全世界株式

ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)の運用コストと評価

スリム全世界株式(3地域均等型)の設定日は2018年4月3日ですが、同じ組成のインデックスファンドがそれより4ヶ月以上前の2017年11月17日に設定されていました。スリム全世界株式(3地域均等型)ほど話題にならなかったようですが、「ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)」という名が体を表していない商品です。

インデックスファンドには先行した商品の人気を見て似たような、あるいは同じ組成の商品を出すことが少なくありません。たとえば圧倒的な人気を誇るスリムバランス(8資産均等型)を真似て不発で終わりそうな商品が散見されます。スリム全世界株式(3地域均等型)は先行するインデックスパッケージを真似た形ですが、ものすごく不人気です。でもニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)はもっと不人気です。

ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)

スリム全世界株式(3地域均等型)もニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)も先進国株式、新興国株式、国内株式に1/3ずつ投資するだけでなく、ベンチマークまで同じです。

スリム全世界株式(3地域均等型)のベンチマーク

引用:スリム全世界株式(3地域均等型)の目論見書

ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)のベンチマーク

引用:ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)の目論見書

でもインデックスパッケージの信託報酬は(事情は分かりますが)やる気を感じないですし、あの長ったらしい<購入・換金手数料なし>が付いていないところから、ネット販売をメインに据えていない気がしています。(一応ノーロードかつ信託財産留保額0ですし、つみたてNISA適格です。)

トータルコスト

次は運用報告書から計算したトータルコストです。スリム全世界株式(3地域均等型)と比較しています。

運用報告書から計算したトータルコスト表

そもそも信託報酬にやる気を感じませんが、隠れコストも高く、トータルコストは0.54%を超えます。これは高いです。

次は隠れコストの明細です。

隠れコストの明細表

ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)は保管費用が高いですが、これはニッセイ新興国株式の保管費用がバカ高いためです。

スリム全世界株式(3地域均等型)とのリターン比較

次はスリム全世界株式(3地域均等型)の設定日直後を避けた、2018年4月20日から2020年6月26日までの、ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)とのリターン比較です。

スリム全世界株式(3地域均等型)とニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)とのリターン比較グラフ

青のラインはリターン差で、スリム全世界株式(3地域均等型)ーニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)です。

ベンチマークが異なる複数の資産に投資している場合、複数の理由からリターン比較結果は期待通りになりません。それでも青のラインはスリム全世界株式(3地域均等型)の方がリターンが高い(コストが低い)ことを示しています。これは期待通りです。

絶望的に売れていません

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は0.34億円しかありません。

ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

絶望的に売れていません。1億円ほど買って半年後に売却した人がいるようですね。

スリム全世界株式(3地域均等型)も不人気ですがまだましです。

ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)とスリム全世界株式(3地域均等型)の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

結論:買う価値ありません

3地域均等型に投資するならスリム全世界株式(3地域均等型)一択です。ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)を買う価値はありません。

普通に考えると、ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)は繰り上げ償還の候補になりそうなぐらい不人気です。でもつみたてNISA口座で買っている受益者がいたら、金融庁の手前繰上償還しにくいでしょうね。

おすすめの関連記事

-全世界株式

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER