米国株式

SBI・V・米国高配当株の運用コストと評価

楽天全米株式、楽天全世界株式は高い人気を獲得しましたが、その一方で楽天米国高配当株式は人気の獲得に苦戦しています。そもそも投資対象であるVYMが魅力的なETFではないのでしょう。

にもかかわらず、SBIアセットマネジメントはSBI・VシリーズにSBI・V・米国高配当株式を追加してきたのでびっくりしました。信託報酬が安くても、楽天米国高配当株式の状況を激変できるとは思えません。

どちらも人気はイマイチですが、SBI・V・米国高配当株式の方が売れています。

更新情報

参照しているデータを最新版に更新しています。

SBI・V・米国高配当株式

楽天米国高配当株式に4年5ヶ月遅れの2021年6月29日に、税抜き信託報酬0.118%(VYMの経費率を含みます)で設定されました。ETFの経費率を除いた信託報酬部分は、SBI・V・S&P500、SBI・V・全米株式と同率です。

  • VYMを買うだけのインデックスファンドです。VYMから年4回得られる配当金は国内課税なしでファンド内で再投資されます。
  • 表面的には、楽天米国高配当株式の低コスト版と言えます。(実際の運用は違います。)
  • 販売会社はSBI証券、auカブコム証券、松井証券です。楽天証券は扱っていません。
  • 現在、iDeCoでの扱いはありません。

VYMが連動する指数がつみたてNISAの指定インデックスではないため、楽天米国高配当株式はつみたてNISA適格ではありません。

楽天米国高配当株式との違い

楽天米国高配当株式は2020年7月から株式先物を利用しています。それには深い理由があります。

一方、SBI・V・米国高配当株式は株式先物を利用していません。株式先物の利用によって得られるパフォーマンスの改善がごくわずかであるとしても、楽天米国高配当株式の方が一歩先を行っていることは確かです。

運用コスト

第一期運用報告書が公開される2022年9月頃までは、正式な運用コストは不明です。が、ごまかしの効かない基準価額データを比較することで、楽天米国高配当株式と比べてどうなのかは分かります。

VTIトータルリターンとVYMトータルリターンの比較

楽天米国高配当株式の人気が出なかったのは、VYMがVTIにパフォーマンスで負けているからだと思います。次はVYMが設定された2006年11月20日から2022年6月30日までの、VTIとVYMのトータルリターン比較です。

VTIとVYMのトータルリターン比較グラフ、VYMの設定来

赤のラインがVTIトータルリターンです。長らく互角で推移して来ましたが、近年はVTIの圧勝でした。でも2022年は差が縮まって来ています。

次は2018年年初からの比較です。

VTIとVYMのトータルリターン比較グラフ、2018年年初から

コロナショックによる株価暴落前からVTIの方が有利でした。最近は差が縮まっているものの、この様子だとVTIで十分だと思ってしまいます。

VYMトータルリターンとの比較

このブログではETFの取引価格と配当金実績から、配当金への国内課税なしに再投資したトータルリターン(円換算後)を生成してリターン比較に使っています。次はVYMトータルリターンとの比較です。SBI・V・米国高配当株式の設定日から2022年1月28日までです。

VYMトータルリターンとSBI・V・米国高配当株式のリターン比較グラフ、設定日から

青のラインはリターン差で、VYMトータルリターンーSBI・V・米国高配当株式です。赤の矢印の位置で落ち込んでいるのは、SBI・V・米国高配当株式の上方乖離によるものです。設定直後のファンドではよく見られる現象で、こういうのは無視するのが妥当です。

次は設定直後を避けた2021年7月15日から2022年6月30日までの比較です。

VYMトータルリターンとSBI・V・米国高配当株式のリターン比較グラフ、2021年7月15日から2022年6月30日まで

リターン差を示す青のラインは右肩上がりで推移するのが期待値で、その傾きがSBI・V・米国高配当株式固有の運用コストを示しています。

次は同じ比較を楽天米国高配当株式でしたものです。グラフのスケールは同じです。

VYMトータルリターンと楽天米国高配当株式のリターン比較グラフ、2021年7月15日から2022年6月30日まで

おや、最近はSBI・V・米国高配当株式より青のラインの傾きが大きくなっていますね。これは、楽天米国高配当株式の運用コストが上昇していることを示しています。

楽天米国高配当株式とのリターン比較

VYMトータルリターンとの比較から結果はもう見ていますが、次は楽天米国高配当株式とSBI・V・米国高配当株式の比較です。SBI・V・米国高配当株式の設定直後を避けた2021年7月15日から2022年7月8日までです。グラフのスケールは同じです。

楽天米国高配当株式とSBI・V・米国高配当株式のリターン比較グラフ

青のラインはSBI・V・米国高配当株式ー楽天米国高配当株式です。比較期間の前半は、SBI・V・米国高配当株式のトータルコストは、楽天米国高配当株式とほぼ同じか、時期によっては楽天米国高配当株式より高かったのですが、最近は楽天米国高配当株式の方が高くなっています。

これはSBI・V・米国高配当株式の運用コストが改善されたのではなくて、楽天米国高配当株式の運用コストが増えたため(理由は分かりません)だと思われます。

売れ行きは

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産価額は117億円です。

SBI・V・米国高配当株式の設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

設定日の純資産価額が約20億円ありましたが、これは事前募集分です。そのうちいくらかは運用側の初期投資かも知れません。

設定直後に資金流入が頭打ちに変わっていますが、あの不人気な資産クラスに良くこれだけの資金流入があるなと思いました。

次は楽天米国高配当株式もプロットしたものです。純資産価額は89億円です。SBI・V・米国高配当株式にあっさり抜かれてしまいました。

楽天米国高配当株式もプロットしたもの

楽天米国高配当株式の資金流入の様子からすると、SBI・V・米国高配当株式は良く売れていると思います。今後どこまで伸ばせるかに注目しています。

評価:VTIかS&P500で十分では

SBI・V・米国高配当株式の投資対象であるVYMはパフォーマンスでVTIに負けているので、米国株式インデックスに投資するならVTIからS&P500で十分ではないでしょうか。楽天全米株式、SBI・V・全米株式、スリム米国株式(S&P500)、SBI・V・S&P500などの良い選択肢があります。

VYMが投資対象として不人気なのは明らかです。SBI・V・米国高配当株式は(楽天米国高配当株式も)つみたてNISA適格ではないことも、人気が出ない要因かも知れません。

SBI・V・米国高配当株式は、楽天米国高配当株式のトータルコストが最近増えたため、トータルコスト比較ではSBI・V・米国高配当株式が有利になりました。この傾向が今後も続くかどうかは分かりません。VYMに投資したい場合、現状では好きな方を選択したのでいいと思いますが、将来的にはSBI・V・米国高配当株式が有利になって欲しいところです。

おすすめの関連記事

-米国株式

© 2022 河童のインデックス投資 Powered by STINGER