米国株式

NZAMベータNASDAQ100の運用コストと評価

農林中金全共連アセットマネジメントは、農中<パートナーズ>シリーズで知られていますが、それらは農林中央金庫専売商品です。一方、NZAMシリーズは一般販売商品で、農林中央金庫では扱っていません。

NZAMベータNASDAQ100は、やる気のある信託報酬で参入して来ました。でも第一期決算期間はびっくりするほど高コストでしたし、人気は頭打ちで厳しい状況です。

更新情報

参照しているデータを最新版に更新しています。

NZAMベータNASDAQ100

2020年3月12日に税抜き信託報酬0.40%で設定されました。先行するiFree NEXT NASDAQ100が0.45%なので、それを下回る最安水準です。やる気を感じます。

  • 商品名に「ベータ」とありますが、目論見書を見る限り普通のインデックスファンドです。
  • NZAMベータNYダウ30は一般販売商品で、SBI証券、楽天証券、松井証券、マネックス証券、auカブコム証券が扱っています。
  • つみたてNISA適格ではありません。(NASDAQ100指数が指定インデックスではないため、設定から5年以上経過しないとそもそも適格申請できません。)

現在、NASDAQ100指数の人気が急上昇していますし、ライバルが少ない状態で設定されたので、チャンスは十分にありました。が、現状は非常に厳しいです。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。iFree NEXT NASDAQ100と比較しています。

運用報告書から計算したトータルコスト表

予想通り隠れコストが高く、トータルコスト1.6724%とはiFree NEXT NASDAQ100の2.9倍近くします。

次は隠れコストの明細です。

隠れコストの明細表

保管費用が驚くほど高額です。でもこれ、投資信託の第一期では珍しくありません。

QQQトータルリターンとの比較

NZAMベータNASDAQ100は現物株運用で、QQQなどのNASDAQ100指数に連動するETFは買っていません。が、QQQのトータルリターンと比較することで、運用コストがどれぐらいか推測することができます。

次はコロナショックによる株価暴落から回復基調になった2020年4月1日から2021年7月30日までの、QQQトータルリターンとNZAMベータNASDAQ100の比較です。

QQQトータルリターンとNZAMベータNASDAQ100の比較グラフ

青のラインはリターン差で、QQQトータルリターンーNZAMベータNASDAQ100です。青のラインの傾きはNZAMベータNASDAQ100の運用コストの大きさを示しているのですが、異様に大きいです。

次はQQQトータルリターンの運用コストを年率2.2%ポイント増量したものとの比較です。

QQQトータルリターンの運用コストを年率2.2%ポイント増量したものとの比較グラフ

2021年3月以降は増量しすぎです。次は2021年3月1日から2021年7月30日までを切り出して、QQQトータルリターンの運用コストを年率1.5%ポイント増量したものとの比較です。

QQQトータルリターンの運用コストを年率1.5%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。この比較結果から、次のように推測できます。

  • QQQトータルリターンとNZAMベータNASDAQ100の運用コスト差は当初2.2%ポイント程度あった。
  • 最近はいくらかコストが削減され、運用コスト差は1.5%ポイント程度になった。

でもこれは、NZAMベータNASDAQ100はあり得ないほど高コストということです。運用報告書から計算したトータルコストは1.6724%だったので、そこまでではありませんでしたが、ごまかしの効かない基準価額データと一致しないのは「あるある」です。

リターン比較

ベンチマークがNASDAQ100指数の商品と比較します。

iFree NEXT NASDAQ100との比較

次は運用が安定しているiFree NEXT NASDAQ100との比較です。2020年4月1日から2021年8月6日までです。

iFree NEXT NASDAQ100とNZAMベータNASDAQ100のリターン比較グラフ

青のラインはiFree NEXT NASDAQ100ーNZAMベータNASDAQ100です。(特に前半の)傾きが大きいです。1年4ヶ月で3.4%ポイントもの差が開いています。ひどいですね。

でも直近半年は運用コストが削減がされています。次は2021年2月15日以降の比較です。

iFree NEXT NASDAQ100とNZAMベータNASDAQ100のリターン比較グラフ、2021年2月15日以降

青のラインの傾きが小さくなっています。

eMAXIS NASDAQ100との比較

次はeMAXIS NASDAQ100の設定直後を避けた、2021年2月15日から8月6日までの、NZAMベータNASDAQ100との比較です。

eMAXIS NASDAQ100とNZAMベータNASDAQ100のリターン比較グラフ

青のラインはeMAXIS NASDAQ100ーNZAMベータNASDAQ100です。右肩上がりで推移しているので、eMAXIS NASDAQ100の方が低コストと言えます。

人気の獲得に苦戦中

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は17.62億円です。設定日の純資産総額が3億円ありましたが、これは運用側による初期投資だと思われます。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

頭打ち傾向から資金流出傾向に変わりました。NASDAQ100指数連動商品としては不人気です。

先輩であり目標に違いないiFree NEXT NASDAQ100と、後追いで設定されたeMAXIS NASDAQ100もプロットすると、現状の厳しさが良く分かります。

iFree NEXT NASDAQ100とeMAXIS NASDAQ100もプロットしたグラフ

緑のラインのiFree NEXT NASDAQ100は、NASDAQ100指数が注目される前から運用を開始し、現在ブームに乗って絶好調です。先行者利益と言えますが、それを支えているのは低コストと安定した運用だと思っています。

NZAMベータNASDAQ100は、青のラインのeMAXIS NASDAQ100にもあっさりと抜かれてしまいました。

評価:iFree NEXT NASDAQ100の方がいいです

2020年中のNZAMベータNASDAQ100は高コストでした。それは第一期運用報告書の数値にも表れています。2021年からは急速に改善が進んでいるようで、これは評価します。でも、iFree NEXT NASDAQ100の方が低コストですし、運用実績と人気を考えると、iFree NEXT NASDAQ100の方がいいです。NZAMベータNASDAQ100を選択するメリットは見い出せないです。

NZAMベータNASDAQ100が不人気なのには複数の要因があると思われますが、先行している商品より少し安い信託報酬にしたからと言って、高い人気の獲得が容易にできるわけではないということですね。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER