新興国株式

【徹底比較】新興国株式インデックスのおすすめを教えて下さい

近年は米国株式の好調さと対称的に、新興国株式の低迷が続いています。でもそれと真逆だった時代もありました。その時代の再来を期待するかどうかは別にして、新興国株式インデックスに投資したいという人は一定数存在するようです。

新興国株式インデックスの選択肢はたくさんありますが、運用コストと人気(純資産総額)を考慮するとおすすめできる商品は限られます。まず最初に検討すべきは、ベンチマークです。

更新情報

マイナーすぎる商品への言及をやめ、記事構成を大幅に見直しています。

MSCIエマージング・マーケット連動商品

MSCIエマージング・マーケットは、新興国株式で人気のベンチマークです。つみたてNISA認定の新興国株式インデックスファンド12本中、10本がこのベンチマークを採用しています。

新興国株式インデックスは隠れコストが高い商品が多く、信託報酬だけを見てローコストだと判断してはいけない良い実例です。

スリム新興国株式

トータルコストの安さ、純資産総額(人気)の高さ、安定した運用実績を考えると、MSCIエマージング・マーケットに投資するならスリム新興国株式がおすすめです。

ニッセイ新興国株式

ニッセイ新興国株式は隠れコストが高いです。ニッセイアセットマネジメントが好きであっても、スリム新興国株式を選んだ方がいいです。

  • 運用コストが高く、わざわざ選択する経済的合理性はありません。
  • 不人気で売れていません。

たわら新興国株式

厳しいようですが、たわら新興国株式を選択する経済的合理性はありません。

  • 信託報酬が高い。ローコスト化競争から距離を置いているのは明らか。
  • 相対的に不人気。現状では、スリム新興国株式の純資産総額に追い付くのは無理。

新興国株式という資産クラス(ジャンル)で、たわら新興国株式が生き残れるとは思えません。たわら新興国株式を応援したいのなら話は別ですが、その気がないのなら投資しない方が賢明です。

つみたて新興国株式

ネット証券が利用できる人にとっては価値のない商品です。金融機関の窓口を好む人には良い選択肢になります。

MSCIエマージング・マーケット以外に連動する商品

つみたてNISA認定商品は2本だけです。

iFree新興国株式

iFree新興国株式は、つみたてNISA適格商品で唯一、FTSE RAFIエマージング・インデックスを採用しています。この指数にこだわりがあるなら、iFree新興国株式一択です。運用コストはスリム新興国株式より明らかに高いですが、優先すべきはベンチマークです。

僕は、iFree新興国株式の高い運用コストを払ってまで、FTSE RAFIエマージング・インデックスに投資する価値はないと思っています。

SBI新興国株式

SBI新興国株式は、つみたてNISA適格商品で唯一、FTSEエマージング・インデックスを採用しています。ベンチマークにこだわりがない場合、SBI新興国株式は良い選択肢になります。

  • 運用報告書から計算したトータルコストは激安です。
  • でも三重課税コストを考慮するとスリム新興国株式の方が安いです。
  • 人気(純資産総額)はスリム新興国株式の圧勝ですが、SBI新興国株式はもっと人気が出ても良いと思います。

楽天新興国株式

VWOを買うだけのインデックスファンドである楽天新興国株式のベンチマークは、つみたてNISAの指定インデックスではありません。VWOにこだわりがあるなら、楽天新興国株式一択ですが、つみたてNISAでは買えないので、まずつみたてNISAの非課税枠を埋め終わってもまだ余裕資金がある場合に限った方がいいです。

楽天新興国株式の運用コストは、昔はともかく、現在は低水準です。運用も安定しています。でも三重課税問題、純資産総額の少なさを考えると、積極的におすすめできません。

結論

純資産総額とトータルコストを一覧表にまとめました。

おもな新興国株式インデックスの純資産総額とトータルコストの一覧表

新興国株式に投資するのに、ベンチマークが一番人気のMSCIエマージング・マーケットでいいなら、スリム新興国株式をおすすめします。他のベンチマークがいい場合、対応する商品が実際に投資する価値があるかどうか、良く吟味して決めるといいでしょう。

おすすめの関連記事

-新興国株式

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER