米国株式

NZAMベータS&P500の運用コストと評価

農林中金全共連アセットマネジメントは、農中<パートナーズ>シリーズでS&P500指数連動商品を2つ販売していますが、それらは農林中央金庫専売商品です。一方、NZAMシリーズは一般販売商品で、農林中央金庫では扱っていません。

明らかにターゲット層を変えてきたわけですが、証券会社間の競争が厳しくなった現在、人気を獲得するのは容易ではありません。

NZAMベータS&P500

2020年2月13日に税抜き信託報酬0.24%で設定されました。当時すでにスリム米国株式(S&P500)とSBIバンガードS&P500の税抜き信託報酬は0.088%だったので、同じ市場で競争するつもりはないのだろうと思いました。が、そうでもないようです。

  • 商品名に「ベータ」とありますが、目論見書を見る限り普通のインデックスファンドです。
  • つみたてNISA適格です。
  • マザーファンドは農中<パートナーズ>の2商品と同じです。
  • NZAMベータS&P500は一般販売商品で、SBI証券、楽天証券、松井証券、SMBC日興証券、auカブコム証券が扱っています。

いまどき税抜き信託報酬が0.24%のS&P500インデックスファンドを新規設定しても、ネット証券利用者をターゲットにしたのでは勝ち目はないはずです。そのうち販路を銀行窓口系に広げる計画なのかも知れません。

運用コスト

まだ運用報告書が公開されていないため、公式な運用コストは不明です。でも、ごまかしの効かない基準価額データから、他の商品と比較して高いのか安いのかは推測可能です。

VOOトータルリターンとのリターン比較

次はVOOトータルリターンとの比較です。NZAMベータS&P500の設定日から2020年11月30日までです。

VOOトータルリターンとNZAMベータS&P500のリターン比較グラフ、設定日から

青のラインはリターン差で、VOOトータルリターンーNZAMベータS&P500です。設定直後にコロナショックによる株価暴落に巻き込まれました。

次は暴落の底から回復基調になった、2020年4月8日からの比較です。

VOOトータルリターンとNZAMベータS&P500のリターン比較グラフ、4月8日から

運用コスト差が大きそうです。次はVOOトータルリターンの運用コストを年率0.5%ポイント増量したものとの比較です。

VOOトータルリターンの運用コストを年率0.5%ポイント増量したものとの比較グラフ

設定後まもなくの比較なので、運用コストが一様でないあろうことを考慮すると、この程度が適量でしょう。でもこのことから、NZAMベータS&P500の隠れコストは安くはないと思われます。

スリム米国株式(S&P500)とのリターン比較

次はスリム米国株式とのリターン比較です。

スリム米国株式(S&P500)とNZAMベータS&P500のリターン比較グラフ

青のラインが暴れていないので、運用は安定しているはずです。でも、その傾きから高コストなはずです。

次はスリム米国株式(S&P500)の運用コストを年率0.45%ポイント増量したものとの比較です。

スリム米国株式(S&P500)の運用コストを年率0.45%ポイント増量したものとの比較グラフ

これは、NZAMベータS&P500のトータルコストは、スリム米国株式(S&P500)より0.45%ポイントも高いことを示唆しています。

売れていません

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額はたったの0.28億円です。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

やはり売れていませんね。設定日の純資産総額が0.1億円ありましたが、これは運用側の初期投資のような気がします。

評価:買う価値ありません

つみたてNISA適格、税抜き信託報酬0.24%、運用は安定している、でもきっと隠れコストが高く、トータルコストは0.5%を超えると思われます。きっと、農林中金全共連アセットマネジメント(NZAM)の知名度は低いでしょうから、何もしないでネット証券で売れるとは思えません。

実際、販売は苦戦しています。販路を銀行窓口系に拡大したら、状況は改善されるかも知れませんが、そちらには三菱UFJ国際投信のつみたてんとうシリーズなど、別系統のライバルがいます。

厳しいようですが、NZAMベータS&P500は買う価値ありません。S&P500インデックスに投資するなら、スリム米国株式(S&P500)かSBIバンガードS&P500が良いです。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER