米国株式

【徹底比較】NASDAQ100インデックスのおすすめを教えて下さい

近年その圧倒的なパフォーマンスが評価され、NASDAQ100指数連動商品が人気です。そのもてはやされぶりには危険な香りもしますが、歴史が繰り返されるのは投資の世界でも同じようです。

株価の未来を正確に予測するのは不可能ですが、ローコストで質の高い投資手段が提供される現在は、とても恵まれていると思います。

更新情報

参照しているデータを最新版に更新しています。

NASDAQ100指数とは

NASDAQ100指数は、米国のナスダック市場に上場している時価総額の大きい非金融業100社の株式で構成される株価指数です。指数の計算方法は、調整済時価総額加重平均方式です。定期的な採用銘柄の入替えは毎年12月に行なわれますが、それ以外に、臨時に入替えが行なわれることがあります。

出典:iFree NEXT NASDAQ100の目論見書

NASDAQ100指数はつみたてNISAの指定インデックスではありません。そのため「指定インデックス投資信託」以外の、いわゆるアクティブファンド枠で適格申請するためには、設定から5年経過する必要があります。iFree NEXT NASDAQ100だとあと2年と少し我慢です。

NASDAQ100とS&P500の投資対象の違い

S&P500にはNASDAQ100がほぼ丸ごと入っています。つまり、S&P500に投資すると、ほぼNASDAQ100にも投資していることになります。

S&P500に投資するということは、NASDAQ100のほとんどに投資した上でさらに、62%程度の異なる銘柄に投資することを意味します。

インデックスファンド

利便性、効率の高さから、ETFよりインデックスファンドがおすすめです。

iFree NEXT NASDAQ100

トータルコスト、運用実績、人気を考えると、iFree NEXT NASDAQ100一択です。

NZAMベータNASDAQ100

2020年中は明らかに高コストでしたが、2021年は運用コストが改善されています。でも、iFree NEXT NASDAQ100の方が低コストですし、運用実績と人気を考えると、iFree NEXT NASDAQ100の方がいいです。NZAMベータNASDAQ100を選択するメリットは見い出せないです。

インデックスファンドNASDAQ100

インデックスファンドNASDAQ100の運用は、iFree NEXT NASDAQ100同様に安定していますが、運用コストはiFree NEXT NASDAQ100の方が0.1%ポイント安いです。

問題は信託期間が10年しかないことです。僕はそんな商品を薦める気にはなれません。

eMAXIS NASDAQ100

NASDAQ100連動インデックスは、現状、iFree NEXT NASDAQ100とeMAXIS NASDAQ100の二択になると考えています。

eMAXISシリーズでなくてスリムシリーズだったら良かったんですけどね。

PayPay投信NASDAQ100

PayPay投信NASDAQ100は2021年6月29日に、税抜き信託報酬0.38%で設定されました。iFree NEXT NASDAQ100より0.07%ポイントも安いですが、まだ様子見がいいと思います。

折を見て、評価記事を書く予定です。

ETF

利便性ではインデックスファンドに大きく劣るものの、ETFのメリットを活かせる人もいます。

QQQ

QQQを自分で買うデメリットが気にならない場合、長期投資を前提とするならQQQの方が有利です。

NEXT FUNDS NASDAQ-100(1545)

ETFへのこだわりがないなら、もっと手軽に少額から投資できるiFree NEXT NASDAQ100が良いでしょう。

トータルコストはQQQより1545の方が高いのは間違いありません。配当金への課税においては1545の方が有利ですが、運用コスト差が支配的で、QQQの方が有利です。

NASDAQ100とS&P500ではどちらが高パフォーマンスか

S&P500とのパフォーマンス比較はいいやって方は、ここまで飛ばして下さい。

次はiFree S&P500とiFree NEXT NASDAQ100のリターン比較です。iFree NEXT NASDAQ100の運用が安定した、2018年10月1日から2021年8月13日までです。

iFree S&P500とiFree NEXT NASDAQ100のリターン比較グラフ

青のラインはiFree NEXT NASDAQ100ーiFree S&P500です。2019年11月頃まではiFree S&P500の方がリターンが高い期間が多かったのですが、その後iFree NEXT NASDAQ100がハイテクの強さを見せつけます。

次は2019年10月からの比較です。

iFree S&P500とiFree NEXT NASDAQ100のリターン比較グラフ、2019年10月以降

株価暴落開始前の伸び、暴落からの回復の速さが半端ないです。手堅くS&P500に投資していた人の心もグラつかせる程のパフォーマンスです。バブルっぽいと感じる人もたくさんいますよね。

でも、2020年9月以降、青のラインの傾きはゆるやかになりました。NASDAQ100の圧勝ではないです。それでも素晴らしいパフォーマンスであることは確かです。

ではもっと昔からの比較ではどうなるでしょうか。QQQトータルリターンとVOOトータルリターンを比較します。

QQQトータルリターンとVOOトータルリターンの比較

次は2011年年初から2021年7月30日までの、QQQトータルリターンとVOOトータルリターンの比較です。

QQQトータルリターンとVOOトータルリターンの比較グラフ、2011年年初から

2014年以降はNASDAQ100の圧勝です。比較期間が長くなると、NASDAQ100はS&P500を圧倒するようです。

でもコロナショックによる株価暴落後の、NASDAQ100の絶好調ぶりには逆に怖さを感じてしまいます。

NASDAQ100の暗い過去

次はNASDAQ100指数(^NDX)とS&P500種指数をベンチマークにしているSPYトータルリターンの、1993年2月からの比較です。円換算しています。縦軸は対数です。

NASDAQ100指数(^NDX)とSPYトータルリターンの比較グラフ

2003年以降はNASDAQ100の圧勝でした。が、2000年代のITバブル崩壊では最高値から80.5%も下落しました。2001年あたりでNASDAQ100に投資した人は、その後の暴落で打ちのめされたことでしょう。

そしてITバブル時のピークを超えるのに、15年近い年月を要しました。これは過去の極端な事例かも知れませんが、NASDAQ100に投資するなら覚えておいた方がいいでしょう。

結論:現在はiFree NEXT NASDAQ100一択です

(インデックスファンドのみ)純資産総額とトータルコストを一覧表にまとめました。純資産総額でソートしています。

純資産総額とトータルコスト一覧表

運用報告書が公開され、トータルコストが判明しているのは2商品だけです。

トータルコスト、運用実績と人気(純資産総額)を考えると、iFree NEXT NASDAQ100一択です。ETF好きな人はこの結論に関わらず、好きなETFを選択するでしょう。

信託報酬がiFree NEXT NASDAQ100より安い商品がありますが、トータルコストはiFree NEXT NASDAQ100の方が安いというのは、投資信託では良くあることです。NZAMベータNASDAQ100はその典型的な例です。

eMAXIS NASDAQ100はiFree NEXT NASDAQ100の良いライバルになれると思いますが、iFree S&P500とスリム米国株式(S&P500)の再演にはならないと予想しています。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER