ブログ運営

ブログ用サーバーを移転しました

このブログはwpXクラウドを利用していましたが、昨年wpX Speedという新サービスの登場に伴い、wpXクラウドは新規募集を終了しました。既存ユーザーの継続利用は可能ですが、僕の場合、新サービスに移行した方がメリットがあります。それで数日前からサーバーの移転作業を行っていました。

wpXクラウドからwpX Speedへの移転を自動で行うツールが用意されていたものの、何故か利用できず、手動で移転することになってしまいました。コピーするファイルが5万個を超えていて、FTPするのに丸2日もかかってしまいました。

あまりやりたくない(苦手だし)作業を行い、良さそうなのでDNS設定を変更し、世の中に浸透するのを待ちました。無事に行きますようにと祈りながら。

wpX Speedに変わりました

サーバーのリソース使用状況グラフを見ると、wpXクラウドはほぼゼロになり、wpX Speedが増えているので、無事に切り替えできたと思われます。後日、サーチコンソールの速度がどう変わったかを記事にするつもりです。

大変だったこと

DBのエクスポート、インポートはphpMyAdminを使ってサクッとできるので問題ありません。大変だったのはwp-contentフォルダのコピーです。FFFTPでローカルPCにコピーするだけで丸1日(午後開始して終わったのは翌朝)かかりました。あまりに遅かったので、新サーバーにコピーする前にFFFTPの設定を見直しました。スレッド数を4にするとか、暗号化をオフにするとか、ネットにある情報を参考にしました。それでも、やはり丸1日かかりました。ファイル数が5万以上あり、だんだんコピーに時間がかかるような感じでしたね。最初の1万ファイルと、最後の1万ファイルでは、かかった時間がずいぶん違ったと思います。

移行作業を開始したのが14日の午後、コピーが完了したのが16日の明け方のはずです。16日に普通に起床してから、再度DBを(コメントが書き込まれていたので)エクスポート、インポートしてから、hostsファイルをいじってローカル環境で確認作業を行いました。ここはすんなり行きました。プラグインなども全て丸ごとコピーできていて、特に問題は起きませんでした。

ローカル環境でのテストに満足したので、DNSを更新して、伝搬するのを待ちました。

その後、サーチコンソールでads.txtをどうにかしろと警告が出ました。ええ、確かに新サーバーにコピーしていませんでした。追加で行った作業はそれぐらいですね。

なお、このサーバー移転作業の前に、毎朝7:00に公開している記事のストックを多めにしていて良かったです。移転作業を開始したら終わるまで記事を追加で書けませんからね。

サーチコンソールの速度は変わらず

サーチコンソールにある試験運用中の「速度」のグラフは、サーバーの変更前後で全く変わりませんでした。これは期待ハズレでした。僕のブログの場合、サーバーの速度は問題になっていなかったのでしょう。

-ブログ運営

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER