NISA

【2022年上半期】つみたてNISA適格商品人気ランキング

現在、つみたてNISA適格の投資信託は206本もあります。当然、人気はピンキリで、絶望的に売れていない商品もたくさんあります。

「人気」を測るには明確な指標が必要です。この記事では「資金流出入額の累計」を採用しました。2022年上半期の資金流入額ー資金流出額がプラスで大きかったものが、人気が高かったと判断しています。これには異論もあろうかと思いますが、少なくとも、2022年上半期の受益者の行動を反映していることは確かです。人気があればより多く買付され、不人気ならば買付されないか売却されるからです。

なお、つみたてNISA適格商品は特定口座、一般NISA口座、iDeCo口座などでも買われているでしょうが、その内訳までは知り得ません。よってこれは、「つみたてNISAで買われている人気商品ランキング」ではありません。

おことわり

僕ができるのは計算結果を並べたリストを公開することであって、それら商品の未来がどうなるかは予測できません。今後、時間はかかろうとも人気を獲得して(繰上償還の目安である)10億口を超えられるかも知れませんし、総口数が少なくても、つみたてNISA適格というバッジが重荷になって繰上償還されることはないかも知れません。

表の見方

リストが長いので分割しています。資金流出入額の累計でソートしています。

  • 単位はどれも「億」です。
  • 資金流出入額の累計がマイナスのものは赤字にしています。
  • 2022年6月末の純資産総額、総口数も表示しています。総口数が10億未満のものは赤字にしています。
  • つみたてNISA適格商品で、2021年末までに設定された商品のほとんどを対象にしています。

1位から40位まで

表が長いので分割しています。まず40位までです。

1位から40位までの一覧表

  • スリム米国株式(S&P500)の圧勝でした。SBI・V・S&P500の2.4倍の資金流入がありました。
  • 2位のオール・カントリーで、3位のSBI・V・S&P500を上回りました。
  • 全世界株式はオール・カントリーの圧勝でした。6位の楽天全世界株式も売れていますが、差が開いてしまいましたね。
  • 先進国株式の人気は明らかに衰えました。
  • スリムバランス(8資産均等型)は12位でした。バランスファンドでは一番人気です。
  • セゾン投信の2商品、2021年より順位を落としています。

41位から80位まで

41位から80位までの一覧表

資金流入額が急激に少なくなってきました。

81位から120位まで

81位から120位までの一覧表

金額がショボくなってきました。

121位から160位まで

121位から160位までの一覧表

  • 総口数が10億に満たないものが散見されます。
  • この商品はこんなに不人気なの?とびっくりするものもあります。

161位以降

161位以降

これだけ不人気だと運用側もモチベーション上がらないでしょうね。

グラフにすると一目瞭然

お約束のグラフです。

資金流出入額の累計のグラフ

横軸は順位で、左側が1位です。2022年上半期に売れた(資金流入額が多かった)のは、一握りに過ぎないことが良く分かります。人気の高いものがたくさん売れ、そうでないものは売れないという二極化が進んでいます。

おまけ:スリムシリーズだけ見ると

次はスリムシリーズだけを抽出したものです。債券、リートにのみ投資する商品はつみたてNISA適格ではないので出てきません。

スリムシリーズだけを抽出した表

資金流入は1、2位が圧倒的ですが、純資産価額で見るとスリムバランス(8資産均等型)も良く売れていることが分かります。人気商品がより売れる傾向が強いので、このように偏りが出るのは避けられないですね。

まとめ:トータルコストと人気に注意しましょう

投資信託は粗製乱造される傾向にあります。つみたてNISA適格となるには厳しい条件をクリアしないといけないため、「地雷」とか言われるひどいものはそもそも排除されていますが、それでも極端に総口数が少ないものには繰上償還のリスクが付きまといます。

また、純資産総額が少ない、あるいは競合と比較して資金流入のペースが遅い場合、その商品は競争力を失うだけだと思われます。投資信託が売れるようにするのは(人気商品にするのは)簡単ではないわけですが、そのためには運用会社の投資が必要な場合もあるでしょう。それは信託報酬の引き下げだったり、販促活動だったりしますが、その原資は純資産総額から得られる信託報酬なので、結局「勝者が全部持っていく」図式になると思われます。

  • 極端に不人気な商品は、繰上償還リスクがあるので避けた方がよいでしょう。
  • 同じベンチマークの商品から選ぶなら、トータルコストと資金流入の様子(=人気)を気にすべきです。

おすすめの関連記事

-NISA

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER