43%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。株価暴落時の段差もありません。こんな結果、まぐれでは得られません。

この運用コストの増量分は、運用報告書から計算したトータルコスト差に符合します。

評価に見合った人気

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は281億円です。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

変動しながらも安定的に買われています。

eMAXIS NYダウもプロットしました。

eMAXIS NYダウもプロットしたグラフ

緑のラインがeMAXIS NYダウです。コロナショックによる株価暴落時の資金流入が顕著です。

iFree NYダウは低コストかつ良質な組成が評価され、eMAXIS NYダウよりも高い人気を獲得できていると思います。

iDeCoで多く買われています

実は、iFree NYダウはiDeCoで多く買われています。次は直近1年間における、営業日ごとの資金流出入額の推移です。赤丸が付いているのがiDeCoの買付によるものです。

直近1年間における、営業日ごとの資金流出入額の推移グラフ

5大ネット証券のiDeCo口座に限ると、NYダウ指数連動商品の選択肢はiFree NYダウとたわらNYダウの2つしかありません。このうち、SBI証券の2つのプランで座席を確保したのが、iFree NYダウです。現在の資金流入(人気)は、そのおかげかも知れませんね。

評価:特定口座で買うならiFree NYダウ一択です

iFree NYダウは低コストかつ組成内容が良質、運用も安定していることから、特定口座で買うならiFree NYダウ一択です。

またこれまでは、つみたてNISA口座で買うならeMAXIS NYダウ一択でしたが、iFree NYダウは2021年9月に次の条件をクリアするので、指定インデックス投資信託以外でつみたてNISA適格申請が可能になります。

  • 信託設定以降5年以上経過
  • 純資産額が50億円以上
  • 信託の計算期間のうち、資金流入超の回数が2/3以上であること

おそらく速攻で申請されるでしょう。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER