米国株式

NYダウ・トリプル・レバレッジの運用コストと評価

大和アセットマネジメントはiFreeシリーズでレバレッジ型ファンドに力を入れています。そして別系統の商品でもレバレッジ型ファンドを多数設定しています。その棲み分けの基準は想像するしかないのですが、iFreeシリーズは信託期間を無期限としているようです。別系統の商品はそうでもないです。

NYダウ・トリプル・レバレッジは、その名の通りNYダウ指数の3倍ブル型ファンドです。最大の問題は、信託期間が10年しかないことです。

NYダウ・トリプル・レバレッジ(愛称:3σ:さんシグマ)

2020年3月30日に税抜き信託報酬1.0%で設定されました。高いですね。でもiFreeレバレッジNASDAQ100(2倍ブル型)が0.9%なので、腰を抜かすほど高くもないです。

ですがiFree NYダウの税抜き信託報酬がたったの0.225%であることを考えると、3倍ブル型でも0.7%程度に抑えて欲しかったですね。(根拠に欠ける算数。)

  • 株式の組入総額と株価指数先物取引の買建玉の時価総額の合計額が、原則として信託財産の純資産総額の3倍程度になるように調整することにより、通常日々の基準価額の値動きがダウ・ジョーンズ工業株価平均の値動きの3倍程度となることを目指します。
  • 売買しているのはE-miniダウ先物です。株式は売買していません。
  • 円で為替ヘッジされます。
  • 信託期間が10年しかなく、2030年3月に償還されます。
  • 購入時手数料税抜き2.0%が設定可能で、証券会社を選ばないとしれっと徴収されます。
  • 5大ネット証券を含む7社で販売されています。(意外なことに大和証券では扱いがありません。)

もちろん、つみたてNISA適格ではありません。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。iFreeレバレッジNASDAQ100と比較しています。

運用報告書から計算したトータルコスト表

NYダウ・トリプル・レバレッジは隠れコストが高いです。iFreeレバレッジNASDAQ100も高いのですが、さらに3倍以上もします。トータルコスト1.75%は重く感じますね。

次は隠れコストの明細です。高い項目を赤字にしています。

隠れコストの明細表

先物の売買委託手数料が桁違いに高いです。また、「その他」が普通のローコストインデックスファンドでは論外レベルで高いです。それって「信託事務の処理等に関するその他の費用」としか書かれていなくて、実態が不明です。

なお、レバレッジをかけることで生じる金利は運用報告書には出てこないものと思われます。

この高コストなNYダウ・トリプル・レバレッジは、受益者の期待に応えることができているでしょうか。

リターン比較

iFree NYダウとの比較

次はNYダウ・トリプル・レバレッジの設定直後を避けた、2020年4月10日から2021年5月28日までの、iFree NYダウとの比較です。

iFree NYダウとNYダウ・トリプル・レバレッジのリターン比較グラフ

赤のラインがNYダウ・トリプル・レバレッジです。青のラインはリターン差で、NYダウ・トリプル・レバレッジーiFree NYダウです。債券ファンドと株式ファンドの比較みたいです。

この比較期間のリターンは、iFree NYダウが50%、NYダウ・トリプル・レバレッジが180%でした。3倍超えていますね。これだと受益者は笑いが止まらないでしょうね。

iFreeレバレッジNASDAQ100との比較

次は同じ期間における、iFreeレバレッジNASDAQ100との比較です。iFreeレバレッジNASDAQ100は2倍ブル型です。

iFreeレバレッジNASDAQ100とNYダウ・トリプル・レバレッジのリターン比較グラフ

緑のラインがiFreeレバレッジNASDAQ100です。青のラインはNYダウ・トリプル・レバレッジーiFreeレバレッジNASDAQ100です。

結果的にはいい勝負でした。でも今後のことは分かりません。リスクの高さはどっちもどっちでしょうか。

iFreeレバレッジS&P500

次は同じ期間における、iFreeレバレッジS&P500との比較です。iFreeレバレッジS&P500は2倍ブル型です。

iFreeレバレッジS&P500とNYダウ・トリプル・レバレッジのリターン比較グラフ

緑のラインがiFreeレバレッジS&P500です。青のラインはNYダウ・トリプル・レバレッジーiFreeレバレッジS&P500です。

しばらく互角でしたが、2021年3月以降に差が開きました。この比較期間におけるiFreeレバレッジS&P500のリターンは120%もありましたので、NYダウ指数より幅広い銘柄に投資するiFreeレバレッジS&P500に好感を持つ人もいることでしょう。

絶好調は長くは続かないかも

次はeMAXIS NYダウの2013年9月以降のリターン推移です。NYダウ・トリプル・レバレッジが設定されてからを黄色に塗ってあります。

eMAXIS NYダウの2013年9月以降のリターン推移グラフ

コロナショックによる株価暴落の底が3月24日でした。NYダウ・トリプル・レバレッジはその6日後に設定されたわけです。NYダウを含む米国主要株式指数はその後驚異的な回復を見せ、現在はいくら何でもおかしいでしょと思うぐらいの強気相場が続いています。こんな強烈な強気相場、過去8年間で今だけです。

つまり、NYダウ・トリプル・レバレッジにとってこれ以上考えられない恵まれた相場なわけです。賢い受益者は、そろそろ潮時かと考え始めている頃かも知れません。

売れています

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は37億円です。

設定来の資金流出入額の累計の推移

こういう商品の「あるある」ですが、パフォーマンスがめざましくなった頃から資金流入額が増えています。暴落すると、高い確率で資金流出が起きるでしょう。レバレッジ型ファンドとはそういうものです。

次はiFreeレバレッジS&P500もプロットしたものです。

iFreeレバレッジS&P500もプロットしたグラフ

緑のラインがiFreeレバレッジS&P500です。iFreeレバレッジシリーズとして宣伝されていることもあって、よく売れています。また、ラインの形状がそっくりですね。

次はiFreeレバレッジNASDAQ100もプロットしたものです。人気では圧勝です。

iFreeレバレッジNASDAQ100もプロットしたグラフ

青のラインがiFreeレバレッジNASDAQ100です。でもこれは近年のハイテク株ブームに踊っている受益者がたくさんいるということを、暗示しているようです。

評価:リスクをコントロールできる人向きの商品です

3倍ブル型商品に投資したいけど、米国籍ETFより手軽に投資できる投資信託を好む人にとって、NYダウ・トリプル・レバレッジは良い選択肢になり得ます。高コストですが、現在のような強気相場では圧倒的なパフォーマンスを発揮しているので、満足度は高いでしょう。

でも株価暴落時には回復するまでに長い期間を必要とするかも知れません。そして信託期間が10年しかないので、最悪、回復する前に償還日を迎えるということもありえます。もちろん、信託期間が延長される可能性もありますが(人気が高ければなおさら)、それを前提とするのは危ないでしょう。

おそらく、長期保有ではなくて、危なくなったら利益確定して撤退するという柔軟な対応ができる人向きの商品だと思います。

僕にはリスクが高すぎる商品です。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER