SEO

内部リンク可視化ツール比較

「内部リンク 可視化」でGoolge検索しても、見つかるツールは限られています。特にグラフィックで表現するものは少ないです。

この記事ではそれらツールの出力結果を比較しています。評価内容は僕個人の感想だし、自分で開発したツールに強いバイアスがかかっていることを承知の上でお読み下さい。

Show Article Map

WordPress用の有名なプラグインです。内部リンクの可視化について検索して見つかる記事の多くが、このプラグインを話題にしています。紹介記事がこちらにあります。

次はこのサイトの内部リンクを可視化した結果です。

Show Article Mapでこのサイトの内部リンクを可視化した結果

サイトの全体像を把握するにはいいと思うのですが、これで気になる記事群の内部リンクの関係を確認するのはつらいです。

僕のサイトにはトピッククラスターモデルの記事群が数多く存在します。さらにそのピラーコンテンツを集めたまとめ記事もあります。現実の作業を考えると、各トピッククラスターごとに内部リンクの確認と修正作業をしたいです。

Webサイト内部リンク可視化ツール

こちらもGoolge検索の上位に出てきます。WebでURLを入力すると可視化した結果を表示してくれるサービスです。

次はあるトピッククラスターのピラーコンテンツのURLを入力した結果です。

あるトピッククラスターのピラーコンテンツのURLを入力した結果

これだと二度と使う気になれないのではないでしょうか。

Screaming Frog SEO Spider

Screaming Frog SEO Spiderは、特に競合サイトの分析に使えるツールとして有名です。無料版だと500URLまでしか扱えないので、記事数が少ないテストサイトを処理させた結果がこちらです。

Screaming Frog SEO Spiderでテストサイトを処理させた結果

競合サイトの内部リンク状態を眺めるにはいいかと思いますが、基本的な構造が分かっている自分のサイトの内部リンクを確認・修正・管理するのには不向きだと思いました。

次はこちらのトピッククラスターのピラーコンテンツのURLを入力した結果です。

Screaming Frog SEO SpiderであるトピッククラスターのピラーコンテンツのURLを入力した結果

これは僕が期待しているものではないですね。

smartASP

smartASPはASPを管理するWebサービスですが、内部リンクを可視化する機能も提供しています。対応しているのはWordPress サイトのみですが、競合サイトの分析もできます。(無料版では1日3回までしか使えません。)

次はこのサイトを処理させた結果です。(原寸大

smartASPの結果

サイト全体を表示すればまあこうなりますよね。(特定のページを入力したら処理が終わりませんでした。)

拡大するとこうなっています。(原寸大

smartASPの結果を拡大したもの

ページ間のリンクの多くが示されていません。そもそも「競合サイト内部リンク分析」という機能ですが、自分のサイトの内部リンクのメンテナンスには使えそうにありません。

Query Viewer

僕が開発・販売しているツールなので、手前味噌です。

次はこのサイトの内部リンクを可視化したものです。

Query Viewerでこのサイトの内部リンクを可視化した結果

このサイトのトップページには新着記事へのリンクしかないため、1ページ分の新着記事と内部リンクが表示されています。

次はこちらのトピッククラスターのピラーコンテンツを選んだ(複数の方法でできます)結果です。

Query Viewerであるトピッククラスターのピラーコンテンツを選んだ結果

中心にピラーコンテンツ、その周囲に円を描くようにしてクラスターコンテンツが配置されています。コンテンツ間のリンクが片方向または双方向の矢印のラインで示されています。

注目しているページの発リンクと被リンク、リンク関係のあるページがハイライトされています。これをマウスのホーバーでサクッと確認することもできます。

Query Viewerを試しませんか

年間税込み1,320円のサブスクリプション制のWindowsアプリです。制限はあるものの無料版で好きなだけ機能を確認できます。

おすすめの関連記事

-SEO

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER