インデックス投資

VTIとVTI+TLTのどちらがおすすめですか?

株式と逆の値動きをする債券を混ぜることのメリットを調べたk㎝3sさんの記事に刺激されました。

VTIとTLTを56:44で組成するとシャープレシオが最大になり、リターンの劣化を抑えつつリスクを低減できるという評価です。VTIはおなじみの米国株式に投資するETF、TLTは米国の20年超の長期国債に投資するETFです。

先進国株式に先進国債券を混ぜるのは、長期投資を前提とすると意味がないことが分かっているのですが、VTIとTLTLではどうでしょうか。調べました。

更新情報

  • 参照しているデータを最新版の更新しました。
  • データは全てトータルリターン(円換算後、配当金は米国10%課税のみで再投資)としました。

おことわり

これはk㎝3sさんの記事の内容に反論するものではありません。

比較方法

VTIと、VTIとTLTを56:44で混ぜたもの(毎月リバランス)を比較します。どちらも参照しているデータはトータルリターンです。

以降、単にVTI、TLTとあってもそれらは「円換算後のトータルリターン」です。

VTIとTLT

次はVTIとTLTのリターン比較です。2002年9月2日から2020年9月30日までです。

VTIとTLTのリターン比較グラフ

赤のラインがVTI、緑のラインがTLTです。TLTは変動率(ボラティリティー)が小さいですが、過去18年間で見たリターンは高いです。

VTIとTLTを56:44で混ぜた合成結果もプロットしました。

VTIとTLTを56:44で混ぜた合成結果もプロットしたグラフ

青のラインが合成結果です。いい感じですね。

リスク比較

次は月次で求めたリスク(変動率)を年率換算したものです。

月次で求めたリスク(変動率)を年率換算したグラフ

債券を混ぜることで、リスクが大幅に低減されているのが分かります。

リターン比較

リターン比較は、比較する期間によってその印象が大きく変わります。

2003年1月から2020年9月まで

2003年1月から2020年9月までのリターン比較グラフ

2016年までは債券を混ぜたことのメリットを実感できました。2017年以降はそうでもないです。

2006年1月から2020年9月まで

2006年1月から2020年9月までのリターン比較グラフ

これは凄いですね。

2009年1月から2020年9月まで

2009年1月から2020年9月までのリターン比較グラフ

債券混ぜない方が良かったと思ってしまいます。

2012年1月から2020年9月まで

2012年1月から2020年9月までのリターン比較グラフ

これは凄いですね。

2015年1月から2020年9月まで

2015年1月から2020年9月までのリターン比較グラフ

債券混ぜない方が良かったと思ってしまいます。

2018年1月から2020年9月まで

2018年1月から2020年9月までのリターン比較グラフ

微妙です。

2年単位で比較

ここらは2年単位でリターンを比較します。時期によって有利、不利が大きく変わります。

どんどんスクロールして流し見して下さい。

2003、2004年

2003、2004年のリターン比較グラフ

2005、2006年

2005、2006年のリターン比較グラフ

2007、2008年

2007、2008年のリターン比較グラフ

2009、2010年

2009、2010年のリターン比較グラフ

2011、2012年

2011、2012年のリターン比較グラフ

2013、2014年

2013、2014年のリターン比較グラフ

2015、2016年

2015、2016年のリターン比較グラフ

2017、2018年

2017、2018年のリターン比較グラフ

2019、2020年(9月まで)

2019、2020年(9月まで)のリターン比較グラフ

結論:先進国株式+先進国債券よりずっと良い

株式と逆の値動きをする債券を混ぜることにより、変動率は大幅に抑えられました。比較期間によっては、リターンを劣化させずにリスクを減らせることも確認できました。が、長期間で見るとリターン差が開く傾向にあります。

先進国株式に先進国債券を混ぜた場合、パフォーマンスの劣化が大きかったです。それと比べると、米国株式に米国長期債券を混ぜたものの印象は悪くありません。でも、変動率の高さを気にせずに買い持ちを継続できるなら、株式に債券を混ぜる必要はないと考えます。ここは、人によって見解が分かれるところでしょう。

おすすめの関連記事

-インデックス投資

© 2020 河童のインデックス投資 Powered by STINGER