米国株式

NZAMベータNASDAQ100の運用コストと評価

農林中金全共連アセットマネジメントは、農中<パートナーズ>シリーズで知られていますが、それらは農林中央金庫専売商品です。一方、NZAMシリーズは一般販売商品で、農林中央金庫では扱っていません。

NZAMベータNASDAQ100は、やる気のある信託報酬で参入して来ました。でも第一期決算期間はびっくりするほど高コストでした。第二期決算期間で隠れコストを大幅に削減しましたが、人気は頭打ちで厳しい状況です。

更新情報

第二期運用報告書の内容を反映させました。また、参照しているデータを最新版に更新しています。

NZAMベータNASDAQ100

2020年3月12日に税抜き信託報酬0.40%で設定されました。先行するiFree NEXT NASDAQ100が0.45%なので、それを下回る最安水準です。やる気を感じます。

  • 商品名に「ベータ」とありますが、目論見書を見る限り普通のインデックスファンドです。
  • NZAMベータNASDAQ100は一般販売商品で、SBI証券、楽天証券、松井証券、マネックス証券、auカブコム証券が扱っています。
  • つみたてNISA適格ではありません。(NASDAQ100指数が指定インデックスではないため、設定から5年以上経過しないとそもそも適格申請できません。)

近年、NASDAQ100指数の人気が急上昇していますし、ライバルが少ない状態で設定されたので、チャンスは十分にありました。が、現状は非常に厳しいです。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。iFree NEXT NASDAQ100と比較しています。

NZAMベータNASDAQ100の運用報告書から計算したトータルコスト表

隠れコストがiFree NEXT NASDAQ100より一桁高いです。それでも第一期よりは大幅に改善されました。

NZAMベータNASDAQ100のトータルコストの二期比較表

インデックスファンドのあるあるですが、第一期は隠れコストが驚くほど高かったです。第二期で大幅に削減されたとは言え、まだ先行しているライバルより高いので、さらなる努力が必要です。

次は隠れコストの明細です。

NZAMベータNASDAQ100の隠れコストの明細表

(第一期から大幅に削減されたもののまだ)保管費用が高いです。この保管費用は多くのインデックスファンドが高コストなる要因です。

QQQトータルリターンとの比較

NZAMベータNASDAQ100は現物株運用で、QQQなどのNASDAQ100指数に連動するETFは買っていません。が、QQQのトータルリターンと比較することで、運用コストがどれぐらいか推測することができます。

次はコロナショックによる株価暴落から回復基調になった2020年4月1日から2022年3月31日までの、QQQトータルリターンとNZAMベータNASDAQ100の比較です。

QQQトータルリターンとNZAMベータNASDAQ100の比較グラフ

青のラインはリターン差で、QQQトータルリターンーNZAMベータNASDAQ100です。青のラインの傾きはNZAMベータNASDAQ100の運用コストの大きさを示しているのですが、異様に大きいです。

次はQQQトータルリターンの運用コストを年率2.2%ポイント増量したものとの比較です。

QQQトータルリターンの運用コストを年率2.2%ポイント増量したものとの比較グラフ

2021年3月以降は増量しすぎです。次は2021年3月1日から2022年3月31日までを切り出して、QQQトータルリターンの運用コストを年率0.9%ポイント増量したものとの比較です。

QQQトータルリターンの運用コストを年率0.9%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはフラットに近くなりました。この比較結果から、次のように推測できます。

  • QQQトータルリターンとNZAMベータNASDAQ100の運用コスト差は当初2.2%ポイント程度あった。
  • 第二期に隠れコストが大幅に改善され、現在の運用コスト差は0.9%ポイント程度になった。

リターン比較

ベンチマークがNASDAQ100指数の商品と比較します。

iFree NEXT NASDAQ100との比較

次は運用が安定しているiFree NEXT NASDAQ100との比較です。2020年4月1日から2022年4月8日までです。

iFree NEXT NASDAQ100とNZAMベータNASDAQ100のリターン比較グラフ

青のラインはiFree NEXT NASDAQ100ーNZAMベータNASDAQ100です。(特に前半の)傾きが大きいです。

次は2021年6月1日以降の比較です。右軸のスケールを拡大しています。

iFree NEXT NASDAQ100とNZAMベータNASDAQ100のリターン比較グラフ、2021年6月1日以降

青のラインの傾きが小さくなっています。でもまだiFree NEXT NASDAQ100の方が低コストです。

eMAXIS NASDAQ100との比較

次はeMAXIS NASDAQ100との比較です。2021年6月1日から202年4月8日までです。

eMAXIS NASDAQ100とNZAMベータNASDAQ100のリターン比較グラフ

青のラインはeMAXIS NASDAQ100ーNZAMベータNASDAQ100です。iFree NEXT NASDAQ100との比較結果にそっくりです。eMAXIS NASDAQ100の方が低コストと言えます。

人気の獲得に苦戦中

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は18億円です。設定日の純資産総額が3億円ありましたが、これは運用側による初期投資だと思われます。

NZAMベータNASDAQ100の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

人気は頭打ちです。NASDAQ100指数連動商品としては不人気です。

先輩であり目標に違いないiFree NEXT NASDAQ100と、後追いで設定されたeMAXIS NASDAQ100もプロットすると、現状の厳しさが良く分かります。

iFree NEXT NASDAQ100とeMAXIS NASDAQ100もプロットしたグラフ

緑のラインのiFree NEXT NASDAQ100は、NASDAQ100指数が注目される前から運用を開始し、高い人気の獲得に成功しました。先行者利益と言えますが、それを支えているのは低コストと安定した運用だと思っています。青のラインのeMAXIS NASDAQ100は、スリムシリーズでないにも関わらず資金流入額ではiFree NEXT NASDAQ100に並ぶほどの高い人気を獲得しています。

NZAMベータNASDAQ100は厳しいですね。NZAMシリーズの知名度が低いので、戦い方に工夫が必要な気がします。

評価:iFree NEXT NASDAQ100かeMAXIS NASDAQ100の方がいいです

NZAMベータNASDAQ100は第二期決算期間に隠れコストを大幅に削減できましたが、それでもまだライバルの方が低コストです。そしてライバルの人気は圧倒的です。NZAMベータNASDAQ100を選択するメリットは見い出せないです。

なお、第二期決算期間に隠れコストを大幅に削減できたことは高く評価しています。iFree NEXT NASDAQ100、eMAXIS NASDAQ100を目標にさらなる改善に取り組んで欲しいものです。

NZAMベータNASDAQ100が不人気なのには複数の要因があると思われますが、先行している商品より少し安い信託報酬にしたからと言って、高い人気の獲得が容易にできるわけではないということですね。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER