全世界株式

楽天全世界株式の運用コストと評価

楽天全世界株式はVTを買うだけのインデックスファンドです。楽天全世界株式固有の運用コストを負担しなければなりませんが、その代わりに、VTを自分で買う場合に生じるデメリットを解消してくれます。その運用コストは、信託報酬と隠れコストから構成され、毎営業日、純資産から天引きされます。

楽天全世界株式の第一期決算期間の運用コストはびっくりするほど高かったのですが、第二期は大幅に低減されました。第三期はさらに低減されているようです。優秀です。

更新情報

株価暴落後の運用コストを推測したら明らかに増えていました

楽天全世界株式の運用コストを推測する方法

楽天全世界株式はバンガード社のETFであるVTを受益者に代わって買います。その価格はVTの終値です。また、VTから年4回配当金が出ますが、それを国内課税なしで再投資します。

次の手順でVTトータルリターンを生成します。

  • 2010年1月5日に10,000円でVTを買ったことにします。扱う株数は「端株数」です。つまり、VTの取引価格が4,000円なら2.5株買ったことになります。
  • 配当金が出たら米国での10%課税後のドルを再投資します。税引き後の配当金でVTを端株数で買うのです。そうして保有株数を増やします。保有株数が増えるのは配当金を再投資した時だけです。
  • 円をドルに替える為替手数料もVTの購入手数料もゼロとします。
  • 評価額は円換算して求めます。
  • 評価額の推移を指数化します。

たとえると、河童証券がVTを買うだけのインデックスファンドを運用して、配当金の再投資までしますが、信託報酬も隠れコストもゼロ円の場合の基準価額の推移を生成するようなものです。そのため、このトータルリターンは現実にはありえない仮想的なものです。

これと楽天全世界株式の基準価額の推移を比較することで次のコストの総和が推測できます。(VTの経費率を除きます。)

  • 純資産から毎営業日天引きされている信託報酬。
  • 運用報告書に記載される、隠れコストと呼ばれる、信託報酬以外のコスト。売買委託手数料、有価証券取引税、監査費用、保管費用など。
  • 楽天全世界株式がコストとは認識しないものの、運用で生じたロス。たとえば純資産の一部を現金で保有したことによる機会損失。

反論歓迎です。

おどろくほど高コストだった第一期決算期間

楽天全世界株式の第一期決算期間は、受益者が失望を隠せないほど高コストなものでした。昔はいいから現在が知りたいって方はここまで飛ばして下さい。

次は2017年9月29日から2018年7月17日(第一期決算期間)における楽天全世界株式とVTトータルリターンの比較です。

2017年9月29日から2018年7月17日(第一期決算期間)における楽天全世界株式とVTトータルリターンの比較グラフ

青のラインはVTトータルリターンー楽天全世界株式です。赤の矢印の位置で跳ね上がっているのは、楽天全世界株式の運用上の問題でリターンが劣化したためです。同じ現象は楽天全米株式にも観測されました。新規設定されたファンドで良く見られる問題ですが、その程度が大きかったです。

次は運用が安定してきたと思われる、2017年11月1日からの比較です。

青のラインはきれいな直線で、その傾きは楽天全世界株式の運用コストの大きさを示しています。

次はVTトータルリターンの運用コストを年率0.58%ポイント増量したものとの比較です。

VTトータルリターンの運用コストを年率0.58%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはフラットに近くなりました。よってこの期間の楽天全世界株式の、VTの経費率を含んだトータルコストは税込み0.67%程度だと推測されました。ところが、第一期運用報告書から計算した数値はそれより小さい税込み0.4871%でした。

第一期運用報告書から計算した楽天全世界株式のトータルコスト表

僕が推測したトータルコストと、運用報告書から計算したトータルコストが一致しない理由はいくつか考えられるのですが、ここでは運用報告書にある数値が正しいとしましょう。

当時、楽天全世界株式の受益者はこのトータルコストの高さに泣きました。目論見書では、実質的に負担する運用管理費用をこう表現していました。

引用:目論見書

この桁数の多い数値は(当時の)VTの経費率0.1%を含んでいます。あのVTがインデックスファンドで、しかもこんな低コストで買えると狂喜乱舞した後で、隠れコストを加えると税込み0.4871%だったと知らされた時の落胆は大きかったです。

大きく改善された第二期決算期間

次は2018年7月18日から2019年7月16日(第二期決算期間)における楽天全世界株式とVTトータルリターンの比較です。

2018年7月18日から2019年7月16日(第二期決算期間)における楽天全世界株式とVTトータルリターンの比較グラフ

赤の矢印の位置にある大きなヒゲは、VTの配当金を取り込むタイミングの違いによるものです。無視して下さい。

次はVTトータルリターンの運用コストを年率0.25%ポイント増量したものとの比較です。

VTトータルリターンの運用コストを年率0.25%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。よってこの期間の楽天全世界株式の、VTの経費率を除いたコストは税込み0.25%程度だと推測されました。

第二期運用報告書から計算した数値はそれに近いものでした。第一期に高かった隠れコストは1/3に削減されました。

楽天全世界株式のトータルコスト比較表

トータルコストからVTの経費率(0.09%、当時)を除くと税込み0.2088%になりました。推測値に近くなりました。

次は隠れコストの明細です。

楽天全世界株式の隠れコストの明細表

売買委託手数料が大幅に削減されました。第二期は頑張りましたね。また、印刷費用という時代遅れの項目を計上していた「その他」がゼロになりました。

低水準が維持されている第三期決算期間

次は第三期決算期間が開始した2019年7月17日から2020年4月30日までの、楽天全世界株式とVTトータルリターンの比較です。

第三期決算期間が開始した2019年7月17日から2020年4月30日までの、楽天全世界株式とVTトータルリターンの比較グラフ

黄色に塗った株価暴落開始後はリターン差から運用コストを推測できないため除外して考えます。

次は2019年7月17日から2020年2月20日までで、VTトータルリターンの運用コストを年率0.18%ポイント増量したものとの比較です。

VTトータルリターンの運用コストを年率018%ポイント増量したものとの比較グラフ

青のラインはほぼフラットになりました。よって楽天全世界株式の第三期の、VTの経費率を除いたコストは、第二期より削減された、税込み0.18%程度だと推測されます。本当なら出来すぎですね。

第三期運用報告書で公開される数値から計算したトータルコストは、第二期のように推測値より高くなると思われますが、そうであってもVTトータルリターンとの差が小さいことは大歓迎です。

株価暴落後の運用コストを推測

次は第三期決算期間が開始した2019年7月17日から2020年7月31日までの、楽天全世界株式とVTトータルリターンの比較です。

2019年7月17日から2020年7月31日までの、楽天全世界株式とVTトータルリターンの比較グラフ

株価暴落の最中は、青のラインがヘタっていますが、これは想定通りです。青のラインが再び右肩上がりになった4月以降の運用コストを推測してみました。

次は2020年4月1日から7月31日を切り出したものです。

2020年4月1日から7月31日を切り出したグラフ

この青のラインをフラットにするには、残念ながら0.18%ポイントの増量では足りず、0.32%ポイント必要でした。

VTトータルリターンの運用コストを年率0.32%ポイント増量したものとの比較グラフ

このことから、株価暴落後のVTの経費率を除いたコストは、税込み0.32%程度だと推測されます。(同じ期間の楽天全米株式の運用コストも同様に増加していました。)

少なくともこの比較方法では、株価暴落前と後で明確な差があることは確かです。

人気が衰えない楽天全世界株式

その昔、先進国株式+新興国株式+国内株式で組成される「全世界株式」は、日本では売れないと言われた時期がありました。今そんなこと言ったら「馬鹿じゃね」と笑われそうです。その、ひと昔前の通念を打破したのが、楽天全世界株式でした。あのVTがインデックスファンドとして買えるとあって、設定直後から高い人気を獲得しました。

その人気は、唯一のライバルと言える、スリム全世界株式(オール・カントリー)の登場後も盤石です。オール・カントリーが何度も信託報酬を(他社対抗で)引き下げた後でもです。

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。オール・カントリーもプロットしています。

楽天全世界株式の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

赤のラインの楽天全世界株式は、ほぼ一定のペースで増え続けています。緑のラインのオール・カントリーは、2019年までは楽天全世界株式に追いつけそうにありませんでしたが、2020年になって追い上げています。

楽天全世界株式は、設定来、VTの経費率が下がったことを除いて、信託報酬を引き下げていません。信託報酬税抜き0.12%+VTの経費率=実質的に負担する運用管理費用(税抜き)を守り通しています。対抗値下げしなくても純資産総額の伸びをキープできるなら、値下げしないのも戦略のひとつです。それに対する受益者の答えは、資金流出入に表れます。

そして、楽天全世界株式の第二期以降の運用コストは十分に低廉で、運用は安定しています。それに相応しい資金を集められていると言えるでしょう。

オール・カントリーの方が低コストだけど

楽天全世界株式のベンチマークはFTSEグローバル・オールキャップ・インデックス、オール・カントリーはMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスと、ベンチマークが違うので同列での比較はできません。が、運用報告書から計算したオール・カントリーのトータルコストは楽天全世界株式より安いです。(運用報告書にある数値はあてにならないので注意が必要です。)

楽天全世界株式とオール・カントリーのトータルコスト比較表

また、楽天全世界株式にはVT同様、三重課税問題が存在します。これはうれしくないです。

無視できない三重課税コスト

日本人が米国以外の資産に投資する米国籍ETFを買う場合、三重課税問題が発生します。VTの米国以外の投資先から得る配当金は、米国外での現地課税と、米国での10%課税が適用されます。ここまでが二重課税で、日本でさらに20.315%課税されると三重課税になる、というものです。

そんなマニアックな話はいいやって方は、ここまで飛ばして下さい。

2017年度は推定0.087%

VTの2017年度の年次レポートにある、配当金の課税に関する数値は明らかに不自然でした。そこで、配当金への外国税率を10%と仮定して逆算したのが次の図です。

配当金への外国税率を10%と仮定して逆算した図

配当金の39.60%に対してさらに10%課税しているのが余剰(三重課税の原因)で、それは配当金全体の比率で見ると3.96%になります。

配当金は年率2.2%で、これはVTの保有額に対する割合ですから、これに3.96%を乗じた0.087%が三重課税コストになります。

2018年度は0.118%

次はVTの2018年度の年次レポートから、配当金への課税関係をまとめた図です。

VTの2018年度の年次レポートから、配当金への課税関係をまとめた図

配当金の49.17%に対してさらに10%課税しているのが余剰(三重課税の原因)で、それは配当金全体の比率で見ると4.92%になります。

配当金は年率2.4%で、これはVTの保有額に対する割合ですから、これに4.92%を乗じた0.118%が三重課税コストになります。

2019年度は推定0.100%

困ったことに2019年度の年次レポートには、米国外の株式から得た配当金の額が明記されていません。

2018年分度は、配当金の54.7%が外国で源泉徴収済みでした。この大事な数値が分からないのですが、2019年度は50.0%だったとして試算します。

VTの2019年度の年次レポートから、配当金への課税関係をまとめた図

すると配当金の44.67%に対してさらに10%課税しているのが余剰(三重課税の原因)で、それは配当金全体の比率で見ると4.47%になります。

配当金は年率2.23%なので、これはVTの保有額に対する割合ですから、これに4.47%を乗じた0.100%が三重課税コストになります。

なお、配当金の年率(Dividend Yield)が明記されていなかったので、配当金実績から自分で計算しました。

VTの三重課税コストは0.1%程度か

三重課税問題は、オール・カントリーのような現物株運用のファンドには存在しません。配当金への課税は現地(外国)と国内の譲渡税のみで、余剰となる米国課税がないからです。この課税の仕組み上、三重課税問題は都市伝説ではありませんが、大半の受益者はその存在すら知らないと思います。また、ベンチマークがVTと同じで現物株運用のファンドがあると、リターン差から三重課税コストの存在を確認できると思うのですが、残念ながら存在していません。(オール・カントリーのベンチマークがVTと同じだったら楽しかったと思っているのは内緒です。)

VTが好きなら、三重課税問題をあえて許容するというのも選択肢でしょう。VTに思い入れがないなら、三重課税問題は気にした方がいいと思います。

結論:楽天全世界株式のコストは低水準で運用も安定しています

楽天全世界株式の現在のコストは低水準で運用も安定しており、安心しておすすめできます。スリム全世界株式(オール・カントリー)の方が低コストですが、VTを間接的に買っている楽天全世界株式が好きという場合は、楽天全世界株式一択でいいです。それこそが長期間の買い持ちを、精神面で支えてくれる重要な要素だからです。

日本を含む全世界株式に投資したい場合、運用コストと人気で考えると、おすすめは楽天全世界株式かオール・カントリーの二択になります。

おすすめの関連記事

-全世界株式

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER