インデックス投資

スリム米国株式(S&P500)は楽天証券で買うのが賢明です

楽天証券でマネーブリッジを利用して投資信託を保有すると、保有資産10万円ごとに毎月楽天スーパーポイントが4ポイント付与されます。10万円未満の端数を無視すると年率0.048%です。SBI証券だと保有資産に対してある比率でTポイントが付与されますが、その比率は投資信託によって変わります。ローコスト投信ほど比率が下がります。(現在の一覧はこちら。)

賢明なインデックス投資家は信託報酬、トータルコストに注意を払って商品選択をします。が、保有資産額に応じて付与されるポイントを考慮して、その商品をどこで買うかまで考えているでしょうか。していないなら絶対にすべきです。確実に得しますし、わずかな信託報酬の取り分から受益者にポイントを還元してくれている企業努力に応えたいものです。(何かの理由で楽天証券が嫌いな人にまでは、おすすめしません。)

更新情報

参照しているデータを最新版に更新しました。

ポイント付与率を考慮した販売会社の取り分

次は主なローコスト商品の、ポイント付与率を考慮した販売会社の取り分を比較した表です。ポイント付与率は、楽天証券なら年率0.048%ですが、SBI証券だと年率0.03%または0.02%、SBI新興国株式は0.01%です。

楽天証券とSBI証券のポイント付与率比較一覧表

赤字の商品は、楽天証券だとポイント付与によりまさに赤字になります。信託報酬のうちの販売会社の取り分よりポイント付与率の方が高いからです。そうでない商品も、ポイント付与後の売上は、最後の列が示す通り、楽天証券はSBI証券の1/10しかありません。あり得ないと思いませんか。

なお、残念ながらSBIバンガードS&P500は楽天証券では買えません。

でも楽天証券の0.048%とSBI証券の0.03%の差はわずか0.018%ポイントでしかありません。年間の平均評価額が1,000万円で1,800円しか変わりません。100万円ならたったの180円です。大した差じゃないからSBI証券でいいやと思った方、ポイント再投資が生み出す効果をナメています。でも無理もありません。それは想像を超えているからです。

そしてSBIバンガードS&P500が登場し、スリム米国株式(S&P500)の信託報酬が引き下げられ、SBI証券が付与するポイントも0.02%に減額されました。楽天証券との差は0.028%ポイントに広がりました。これがどれほど大きな差を生むのか検証します。

比較方法

スリム米国株式(S&P500)の保有資産に応じて付与されるポイントを再投資した場合に、どのような差が生まれるかシミュレーションで確認します。

  • 2020年年初から毎月初5万円を特定口座で積み立てます。
  • 指定の期待リターンで数学的に生成した基準価額を使います。
  • 翌月から、先月の平均評価額に応じて付与されたポイントを毎月初に予算5万円に加えて再投資します。(ここは現実とちょっと違います。)
  • 投資期間20年で税引き後評価額がどうなるか比較します。

楽天証券でポイント再投資ありとポイント再投資なしの比較

まず楽天証券で年率0.048%のポイントを再投資した場合と、ポイント再投資がない場合を比較します。期待リターンはS&P500の実力に合わせて年率5%です。(控えめにしました。)

楽天証券でポイント再投資ありとポイント再投資なしの比較グラフ

赤のラインが再投資あり、緑のラインが再投資なしです。税引き後の評価額です。このグラフのスケールだと、評価額の差は評価額の大きさに比べて小さいので赤のラインの上に緑のラインが重なってしまっています。

青のラインは税引き後評価額の差です。わずかですが弓なりに曲がっています。

ポイントの再投資により税引き後で106,824円多かったです。再投資なしより0.57%有利だったことになります。1年あたりに直すと5,341円になります。え、年間の平均評価額が1,000万円で4,800円分のポイントしかもらえないんですよ。おかしくないですか?これが複利効果です。

なお、税引き後評価額の利益率は再投資なしの方がわずかに高いですが、これは計算ミスではありません。

ポイント再投資が生む複利効果

楽天証券で保有資産に応じて毎月もらえるポイントを再投資すると、年率0.048%で毎月複利で元本を増やせます。元本に期待リターンを乗じたものが評価額になり、評価額に応じて毎月ポイントが付与されます。

上記シミュレーションは期待リターン5%で資産が増え続ける、現実にはありえないものですが、仕組みはシミュレーション通りです。上記シミュレーションがおかしく思えるのは、人の頭がついてこれないからです。

楽天証券とSBI証券のポイント再投資を比較

では楽天証券で年率0.048%のポイントを再投資した場合と、SBI証券で年率0.02%のポイントを再投資した場合を比較します。期待リターンは年率5%です。

楽天証券とSBI証券のポイント再投資を比較したグラフ

楽天証券の方が税引き後で62,194円有利でした。税引き後リターンがSBI証券より0.33%高かったことになります。

20年積立投資して元本1,200万円(ポイント再投資分を除きます)、税引き後評価額が1,880万円を超えました。それだけ利益が得られた時の62,194円は気にならない金額でしょうか。僕は気になります。

ポイント差0.028%ポイントが生み出す効果

スリム米国株式(S&P500)に付与されるポイントの差はわずか年率0.028%ポイントでしかありません。が、ポイント再投資による複利効果は強烈です。次のグラフはポイント再投資後の元本の差をプロットしたものです。

ポイント差0.028%ポイントが生む元本の差が分かるグラフ

年率0.028%ポイントの違いは長期投資だと馬鹿にならないのです。

スリム米国株式(S&P500)買うなら楽天証券一択

この記事ではSBI証券と比較しましたが、超ローコスト投信の保有でもらえるポイントについて言うと他の証券会社は話になりません。現状無視できます。

この記事の結論としては、スリム米国株式(S&P500)を買うなら、楽天証券一択です。

iDeCo口座ではポイントはもらえません

楽天証券もSBI証券も、特定口座とNISA口座で保有資産額に応じたポイントが付与されますが、残念なことにiDeCo口座は対象外です。ここはまだ競争の余地があります。この領域で楽天証券が攻めないのが不思議です。厚生労働省に制限されない限りできると思うのですが。

現実にはポイント再投資は難しい

ここまで再投資効果を絶賛しておいて気が引けますが、現実にはこのポイント再投資は難しいです。付与されるポイントは評価額と共に変動しますし、毎月適宜再投資するのはめんどうです。でもまとめて1年に1回再投資するよりは、毎月ちまちま再投資した方が有利です。

僕は楽天証券にポイントの自動再投資プログラムの実装を切望しています。毎月ポイントが付与される都度指定した投信を(100ポイント以上の場合に限り)自動で買い付けてくれるというものです。

でもこれを待ってるままではもったいないので、次のようにしています。

  • スリム先進国株式を特定口座で楽天カード決済で5万円積み立てているのとは別に、特定口座で積み立て設定を追加します。(普通にできます。)
  • 積み立て額は現在付与されているポイントに近い金額にします。
  • 時々積み立て額を見直します。

おすすめの関連記事

-インデックス投資

© 2020 個人事業主が節税してインデックス投資 Powered by STINGER