NISA

【2020年度版】つみたてNISAリターン実績ランキング

2020年に、つみたてNISAで毎月初33,333円を投資した場合の、リターン実績ランキングを作成しました。この記事の対象となった、つみたてNISA適格商品は174本でした。

2020年はコロナショックによる株価暴落があったにも関わらず、その後株価は驚異的な回復を見せました。ほとんどの人は現在の含み益に満足していることと思います。

ではお楽しみください。

シミュレーション方法

  • つみたてNISA適格商品で、2020年1月6日より前に設定されていたものの多くを対象にしています。
  • 毎月初に33,333円を積立投資する、それを12ヶ月継続します。
  • 2020年12月末の評価額の利益率順に並べます。

1位から40位まで

表が長いので分割しています。まず40位までです。

1位から40位までの一覧表

  • TOP10は日経平均インデックスの独占でした。
  • 18位、19位はひふみでした。2020年は絶好調でしたね。
  • 20位から27位はMSCIエマージング・マーケットをベンチマークにしている新興国株式でした。
  • 32位は楽天全米株式、36位は楽天全世界株式でした。
  • 39位、40位は不人気な3地域均等型でした。

41位から80位まで

41位から80位までの一覧表

  • 45位から全世界株式が並んでいます。
  • 49位からJPX日経400インデックスが並んでいます。
  • 55位からMSCIコクサイインデックスが並んでいます。

81位から120位まで

81位から120位までの一覧表

  • 86位からS&P500インデックスが並んでいます。案外順位低いと思いませんか。

121位から160位まで

121位から160位までの一覧表

  • 当然ですが、バランスファンドが目立ちますね。2020年の相場環境だと、株式100%インデックスにはかなわないです。

161位以降

161位以降の一覧表

  • 債券比率の高いバランスファンドが目立ちます。
  • 最下位の東京海上円資産インデックスバランスは、コロナショックによる株価暴落時に弱点をさらしてしまいました。含み損だったのはこの商品だけでした。

成績一覧を視覚化

横軸を順位、縦軸を利益率のグラフにしました。

横軸を順位、縦軸を利益率にしたグラフ

2020年の傾向が20年間続くわけではありませんが、選択した商品によって大きな違いが生まれているのは確かです。

積立投資の不思議

次は人気の資産クラスに投資する3商品の、2020年のリターン比較です。リターンの高い順に、スリム米国株式(S&P500)、スリム先進国株式、スリム全世界株式(オール・カントリー)です。

人気の資産クラスに投資する3商品の、2020年のリターン比較グラフ

ところが毎月初積み立ての結果、2020年末の利益率はこうなっています。

  • スリム全世界株式(オール・カントリー):17.28%
  • スリム先進国株式:16.81%
  • スリム米国株式(S&P500):15.55%

不思議な気がしますが、基準価額の変動の仕方によっては、こういうことは普通に起きます。

まとめ:つみたてNISAもリターン実績はピンキリ

つみたてNISA適格商品でも、リターン実績はピンキリです。高いリターンが得られたのは、高いリスクを負ったからです。1年間積立投資を行い、19年間ガチホするとして、得られるリターンが前もって分かっているわけではないので、何に投資するかは非常に難しい問題です。

そして、商品選択は資産形成結果に大きく影響するので、20年後に後悔しないように、学びの姿勢を維持することが重要です。それがあれば、翌年度は異なる商品を選択しようとするチャンスも生まれます。つみたてNISAは素晴らしい制度ですが、それをどう活かすかは、みなさん次第なのです。

おすすめの関連記事

-NISA

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER