インデックス投資

【徹底解説】楽天証券の投信保有ポイント(ハッピープログラム)の評価

5大ネット証券は投資信託の保有残高に応じてポイントを付与するサービスを実施中です。でもスリムシリーズのような超ローコスト投信が投資対象の場合、楽天証券の圧勝です。

楽天証券のポイントサービスは「ハッピープログラム」と呼ばれます。このポイントサービス、単独で見ると明らかに赤字になる出血大サービスです。受益者にとってはこの上なくお得な、素晴らしいサービスです。

ハッピープログラムとは

楽天銀行と楽天証券の口座連携サービス「マネーブリッジ」を利用し、「楽天銀行ハッピープログラム」に登録するとこのサービスを受けられます。あとは好きな投資信託を保有するだけです。毎月自動的に楽天スーパーポイントが付与されます。

ポイント付与率

商品の信託報酬に関わらず、保有資産10万円ごとに毎月4ポイントが付与されます。10万円未満の端数を無視すると、年率0.048%です。

iDeCo口座以外の口座にある、投資信託の評価額の合計を元にポイントが計算されます。

信託報酬のうち、楽天証券の取り分からポイント付与率を引くと、マイナスになるものもたくさんあります。次は主な超ローコストインデックスファンドの、楽天証券の取り分とポイント考慮後です。

楽天証券のポイント考慮後の取り分の表

赤字の商品は文字通り赤字です。その商品単体で見たら、売上がマイナスなので利益は出ません。

ポイント計算方法

年率0.048%というのは便宜上の表現です。楽天証券は毎月10万円ごとに4ポイント付与するとしています。10万円未満の端数が切り捨てられるのはちょっと残念ですが、超ローコストファンドの受益者には、それが気にならないほどの大盤振る舞いと言えます。むしろ、SBI証券のように信託報酬によって付与率を変更しなくていいのか、と思ってしまいます。

ポイントの価値

付与されるのは通常の楽天スーパーポイントです。使い勝手はこの上なく良いです。そして投資信託の購入に1ポイント1円から利用できるのがいいですね。

積立投資シミュレーション

特定口座で毎月初に5万円の積み立てを20年継続した場合のシミュレーションです。ハッピープログラムで付与されるポイントを再投資した場合と、無視した場合を比較します。

青のラインは税引き後評価額の差です。グラフのスケールは同じです。

期待リターン年率4%の場合

バランスファンドなら控え目に期待年率4%で考えるのがいいでしょう。

期待リターン年率4%の場合のシミュレーション結果のグラフ

20年間の積立投資で、税引き後評価額の差が93,775円になりました。資産総額1,711万円と比べると少額ですが、うれしくないですか?

期待リターン年率5%の場合

投資対象が株式100%なら、期待年率5%で考えてもいいでしょう。

期待リターン年率5%の場合のシミュレーション結果のグラフ

20年間の積立投資で、税引き後評価額の差が106,824円になりました。資産総額1,887万円と比べると屁みたいな額かも知れませんが、もらえないよりはいいですよね。

期待リターン年率6%の場合

これからの20年間も恵まれていたら、期待年率6%は楽勝かも知れません。

期待リターン年率6%の場合のシミュレーション結果のグラフ

20年間の積立投資で、税引き後評価額の差が122,058円になりました。資産総額が2,091万円もあるので、それと比べるとわずかな金額ですが、単独で見れば大金ですよね。

ポイント再投資が生む複利効果

期待年率5%の場合、5万円の積立投資で税引前評価額は次のように増えます。

期待年率5%の場合、5万円の積立投資で税引前評価額が増えるグラフ

ハッピープログラムで付与されるポイントは、保有資産額(=税引前評価額)に比例しますから、ほぼ同じカーブで増えます。

毎月付与されるポイントが増える様子のグラフ

月額で見たポイントは投資開始5年後でも140円程度でしかありません。10年後で300円程度です。20年後でも800円程度です。年率0.048%、月率だとたったの0.004%でしかないからです。

でも、このポイントを毎月再投資したら元本は次のように増えます。

ポイントの累積額のグラフ

付与された(=再投資した)ポイントの総額は、20年間で8.1万円にもなります。

ポイントの再投資によって元本が増えます。増えた元本は、リスクにさらす代わりにリターンを生みます。次は税引き後評価額の差の推移です。

税引き後評価額の差の推移グラフ

ポイント再投資により、20年間で10.6万円、手取り額が増えたのです。再投資しなかった場合の差は2.5万円です。なんだ、たったのそれだけか、と思われますか?

そもそも、20年間で総額8.1万円ものポイントが付与されたのは、楽天証券だからです。

現実にはポイント再投資は難しい

ここまでポイントの再投資効果を絶賛しておいて気が引けますが、現実にはこのポイント再投資は難しいです。付与されるポイントは評価額と共に変動しますし、毎月適宜再投資するのはめんどうです。でもまとめて1年に1回再投資するよりは、毎月ちまちま再投資した方が有利です。

僕は楽天証券にポイントの自動再投資プログラムの実装を切望しています。毎月ポイントが付与される都度指定した投信を(100ポイント以上の場合に限り)自動で買い付けてくれるというものです。

でもこれを待ってるままではもったいないので、次のようにするといいでしょう。

  • その投資対象を特定口座で楽天カード決済で積み立てている場合は、特定口座で積み立て設定を追加します。(普通にできます。)
  • 楽天カード決済以外で積み立てている場合は、再投資型/受取型を変更して積み立て設定を追加します。
  • または、ポイント再投資専用の商品を選択します。
  • 積み立て額は現在付与されているポイントに近い金額にします。
  • 時々積み立て額を見直します。
  • 積み立てはポイントではなくて楽天銀行からの自動スイープで行います。(その方が現実的です。)

ポイントの使い道は自由です

さんざんポイントは再投資するのが良いと主張しておきながら、ちゃぶ台をひっくり返すようですが、ポイントの使い道は自由です。ただ、同じ投資対象に資産を投じて同じリスクを負うのであれば、資産の保有額に応じて付与されるポイントについても調べた上で、どの金融機関で買うのが良いか検討するのがいいと思います。

もちろん、口座の利便性なども評価の対象になります。

僕が実際にもらっているポイントは

2020年10月分は720ポイントでした。

僕が実際にもらっているポイント

引用:楽天e-NAVI

特定口座と一般NISA口座にあるスリム先進国株式の資産額に符号します。

出血大サービスの継続性に疑問

楽天グループがこの出血大サービスをいつまで継続できるのかは大いに疑問です。魅力的に思えたら、改悪される前にその恩恵を享受するのがいいです。

おすすめの関連記事

楽天カード 楽天証券

-インデックス投資

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER