全世界株式

セゾン資産形成の達人ファンドの運用コストと評価

セゾン投信が運用しているセゾングローバルバランスは圧倒的な人気を誇っています。誰もが認めるキング・オブ・バランスファンドです。が、セゾン投信のもう1つの商品である「セゾン資産形成の達人ファンド」はそこまでの成功をおさめられていません。

その理由はパフォーマンスが大したことないからだと思われます。驚異的なパフォーマンスだったら、人気はそれに追随するはずだからです。

更新情報

参照しているデータを最新版に更新しています。

セゾン資産形成の達人ファンド

2007年3月15日に設定されました。セゾン投信が設定した税抜き信託報酬は0.53%ですが、投資対象ファンドの信託報酬を合算した実質的な運用管理費用は税込み1.35%程度です。

セゾン資産形成の達人ファンドは全世界の株式に投資するアクティブファンドです。目論見書には債券に投資することもあると書かれていますが、現在はほぼ株式のみです。

地域別投資比率は時価総額比の楽天全世界株式と比べると、米国が少なくて欧州、日本、新興国が多いです。

セゾン資産形成の達人ファンドと楽天全世界株式の地域別投資比率のグラフ

出典:目論見書

運用は、僕が嫌いな(コストがかさむから)ファンド・オブ・ファンズ形式で、現在9本のファンドに投資しています。

セゾン資産形成の達人ファンドの投資対象ファンド

引用:目論見書

過去にはさわかみファンドやコモンズ30ファンドと言った、独立系運用会社のアクティブファンドを投資対象にしていた時期もありました。

セゾン資産形成の達人ファンドは「指定インデックス投資信託以外」でつみたてNISA適格です。また、iDeCoナビによると、次の金融機関のiDeCo口座で扱われています。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天証券
  • SBI証券(セレクトプラン)
  • 福岡銀行

なお、僕の嫌いな解約時信託財産留保額0.1%が設定されています。

運用コスト不明

セゾングローバルバランスもそうでしたが、運用報告書にある隠れコストの記載内容は、とても残念なものです。

セゾン資産形成の達人ファンドの隠れコストの表記

引用:運用報告書

達人ファンドは9本のファンドを売買します。それに必要な売買委託手数料も、有価証券取引税も、保管費用も計上されていません。おかしいと思いませんか。でも運用報告書の記載ルールがこれでいいことになっているので、読み手がミスリードされないようにならいといけません。

また、9本のファンドの隠れコストもゼロではないはずです。運用報告書にある、各ファンドの費用明細にはそれらの数値も出てきます。だから計上できないのではなくて、していないのです。よって、達人ファンドの運用コスト(トータルコスト)がいくらなのかは不明です。信託報酬を合算しただけで税込み1.35%なので、それより高いことは間違いありません。

リターン比較

セゾン資産形成の達人ファンドの参考指数はMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスです。なのでそれにふさわしい比較対象を選びました。

VTトータルリターンとの比較

VTのベンチマークはFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスですが、時価総額比で全世界株式に投資します。次は2009年年初から2021年11月30日までの比較です。

セゾン資産形成の達人ファンドとVTトータルリターンの比較グラフ、2009年から

赤のラインが達人ファンド、緑のラインがVTトータルリターンです。青のラインはリターン差で、達人ファンドーVTトータルリターンです。

この比較期間だと達人ファンドの圧勝です。高い運用コストに見合うパフォーマンスが得られていますね。

次は2018年年初からの比較です。

セゾン資産形成の達人ファンドとVTトータルリターンの比較グラフ、2018年から

ほぼ互角になりました。この約4年間の比較では、セゾン資産形成の達人ファンドの優位性は感じられないです。

VTIトータルリターンとの比較

この比較はセゾン資産形成の達人ファンドには、アクティブファンドとは言え、厳しいですかね。

次は2008年年初からの、VTIトータルリターンとの比較です。

セゾン資産形成の達人ファンドとVTIトータルリターンの比較グラフ、2008年から

赤のラインがVTIトータルリターンです。青のラインはVTIトータルリターンー達人ファンドです。2014年までは達人ファンドの方がいくらか高パフォーマンスでしたが、その後は互角、最近はVTIトータルリターンの方が高パフォーマンスです。

次は2018年年初からの比較です。

セゾン資産形成の達人ファンドとVTIトータルリターンの比較グラフ、2018年から

2018年以降ならVTIトータルリターンの方が高パフォーマンスですね。でもこの傾向が今後も続く保証はありません。

楽天全世界株式とのリターン比較

僕が生成したトータルリターンは、ETFの経費率を除く運用コストがゼロの理想的なものです。そこでもっと現実的な比較もしておきます。

次は楽天全世界株式の設定直後を避けた、2017年11月1日から2021年12月17日までの比較です。

セゾン資産形成の達人ファンドと楽天全世界株式のリターン比較グラフ

赤のラインがセゾン資産形成の達人ファンドです。この比較期間だと互角です。セゾン資産形成の達人ファンドは、その高い運用コストに見合ったリターンではないですね。

楽天全米株式とのリターン比較

次は楽天全米株式の設定直後を避けた、2017年11月1日から2021年12月17日までの比較です。

セゾン資産形成の達人ファンドと楽天全米株式のリターン比較グラフ

青のラインは楽天全米株式ー達人ファンドです。米国株式100%の高いリスクを負えるのなら、わざわざ高コストな達人ファンドを買うことはないですね。もちろん、未来のことは誰にも分かりません。

スリム全世界株式(オール・カントリー)との比較

次はスリム全世界株式(オール・カントリー)の設定直後を避けた、2018年11月15日から2021年12月17日までの比較です。

セゾン資産形成の達人ファンドとスリム全世界株式(オール・カントリー)のリターン比較グラフ

青のラインは達人ファンドーオール・カントリーです。互角ですね。参考指数に勝てないようでは、高い信託報酬を負担する意味がないと言われてしまいます。

Fund of the Yearの順位

セゾン資産形成の達人ファンドはFund of the Yearに何度か入賞していますが、それほど人気が高かったわけではありません。セゾングローバルバランスの方が人気でした。

Fund of the Yearの順位表

売れ行きは

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は1,818億円です。

セゾン資産形成の達人ファンドの設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

安定した資金流入が続いています。セゾン投信の営業力の強さを感じます。

次は直近90日間の、毎営業日ごとの資金流出入額の推移です。

直近90日間の、毎営業日ごとの資金流出入額の推移グラフ

ほとんどの買い付けは決まった日に行われていることが分かります。これは、セゾン資産形成の達人ファンドは積立での購入を前提としているためです。スポット購入も可能ですが、手軽にはできない前時代的仕様です。ほとんどの受益者は、一度積立設定したら後はほったらかしなのでしょう。

セゾン資産形成の達人ファンドは人気を獲得するのに7年以上かかりました。同じ日に設定されたセゾングローバルバランスと比較すると人気の違いが良く分かります。

セゾングローバルバランスもプロットしたグラフ

緑のラインがセゾングローバルバランスです。どちらもある時を境に資金流入量が増えていますが、それと2014年9月の日本郵政との業務提携の関連は分かりません。

セゾン資産形成の達人ファンドの参考指数はMCSI ACWIで、これはオール・カントリーのベンチマークです。オール・カントリーの人気は圧倒的で、おそらく受益者はセゾン資産形成の達人ファンドの存在など気にしていないでしょう。

セゾン資産形成の達人ファンドとオール・カントリーの資金流出入額の累計の推移グラフ

評価:セゾン投信が好きでなければおすすめしません

僕はアクティブファンドに否定的なのでおすすめしませんが、セゾン投信が(受益者との向き合い方含めて)好きなら、良い選択肢になると思います。設定来のパフォーマンスは悪くはないですし、高い運用コストを払うだけのことがある、アクティブファンドとしての役割を果たしてくれるだろうと期待できます。14年間生き残れたわけですから。

でも近年のパフォーマンスは楽天全世界株式、オール・カントリーと互角で、わざわざ高いコストを負担してまでセゾン資産形成の達人ファンドに投資する意味が見出だせない状況です。一般的にアクティブファンドがインデックスファンドに勝ち続けるのは難しいと言われている通りになっています。そのため、よほどセゾン資産形成の達人ファンドが好きでなければ普通の、超ローコストインデックスファンドで十分だと思います。

おすすめの関連記事

-全世界株式

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER