SEO

検索流入キーワードを確認していますか?

ブログのジャンルによってはSEOが通用しなくなり、すっかりやる気をなくしているブロガーも少なくないようです。でもまだ個人でもしっかり集客できる(トラフィックを獲得できる)ジャンルもあると聞いています。現在運用しているブログに限界を感じたら、ジャンルを変更するのもいいかも知れません。

さて、ブログで記事を書く時にはタイトルが重要で、狙うキーワードの選択に関しては多くの書籍、note、ブログ記事があります。記事を書く際には現在持っている知識、経験を総動員し、各種ツールも活用しながらキーワードを選択し、タイトルを練り上げていることでしょう。そして記事の公開後は、狙っているキーワードにおける記事の順位をGRCなどのツールで確認しているのではないでしょうか。

でも、その記事が実際にどういうキーワードで検索されたか、そして実際にクリックされたかを知るにはGoogle Search Consoleを使うしかありません。他のツールは精度が低く、満足できない代用品に過ぎません。が、その一般にサチコと呼ばれるGoogle Search ConsoleはUIの出来が悪く、これで毎日記事への検索流入キーワードを確認するにはかなりの根性が必要なはずです。

Google Search Console

次はGoogle Search Consoleでこのサイトの直近7日間のデータを表示したものです。

Google Search Consoleでこのサイトの直近7日間のデータを表示したもの

ある記事への検索流入キーワードを確認したいので「ページ」を選択していますが、表示されているのはURLです。ページのタイトルではないのでページ数が多くなるとURLを特定するのがつらくなります。(正直、僕は記事のURLから記事タイトルを思い出せません。)

この図の2行目の記事は、表示回数が他のより多いです。この記事のタイトルは「iFreeレバレッジNASDAQ100の運用コストと評価」なんですが、仮にこの記事のURLが2行目のものだと分かっていたとして、2行目をクリックした結果が次です。

上図の2行目をクリックした結果

「iFreeレバレッジNASDAQ100の運用コストと評価」で僕が狙っているキーワードはこうです。

  • iFreeレバレッジNASDAQ100 コスト
  • iFreeレバレッジNASDAQ100 評価

でも実際の検索流入に使われているキーワードはちょっと違います。まあ現状ではGoogleの評価が厳しすぎて、投資系個人ブログで満足なトラフィックを得るのが困難ため、Search Consoleの結果も大して有用とは思えないかも知れません。

違うページの検索流入に使われいているキーワードを調べるには、1ステップ前に戻って同じ操作を繰り返します。はっきり言ってめんどくさいですよね。

検索語チェッカー

次は検索語チェッカーの画面です。このサイトを開いています。

検索語チェッカーの画面

左側にあるのが、Search Consoleのページ一覧に該当しますが、URLではなくて記事タイトルを表示しています。選択しているページの検索流入キーワードを右側に表示しています。Search Consoleのクエリ一覧に該当します。

次は2行目の「iFreeレバレッジNASDAQ100の運用コストと評価」を選択した時の、右側の表示です。(順位の低さが悲しみを誘います。)

2行目の「iFreeレバレッジNASDAQ100の運用コストと評価」を選択した時の、右側の表示

検索流入キーワードを気にするなら

おそらくYMYLジャンルだと個人ブログで検索上位を取るのは無理ゲー過ぎて、もうこれ以上頑張る気になれない、よって検索流入キーワードなんてどうでもいい、かも知れません。でもきっと、順調に検索順位を上げてトラフィックを増やせている将来有望なブログを運営している人は、検索流入キーワードが気になるのではないでしょうか。

興味が湧いたなら、こちらをご覧下さい。もしがっかりさせてしまったなら、ごめんなさい。

内部リンクの可視化もできます

検索語チェッカーの2番目の機能は内部リンクの可視化です。内部リンクの可視化ツールを使って、がっかりするような結果しか見て来なかった人にこそ試して欲しい機能です。

-SEO

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER