インデックス投資

SMT米国REITの運用コストと評価

米国のリート(不動産投資信託)に手軽に投資したい人にとって、SMT米国REITは長らく良い選択肢でした。現在ではNZAMベータ米国REITもありますが、どちらも不人気です。

SMT米国REIT

2015年10月23日に税抜き信託報酬0.55%で設定されました。先進国リートインデックスの最安水準が0.3%台になる頃でしたが、十分にローコストな設定だったと思います。

  • ベンチマークはS&P米国REIT指数です。
  • 金融機関を選ばないと、上限税抜2%の購入時手数料を徴収されてしまいます。
  • 解約時信託財産留保額0.05%が設定されています。

S&P米国REIT指数はつみたてNISAの指定インデックスですが、SMT米国REITは株式に投資しないため、つみたてNISA適格要件を満たせません。そのため、SMT米国REITはつみたてNISA適格ではありません。

S&P米国REIT指数

先進国リートインデックスの多くはS&P先進国REIT(除く日本)指数を採用しています。その米国比率は約73%です。残り約27%が、日本と米国を除いた先進国になります。

運用コスト

次は運用報告書から計算した運用コスト(トータルコスト)です。連動する指数が同じNZAMベータ米国REITと比較しています。

運用報告書から計算したトータルコスト表

SMT米国REITは隠れコストが異様に高いですが、NZAMベータ米国REITはもっと高いです。トータルコストは共に1.1%を超えています。アクティブファンド並ですね。

次は隠れコストの明細です。高い項目を赤字にしています。

隠れコストの明細表

売買委託手数料と保管費用が高いです。

リターン比較

連動する指数が異なる商品のリターン比較には注意が必要です。

NZAMベータ米国REITとの比較

次はNZAMベータ米国REITの設定直後を避けた2020年4月1日から、2021年3月12日までの、SMT米国REITとの比較です。

SMT米国REITとNZAMベータ米国REITのリターン比較グラフ

青のラインはリターン差で、SMT米国REITーNZAMベータ米国REITです。運用報告書から計算したトータルコストはほぼ同じです。互角か、SMT米国REITの方がリターンが高いか、というところでしょう。NZAMベータ米国REITにはもっと頑張って欲しいですね。

eMAXIS先進国リートの比較

次はSMT米国REITの設定直後を避けた2015年11月5日から2021年3月12日までの、eMAXIS先進国リートの比較です。

SMT米国REITとeMAXIS先進国リートのリターン比較グラフ

青のラインはeMAXIS先進国リートーSMT米国REITです。時期によって有利不利が変わりますが、この比較期間だと互角と言っていいでしょう。

S&P米国REIT指数とS&PグローバルREIT(除く日本)指数の比較

次はS&P米国REIT指数S&PグローバルREIT(除く日本)指数の、直近10年間の比較です。(トータルリターン、円換算後です。)本当はS&P先進国REIT(除く日本)指数と比較したかったのですが、データを取得できませんでした。

S&P米国REIT指数とS&PグローバルREIT(除く日本)指数の比較グラフ

青のラインはS&P米国REIT指数ーS&PグローバルREIT(除く日本)指数です。時期によって有利不利が変わりますが、この比較期間だと互角と言っていいでしょう。

不人気です

次は設定来の資金流出入額の累計の推移です。純資産総額は2.4億円しかありません。

設定来の資金流出入額の累計の推移グラフ

左端が1億円から始まっていますが、これは運用側による初期投資だと思われます。そして2017年9月に資金を引き上げたのではないでしょうか。

資金流入は継続していますが、流入額が少いですね。

次は世代が近いニッセイグローバルリートと、たわら先進国リートもプロットしたものです。

ニッセイグローバルリートとたわら先進国リートもプロットしたグラフ

緑のラインがニッセイグローバルリート、青のラインがたわら先進国リートです。こうやって見ると、SMT米国REITは絶望的ですね。

おすすめしません

S&P500米国REIT指数に投資したいなら、SMT米国REITとNZAMベータ米国REITの二択になります。どちらも高コストで、現状のパフォーマンスは互角ですが、将来への期待を込めてNZAMベータ米国REITの方がいいと思います。

SMT米国REITは設定から5年以上経過したのに、満足に売れていません。繰上償還のリスクが高いと思います。NZAMベータ米国REITも同じような苦難の道を歩むことになるかも知れません。それでも、NZAMベータ米国REITの方が(まだ)いいと思います。

S&P500米国REIT指数へのこだわりがないなら、よりローコストな選択肢が豊富な先進国リートインデックスが無難でしょう。

おすすめの関連記事

-インデックス投資

© 2021 河童のインデックス投資 Powered by STINGER